文教折々(校長所感)
文教大学付属中学校 付属高等学校の
最近のトピックスをお知らせします。

【2017/08/05】 文教折々(校長所感) 第12号

 「文教折々(校長所感)」をお読みいただき、ありがとうございます。

平成28年度から本校に着任しました。平成29年度も、文教大付属中学・高等学校における学校行事や様々な教育活動、心に残った事柄などについて、「文教折々」と題して、生徒の活動の様子とともに記します。

 

○7月24日(月)~7月27日(水) 学習合宿(高校2年生)

 高校2年生の夏季学習合宿7月24日(月)~7月27日(水)のうち、前半2日間、引率しました。学習合宿は高校2年生1組、2組、8組に希望生徒を加えた142名の生徒を対象に、横浜テクノタワーホテルで行われました。目標は、受験生としてふさわしい学習習慣を体感することと、精神力を養って、やればできる自分を発見して自信をつけることです。

 初日は午前9時45分に現地集合し、始めに開催式と全体オリエンテーションを行いました。開催式では、終業式で生徒に話した日野原重明氏の言葉「人生とは習慣である」を引き合いに出して、この合宿で望ましい学習習慣を確立し、その後もしっかり継続させて成果に結びつけようと励ましました。1日目、生徒は1時間×4コマの講習と、計3時間の自習を熱心に行っていました。夕食後には校長講話の時間を文系、理系クラスで各1時間いただきましたので、準備しておいた「建設業に情熱を傾ける若者達」を取材したビデオ(ドキュメンタリーTV)を題材にして、将来、目指す職業や自分の人生について真剣に考えてみようといった話をしました。生徒達は興味深く耳を傾けてくれました。また、自習時間に数学の質問にきた生徒が数名いたので、問題解説をとおして楽しく生徒とふれあうことができました。

 翌日の2日目は1時間×6コマの講習があり、他の時間は自習でした。(校長引率は終了)

 その後も学習合宿は順調に行われ、3日目は2日目と同様の時程、4日目は午前中に講習2コマと全体解散式を行って全日程を終了しました。長時間の学習に取組んだ今回の合宿は、生徒にとって貴重な経験だったのではないでしょうか。仲間の頑張りを見て、奮起した生徒もいるはずです。講習も重要ですが、自主的に計画を立てて自学自習を行うことで、何としてもやり抜く実行力、継続力を身につけてくれることを期待しています。

文教折々(校長所感) 第12号
文教折々(校長所感) 第12号
文教折々(校長所感) 第12号
文教折々(校長所感) 第12号