文教折々(校長所感)
文教大学付属中学校 付属高等学校の
最近のトピックスをお知らせします。

【2016/10/28】 文教折々(校長所感) 第6号(朝礼short speech集 - 2学期前半)

今年度から本校に着任しました。文教大付属中学・高等学校における学校行事や様々な教育活動、心に残った事柄などについて、「文教折々」と題して、生徒の活動の様子とともに記します。

 

○9月5日(月)~10月24日(月) 2学期前半の朝礼報告

 本校では、全校生徒向けの朝礼を毎朝8時10分から実施しています。テレビ朝礼ですから、映像を扱うことができます。毎週月曜日は私の担当です。3~5分という短い時間ですが、生徒の皆さんに直接話ができる貴重な機会なので、毎週楽しみにしています。今回の報告では、2学期前半の計4回の朝礼での話の要旨を、生徒に見せた画像とともに記します。

①9月5日(月)【イタリア旅行】

 私は、夏休みにイタリア旅行に行ってきました。節目の年になり、やっと海外旅行ができました。現地で見た有名な絵を2枚、皆さんに紹介します。1枚目はレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」です。ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の壁画です。12人の弟子の中の一人が私を裏切るとイエス・キリストが予言したときの情景であり、ユダは左から4番目の人物です。2枚目はヴァチカン市国のシスティーナ礼拝堂に描かれた、ミケランジェロの「最後の審判」です。ミケランジェロは60歳頃から約6年をかけてこの作品を描きました。凄いエネルギーですね。キリストの右下のバルトロマイが、ぶら下げている人間の皮がミケランジェロの自画像と言われています。どれも、素晴らしい作品でした。ぜひ、図書室や世界史の資料集で調べてみてください。

ダビンチ(3).jpg  ミケランジェロ(1)(1).jpg

②9月26日(月)【白蓉祭の部・同好会・中学生による教室発表・展示】

 白蓉祭は9月9,10日でした。教室(1F食堂前を含む)での発表・展示を行った文化部・同好会・中学生作品について紹介します。〇アニメーション部...鮮やかな色使いと、きれいな線で描かれていました。おみやげに、作成した冊子をもらいました。〇科学研究部...楽しい実験で、子供達が大喜びでした。Eテレ「テストの花道(科学研究部が出演しました)」も、良かったですよ。〇茶道部...私も一服し、心が和みました。写真左手は茶道の先生である三蓉会(高校同窓会)の杉田会長です。〇写真同好会...同好会リーダーの「開かれた活動を目指す」という言葉に私も同感です。今後も良い写真を撮ってください。〇書道部...とても上手に書けていました。作品に様々な工夫があり、楽しめました。〇天文部...星がきれいでした。中学生部員による解説が上手でした。〇パソコン部...本校生徒で盛況でした。〇百人一首同好会...スピードと熱気に圧倒されました。小学生が熱心に参加してくれました。〇中学生の作品展...社会の調べ学習や美術作品等、たいへん素晴らしい作品ばかりで感心しました。下の写真は科学研究部(左上)、茶道部(右上)、百人一首同好会(左下)、中学生の作品展(右下)。

科学研究部(1).jpg 茶道部(1).jpg

百人一首(1).jpg 中学作品展(1).jpg

③10月3日(月)【新校舎完成】

 先週の土曜日、新校舎が完成しました。体育館棟は、平成21年に既に完成しています。校舎棟の設計は平成22年から行いました。校舎の工事は平成24年9月から開始し、先週、平成28年10月1日、完成に至りました。プレハブ校舎に移行することなく校舎の建物を順番に建設し、最後は北棟の建設でした。グラウンドも、人工芝がきれいに立ち上がりました。新校舎の完成に感謝し、いつまでも美しさを保つよう、大切に使いましょう。

新校舎(1).jpg

④10月24日(月)【創立記念日】

 10月17日(月)は本校の創立記念日でした。昭和2年(1927年)、文教大学学園が創立されました。当時は幼稚園、裁縫女学校として開校しました。初代校長は馬田行啓先生です。また、第2代校長は小野光洋先生です。このお二人は創立者としてSAKURAガーデンに銅像があります。あらためて、銅像をよく見てください。その後、昭和22年に中学校が、23年に女子高等学校が開設され、平成10年、共学になりました。さて、改築前の旧校舎について高校生は覚えていると思います。古い資料を見ていたら旧校舎の絵が描かれていました。平成12年、「三蓉会だより」に当時の美術科教諭であった池田賤夫先生が描いたものです。風情がある、素敵な絵なので紹介します。我が校、文教のことをもっともっと知ってください。

昔の文教(2).jpg