ニュース&トピックス

文教大学

【湘南校舎】文教の森 収穫祭が行われました

11月16日掲載

文教大学湘南校舎の北部に広がる文教の森で、11月5日(土)に「文教の森収穫祭」が行われました。晴天のなか、家族連れや文教大学の学生、他大学の方など、約50名が晩秋の森のイベントを楽しみました。

11時から埼玉県飯能市エコツーリズム推進協議会会長で飯能市の西川広域森林組合長でもある石田安良さんによる「森を楽しみ尽くす3つの楽」というテーマで、飯能市のエコツーリズムと林業の現状についてスケールの大きなお話をいただきました。

13時30分からは、中西のりこさんによる「森のイラスト講座」が行われ、2歳から70歳を超えた方が、スケッチブックに向かって、中西さんの指導のもと、木や花、小鳥などのスケッチに挑戦しました。
この講座の最中には、学生が薪でつくったバームクーヘンが参加者にふるまわれました。

参加者の一人は、「森のなかを歩くと落ち葉が多くとても優しい感触です。茅ヶ崎にもこのような豊かな自然があることを知り、新たな発見でした」と話していました。

森の収穫祭は、学友会サークルの「文教の森プロジェクト」と文教大学国際学部対外活動委員会の森プロジェクト小委員会が合同主催で行っていますが、今年度の状況を踏まえ、来年度も実施を予定しています。

問い合わせ