情報システムの研究者から、コンテンツ開発のプロフェッショナルまで幅広い指導者

情報システム学科には、専門的な研究をし続ける教員から、デザインやコンテンツ開発のプロフェッショナルとして経験を積んできた教員まで、幅広い指導者が揃っています。希望する進路や研究テーマに合せて、深く実践的に学ぶことができます。

阿部秀尚池辺正典惠羅 博川合康央佐久間拓也佐野昌己釈氏孝浩広内哲夫松原康夫松本浩之武藤剛栁生和男

阿部 秀尚

専門領域:
データマイニング、知識工学

メッセージ:
現在の情報化社会では、さまざまな情報システムに逐次的に大量なデータが収集されるようになってきました。情報システムがより利用者の意図に添って仕事を支援するため、蓄積されたテキストや数値など多様な値を含むデータの中から役に立つ規則性を見出し、活用する方法をテーマとして研究を行っています。

池辺 正典

専門領域:
Webマイニング、行政情報システム、情報リテラシー教育

メッセージ:
インターネット上の膨大なテキスト情報を解析することで、学校教育や地域情報化に有用な情報の抽出を行います。
抽出した情報は、組織内で有効に活用するために対象組織の特性に応じた情報共有化の枠組みを構築支援するための研究も行っています。

恵羅 博

専門領域:
数学一般(含確率論・統計数学)

メッセージ:
コンピュータサイエンスの基礎分野の一つである「離散数学」に関心があり、特に「グラフ理論」を中心に研究しています。
グラフとは、有限集合上の「2項関係」を体系的に、また図式的に捉えて表現したものです。数理的な多くの問題を定式化、あるいはモデル化する手段として重要な概念とされています。

川合 康央

専門領域:
メディア情報学・データベース、都市計画・建築計画

メッセージ:
情報をデザインするということは,様々な情報をわかりやすい形に加工し伝達する行為です。 Web・Flash・インタラクティブコンテンツ・ゲーム等の情報空間から、CGやCADを用いた景観シミュレーションによる都市空間に至るまで、幅広いジャンルにおけるユーザビリティに配慮したヒューマンインタフェースデザインを研究しています。

佐久間 拓也

専門領域:
計算機システム・ネットワーク

メッセージ:
インターネットには、いろいろな目的を持ったサーバやネットワーク機器が接続されています。 主に、それらのサーバやネットワーク機器の構築手法や管理方法、ネットワークシステムの仕組みについて研究しています。さらに、セキュリティに関すること、ネットワーク管理者になるための教育についても研究しています。

佐野 昌己

専門領域:
メディア情報学・データベース、教育工学

メッセージ:
コンピュータ・グラフィックスおよびアニメーションを専門としています。
コンテンツは人に観てもらうことで活きるものです。そこで、魅力あるコンテンツとは何か、そして、それを作るにはどのようにすれば良いかということを、グローバルな視点に基づく発想と最新テクノロジーの効果的な活用の両面から追及しています。

釈氏 孝浩

専門領域:
教育工学

メッセージ:
受験勉強は思考力の鍛錬となる人もいれば記憶力の限界への挑戦となる人もいるでしょう。知識を蓄積することは必要ですが、それは獲得されたものでなければ無力です。コンピュータと付き合うと分かります。記憶しただけの知識で相手にすると牙をむいてきますが、ちゃんと獲得した知識をもって向かうと楽しく遊んでくれます。最近のコンピュータは、情報化対応した利用者かどうかを見抜くのであなどれません。

広内 哲夫

専門領域:
Web3Dグラフィックス、3D立体システム

メッセージ:
インターネット上で動くコンピュータ・グラフィックス(CG)とCG・映像・写真の3D立体表示システムの研究開発を行っています。
また、研究室のメンバーと一緒に湘南地域の文化財等のCG・写真によるアーカイブ化を進めています。

松原 康夫

専門領域:
コンピュータサイエンス

メッセージ:
もともとコンピュータサイエンスが専門ですが、コンピュータに関するハードやソフトに関する技術が、面白いゲームをつくるのに役立っていることに着目しています。
シリアスゲームといって、まじめな目的に役立つゲームや、ゲームを面白くするのに役に立つ技法など、広い意味でのゲームに関心を持っています。

松本 浩之

専門領域:
教育社会学、教育方法学

メッセージ:
学校の授業の中で,子どもたちが「真の学び」を経験するためには何をどうすべきなのかというテーマを追究しています。
教職課程の科目を担当していますので,現在の厳しい教育現場でも通用する専門的力量と豊かな人間性を併せ持った人材が送り出せるように学生とともに研鑽を続けています。

武藤 剛

専門領域:
ヒューマンインターフェイス、福祉工学、神経心理学、複雑システム

メッセージ:
PC、スマートフォン、タブレット。。。今、世の中は便利な情報技術であふれています。しかし、そういった技術をうまく使いこなせなければ、その人にとっては無用の長物となりmす。本当の意味での便利な道具(Human Interface)とは何か。私は、そんな問題をこれからの情報社会を生きる皆さんと考えていきたいと思っています。

栁生 和男

専門領域:
生徒指導、教育相談、進路指導、臨床心理学

メッセージ:
何事にも全力を尽くして素敵な人生を作り上げる基礎(原点)を培ってください。湘南キャンパスから教職に就く人材を育てることに全力で取り組んでいます。

ページトップへ