ニュース&トピックス

文教大学

パブリシティ・オブ・ザ・イヤー大賞2011が決定しました

11月9日掲載

「パブリシティ・オブ・ザ・イヤー大賞2011」がこのほど、審査会の議を経て決定いたしました。
今年度の大賞は、東日本大震災のボランティア活動に継続して取り組んでいる下記の2つの団体に贈られます。

審査会は審査委員長を務めた椎野信雄副学長ほか、野島正也副学長、鈴木祐司越谷校舎事務局長、髙島修湘南校舎事務局長および新熊基法人事務局長の全5名で行われ、全体で49件の中から大賞2件のほか「審査員特別賞」2件が選ばれました。
パブリシティ・オブ・ザ・イヤー大賞2011の受賞者には、12月に行われる表彰式で、賞状と楯と副賞(図書カード3万円)が贈られます。また、審査員特別賞については、別途、賞状と副賞(図書カード5千円)が贈られます。

 審査結果

大賞 2件:

トピック:" 文教ボランティアズの被災地支援活動について"
受賞対象:文教ボランティアズ(湘南校舎)

トピック:"東日本復興支援学生本部の諸活動について"
受賞対象:文教大学東日本復興支援学生本部(越谷校舎)

審査員特別賞 2件:

トピック:"伝統の弁論大会に対して"
受賞対象:文教大学付属小学校

トピック:"茅ヶ崎・文教弁当プロジェクトに対して"
受賞対象:国際学部横川ゼミナール

※パブリシティ・オブ・ザ・イヤー大賞とは?
過去1年間に文教大学学園(文教大学付属幼稚園~大学院、学園自体も含む)の名前が出たマスコミ報道の中で、話題になったニュースを一つ選び、そのニュースに関わった人や団体を表彰する制度です。今年は第2回目となります。

 

▼本件に関するお問い合わせ
文教大学学園広報マーケティング室  電話:03-3783-5511(代)

問い合わせ