文教大学大学院 人間科学研究科(越谷キャンパス):概要

文教大学

学部・大学院等案内

大学院 人間科学研究科

臨床心理学専攻(修士課程)の概要

教育・研究の内容

臨床心理学専攻は、有能な臨床心理士の育成を目指した教育を行っています。 良き臨床家になるためには、①心理学・臨床心理学の知識をしっかりと身につけること、②現場でリアルな体験をして臨床感覚を磨き、それを言語化して他者と共有できること、③研究を通して科学的・理論的思考方法を自分のものとし、客観的に物事を判断できるようになること、の3点が欠かせないと考えま す。本専攻ではこれらの実現に必要十分な授業を用意し、さまざまな実習を行い、研究指導にも力を入れています。

臨床心理学専攻(博士後期課程)の概要

本専攻の特色

本専攻は臨床心理学に特化した本邦に数少ない博士後期課程であり、心理学関連 領域における自立した研究者と高度専門職業人の育成を共に目的としています。 社会人が現職のまま博士号取得を目指せる履修条件が整えられています。

人間科学専攻(修士課程)の概要

教育・研究の内容

人間科学専攻では、人間科学に関する総合的、学際的な知性の探究という視点に立って教育・研究の態勢を整えています。
具体的には、従来の心理学・社会学・教育学の学問的体系を基礎にしながら、 その総合的視点に立って、子どもから高齢者までの健康、人間性、家族関係、地域活動、生涯学習に関して幅広い見識と高い専門性の習得を目指します。 とりわけ「心身の健康な発達」と「生涯にわたる学習」を中心に据えながら、人間生活の向上と発展を目指して研究を進めます。研究の視点は、およそ次の3点です。
①心身の健康を時系列でとらえる人間発達の視点
②人間生活の向上と発展を目指す学習や社会的制度の在り方を考える視点
③専門研究を進めるための研究方法を探究する視点

 

人間科学研究科3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 

問い合わせ