情報を、創る・活かす・築く。 文教大学 情報学部(湘南キャンパス):3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

情報学部 3つの方針

情報学部3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本で最初の情報学部という特色を生かし、情報を本質的・多面的に学ぶことで、感性・知性・技能を身につけ、最先端の情報環境を駆使して、情報化社会で指導的な役割を発揮できる人材の育成を目的としています。

修得させる能力

  1. 現代社会における「情報」の意味とその役割について理解する能力
  2. 情報を表現、発信するための、コミュニケーション能力及び言語能力
  3. 情報を活用することで、人間を尊重した情報化社会を進歩させるにふさわしい能力

達成水準

次の水準を達成目標とします。

  1. 情報化社会において問題を発見し、解決できるレベル
  2. 適切なコミュニケーション手段を用いて効果的に情報発信できるレベル
  3. 新しいアイディアを提案し、計画的に実行できるレベル

その他

情報活用能力を基礎とした専門的資格・検定、及び中高教諭1種免許(数学)、高校教諭1種免許(情報・商業)を取得することができます。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

情報の総合的理解と社会生活における情報の効果的利用に必要な理論的、実践的専門知識と技術を獲得させるために次の方針によりカリキュラムを構成します。

教育課程の体系及び特徴

  1. 現代社会における「情報」の意味とその役割について理解し、感性・知性・技能をバランスよく身につけさせるために、多様な要求に応えるカリキュラムを設置する。
  2. 「頭と手」の両面を強化するために、理論面と実践面でのバランスを配慮して科目を配置する。
  3. 情報化社会を包括的に理解させるために、学科横断的に情報学の基礎を学ぶ科目を配置する。
  4. 情報化社会の多様な要求と社会の変化や進歩に応え得る高い能力を身につけさせるために、各学科に専門科目をおく。
  5. 初年次教育において、演習を通じて基礎的な学習スキルとコミュニケーション能力、情報発信力の育成を行う。
  6. 学科ごとにコース制や選択必修科目を設け、大学での学びの方向性を明確化させる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

情報学部は、情報化社会に関心があり、その中で主体的に生きようとする学生の入学を期待しています。

学んできてほしい内容

  1. 基礎的なコミュニケーション能力に直結する学習を十分に行っていること
  2. 論理的な思考力に資するような科目を習得していること
  3. 現代の社会に対する基礎的な理解や関心を持っていること
問い合わせ