大学案内 大学概要 沿革

文教大学

大学案内

沿革

1927年 女子教育の先覚者、馬田行啓、小野光洋によって立正幼稚園、立正裁縫女学校を開設。
1928年 (財)立正学園設立、立正女子職業学校開設。
1932年 立正学園高等女学校を開設。
1945年 戦災により全校舎焼失、復興。
1947年 学制改革により立正学園中学校開設。
1948年 学制改革により立正学園女子高等学校開設。
1951年 立正学園小学校開設。
1953年 立正学園女子短期大学を開設し、家政科を設置。
1962年 女子短期大学に英語英文科、児童科を設置。
1963年 女子短期大学に文芸科、栄養科を設置。
1966年 埼玉県越谷市(越谷キャンパス)に立正女子大学設置、家政学部家政学科を開設。
1968年 立正学園女子短期大学を立正女子大学短期大学部と改称。
1969年 立正女子大学に教育学部を設置。
1976年 立正女子大学に人間科学部を設置。立正女子大学を文教大学と改称。立正女子大学短期大学部を文教大学女子短期大学部と改称。
1977年 文教大学、男女共学とする。
1980年 文教大学に情報学部広報学科・経営情報学科を設置。
1985年 情報学部、文教大学女子短期大学部を神奈川県茅ケ崎市(湘南キャンパス)へ移転。
1986年 情報学部に情報システム学科を増設(湘南キャンパス)。
1987年 文教大学に文学部日本語日本文学科・英米語英米文学科・中国語中国文学科を設置(越谷キャンパス)。
1990年 文教大学に国際学部国際学科を設置(湘南キャンパス)。
1992年 文教大学に専攻科教育専攻科教育学専攻を設置(越谷キャンパス)。
1993年 文教大学に大学院設置、大学院人間科学研究科修士課程設置(越谷キャンパス)。
文教大学に外国人留学生別科を設置(越谷キャンパス)。
1998年 人間科学部に臨床心理学科を増設(越谷キャンパス)。
教育学部の初等教育課程を学校教育課程と名称変更。
1999年 大学院に大学院言語文化研究科修士課程を設置(越谷キャンパス)。
2000年 国際学部国際学科を国際コミュニケーション学科および国際関係学科に改組。
女子短期大学部の文芸科、英語英文科、栄養科、家政科をそれぞれ現代文化学科、英語コミュニケーション学科、健康栄養学科、ライフデザイン学科に名称変更。
大学院人間科学研究科に博士(後期)課程を設置(越谷キャンパス)。
2003年 教育学部に心理教育課程を増設(越谷キャンパス)。
女子短期大学部を単科の健康栄養学科に組織変更。
2005年 大学院に大学院情報学研究科修士課程、国際協力学研究科修士課程を設置(湘南キャンパス)。
2007年 大学院に大学院教育学研究科修士課程を設置(越谷キャンパス)。
2008年 人間科学部に心理学科増設(越谷キャンパス)
国際学部国際コミュニケーション学科を国際理解学科、国際関係学科を国際観光学科と名称変更
2010年 文教大学に健康栄養学部管理栄養学科を設置(湘南キャンパス)。
2012年 大学院に大学院言語文化研究科博士後期課程を増設(越谷キャンパス)。
2014年 文教大学に経営学部経営学科を設置(湘南キャンパス)。
情報学部に情報社会学科、メディア表現学科を増設(湘南キャンパス)。
2015年 大学院に大学院国際学研究科修士課程を設置(湘南キャンパス)。
2017年 文学部に外国語学科を増設(越谷キャンパス)。
問い合わせ