唯一先進の学びが誰にも比較されないオンリーワン人材を創る

優秀な人材を輩出する大学のカリキュラムは無数に存在します。一方で、際立った、社会から注目され必要とされる、特徴のある人材を輩出するカリキュラムはどれほど存在するでしょうか。
情報社会学科は、比べられることのないオンリーワン人材を輩出する学びを「あなた」に提供します。
教員と学生が共に学び、共に感動し、共に育む「師弟同行」。
生活者の声を聞き、情報基盤に立脚する先進ビジネスを創成する「コミュニケーション戦略」の科目群。
情報社会の基礎を創り、21世紀社会の生活やビジネスの基礎を確実に創り出す「プロジェクトマネジメント」の科目群。「人間愛」に基礎を置く師弟同行の少人数教育が「あなた」を社会に求められる人材に育てます。

4年間の学びのステップ

1年次:「基礎演習A・B」や「総合演習A」で情報社会学科の学びと先生達の研究分野を知り、これから4年間の学びの基礎と方針を固めます。 2年次:基礎的、共通的な学びを進める「共通教育科目」や「学部共通専門科目」から「学科専門科目」に比重が移って行きます。 3年次:「学科専門科目」の学びと共に、「ゼミナールA・B」が始まります。 4年次:いよいよ大学での学びの総仕上げです。原則として「ゼミナールA・B」と同一教員の下、「卒業研究」を進めます。
科目一覧を見る "情報社会の学びと進路"チャートはこちら

授業紹介

コミュニケーション領域

広告やPRや販売促進(SP)などのコミュニケーションを用いて、どうすれば組織が抱える問題点を解決できるかを学びます。

コミュニケーション戦略

広告やPRや販売促進(SP)などのコミュニケーションを用いて、どうすれば組織や商品・ブランドの抱える問題点を解決できるかを学びます。データの収集と分析、分析から導き出された問題点をどう課題に置き換えるか、課題解決のためのターゲット、ポジショニング、コンセプトをどう設定するのか。解決のためのアイデアの出し方などを学びます。

説得コミュニケーションとは、主に言語を用いて他者の考えや行動を変えようする行為のことです。

説得コミュニケーション論

説得コミュニケーションとは、主に言語を用いて他者の考えや行動を変えようする行為のことです。広告が受け手に及ぼす影響やセールスパーソンの顧客への働きかけは、説得コミュニケーションの一例になります。この講義では、説得コミュニケーションにより、人が考え、行動をどのように変えるのか(または変えないのか)、その心理的メカニズムを学びます。

プロジェクトマネジメント領域

「チームで勝つ」プロジェクトマネジメントを学ぶことです。

プロジェクトマネジメント

「チームで勝つ」プロジェクトマネジメントを学ぶことです。複雑化、大規模化する人々の要求、期待を短時間で確実に実現することが求められています。新規取組みの困難をチームで乗り越える。人・モノ・金・情報を操り、異文化・多様化を超越した国際チームで勝つための21世紀型モノづくりを学びます。

社会は、人と人とのつながりでできています。

経営の分析と計画

社会は、人と人とのつながりでできています。
どのように誰とつながるかを変えると、新しい社会ができます。ビジネスも同じです。情報を上手に使ってつながり方を変えると新しいビジネスができます。この科目では、人と人とのつながりを考え、ビジネスを計画することを学びます。

ゼミナール・卒業研究について

3年次の「ゼミナール」と4年次の「卒業研究」では、自分が極めたいと考える専門分野の教員のゼミを「1つ選択」し、学習を進めます。正に「師弟同行」を実現する情報社会学科の少人数教育が展開される場となります。

ゼミ紹介

関 哲朗 ゼミ

[ プロジェクトマネジメント、ソフトウェア開発管理、開発マネジメント ]

情報社会はコンピュータに支えられた社会。スマホを忘れた!充電が切れた!この恐怖にも似た不安感は誰にでも経験があり、如何に自分がネット社会に取り込まれていたかを実感する瞬間です。情報社会とこれを支える情報環境を作ることはチャレンジの連続です。情報社会の困難と期待を解決する方法を理論と実例を通して学んで行きます。

関 哲朗 ゼミ イメージ

井徳 正吾 ゼミ

[ マーケティングコミュニケーション(広告、PR、SP、商品企画) ]

企業が実際に直面する課題をオリエンしてもらい、10カ月間かけて課題解決に取り組む。市場調査を行い、報告書を作成し、それらを基礎資料に戦略を練る。解決のための広告戦略を考え、SP(販売促進)戦略やPR(広報)戦略を立てる。時には商品企画も行う。最後は企業に出向きプレゼンテーション行う実践的ゼミ。

井徳 正吾 ゼミ イメージ

村井 睦 ゼミ

[ 視覚伝達表現 ]

視覚伝達を用いて様々なコミュニケーションの方法を実践するゼミナールです。我々が目にしているTVCM・ポスター・ホームページなどの広告表現は感性だけに頼っているように考えられがちですが、実はセオリーがあります。広告を実際に制作し、理解して企業と消費者のコミュニケーション・デザインを探っていきます。

村井 睦 ゼミ イメージ
情報社会学科の教員紹介
ページトップへ