ニュース

文教大学

2018.12.21メディア情報

【湘南校舎】情報学部メディア表現学科の酒井信准教授の短評が、西日本新聞の文化欄に掲載されました

情報学部メディア表現学科の酒井信准教授の短評が、西日本新聞12月17日(月)の文化欄に掲載されました。
「今年の収穫」と題された2018年度のベスト3の小説を選ぶ短評で、酒井准教授は、辻仁成『真夜中の子供』、吉田修一『国宝』、青来有一「フェイクコメディ」の3作品を選出し、それぞれの作品について論じています。

記事についての詳細は以下のとおりです。

【掲載紙】 西日本新聞
【掲載日】 12月17日(月)
【記事タイトル】 「捉えづらい平成」作家が描く肌触り

問い合わせ