英語プログラムの特色

現代社会の急速なグローバル化により、国際性豊かな人材養成を求める声が高くなってきました。この社会のニーズに対応するために、「使える英語」を学部生時代に習得することが求められています。しかしながら、大学の学部レベルのカリキュラム上では、専門科目や研究との兼ね合いから、英語に割ける授業数に制約があります。その限られた時間の中で効果的な学習環境を提供できるよう、2012年度からの英語の新カリキュラムでは、1言語6単位を1セットとして履修し、習熟度別のクラス分けで各学生のレベルに合わせた指導を目指していきます。
また、外国語の卒業要件は6単位ですが、より高い英語スキルの習得を目指す学生のために専門選択科目として「専門英語A~D」を5・6セメスターに4単位設置し、高度な英語力育成をサポートします。また、自学自習を促すe-learningも効果的に活用していきます。情報学部では、卒業までに英語運用能力を身につけたい人をサポートするために、学内の英語プログラムに加え、様々な英語学習支援を行っています。

<外国語における情報学部「英語力」向上のイメージ>

英語学習支援

英語学習サポートサイト(※在校生専用) イメージ
英語学習サポートサイト(※在校生専用)
英語学習サポートサイトでは、ICT(情報通信技術)を活用した自律英語学習方法について紹介しています。モバイル・テクノロジーを活用した実践的な英語教材を学習に役立ててください。
大学共通e-learning英語教材 イメージ
大学共通e-learning英語教材
e-learningによる英語学習サポートを提供しています。インターネットブラウザ上で学習を行うeラーニングシステム・アルクネットアカデミーでは、各自のレベルに合わせた教材で基礎力・応用力をつけることが可能です。TOEICR演習コースでは試験対策に対応し、また英語コミュニケーション能力判定テストCASECで随時自分の英語力をモニターすることができます。
国際交流・海外研修 イメージ
国際交流・海外研修
文教大学では、たくさんの国際交流・海外研修が設置されています。在学中に多くの研修に参加してみましょう。
学内外国語学習ラウンジ(Language Garden) イメージ
学内外国語学習ラウンジ(Language Garden)
毎日昼休みにNative speakersと会話を楽しむことができるLanguage Gardenをはじめ、学内には英語を練習する場所がたくさんあります。また、日本人の先生による個別学習支援で弱点克服することも可能です。
ページトップへ