大学院生の姿

TOP > 大学院生の姿 > 修士論文

修士論文

氏名 タイトル
2016年度
窪田 圭佑

ごみ問題の新しい局面から見るコミュニティを活用した廃棄物政策

鈴木 真蒔

3.11以降の日本の社会運動に関する考察

ゴウ ホンペン

中国におけるガバナンスが環境政策の実効性に与える影響に関する

ジョウ シン

中国環境政策における法執行強化と公衆参加に関する研究

ゴ ミンジ

観光のユニバーサルデザイン-対人サービスに焦点を当てて

2012年度
齋藤 理基

再帰的近代化論から見る日本の教育

野澤 優介

国立公園における観光者の「協力金」徴収システムに関する研究
―小笠原国立公園を題材にして―

譚 瑶(Tan Yo)

現代中国都市部における介護サービス労働者の実態と展望
-社会変容と「護工」に関する考察-

中川 真規子

国際教育協力の再考 -ラオスにおける「知」の見直しとオルタナティブな開発の可能性-

水島 なほみ

女子学生の就業継続意識に必要なキャリア教育のあるべき姿とは
―ノルウェーとの比較から―

横野 拓也

市民参加手法としての市民討議会の「熟慮」の有効性
-茅ヶ崎市市民討議会を事例に-

2011年度
廬 剛

中国人の訪日観光を促進するために
--観光者満足に焦点をあてて--

張 持

中国における高額医療問題と解決策

2010年度
石川 広久

都市部における公共交通整備とキャパシティ・ディベロップメント
--タイ・バンコクの都市交通問題をケースとして--

菊池 晶子

東ティモールにおけるNGO活動にみる「草の根支援」のありかた
--「つながり」を生む国際協力に向けて--

沢田 宣夫

討議型プラットフォームによる日本的市民討議の意義と限界
--茅ヶ崎市市民討議会を事例にした再フレーミングの効果--

鈴木 恭裕

地方自治体の「内なる分権化」に関する研究
--地方自治体における都市内分権の仕組みと課題--

永野 将司

回族のイスラム形骸化傾向の検証
--大連における調査を基に--

西村 美香

ストリートチルドレン対策における施設ケアの役割
--インドネシア共和国ジャカルタ首都特別州の事例--

2009年度
岩井 祐一

タンザニア・モロゴロ州における貧困要因の検証
--キロサ県Ulaya地区・Msowero地区を事例として--

紀 丹

農業政策の変遷からみる現代中国農業の課題と展望

永井 秀樹

中国式対アフリカ国際協力 スーダン石油資源確保政策に見る問題点と可能性の一考察

横内 智則

中央ベナンにおけるネリカ普及の現状とその問題点

李 磊

中国の循環経済形成と日本の国際協力
--循環経済モデル都市貴陽におけるケーススタディ--

2008年度
渡邊 恭平

日本とタイにおける地域開発--地域おこしの比較研究--

2007年度
大久保 愛

現代社会問題解決のための新たな社会関係

大西 龍樹

外国人女性職業問題
--フィリピン女性介護労働者と日本型福祉施設の実践--

張 然

中国におけるエコツーリズムと今後の展開に関する研究
--中日世界自然遺産を事例に--

林 楽

中国における持続可能な観光開発のあり方に関する研究
--中国四川省九寨溝を例として--

2006年度
中野 悠太

東ティモールの教育セクター分析と日本の今後の支援への提言

平川 慈子

途上国における廃棄物問題の現状と問題解決のための課題
--日本の経験の適応可能性をめぐって--

柳 絮

中国の資源政策とその環境側面に関する研究
--廃棄物再生と利用を事例に--

ページトップへ