こんな未来をめざしてみよう!

メディア表現学科では、各メディア関連のコンテンツ創造を、理論と実践の両面から学びます。そのためテレビディレクターやプロデューサーとしてテレビ業界で活躍する人も多く輩出しています。また出版業界、新聞業界、広告業界などに進む学生も多くいます。それに企業の広告・広報部門や販売促進部門などで活躍する人材も多く排出しています。
メディア表現学科には、リサーチやデータ関連の授業もたくさん準備されています。そのため、リサーチ業界で活躍したり、企業のマーケティング部門や商品開発部門で活躍する人材もたくさん排出しています。

出版編集者、新聞記者、企業のマーケティング部員、商品開発部員、テレビプロデューサー、広告デザイナー、広告プランナー、マーケティングリサーチャー、社会調査士、映像クリエイター、Webデザイナー、IT企業プランナー、企業の広告宣伝・広報PR、販売促進部員

進路分野

卒業後の進路では「マスコミ・情報通信」業界への就職の比率が高く、テレビ番組制作、出版編集、新聞業、印刷、広告、デザイン、Webなどの現場で活躍する卒業生も少なくありません。また、一般企業の総合職、広報、調査部門や、情報サービス関連企業に進む卒業生も多くいます。

就職先

※上記の円グラフは2017年度卒業生のうち、2018年5月時点の進路決定者のデータを基にしています。

将来、何になる?

想定される将来の職種をいくつかピックアップして紹介します。

テレビディレクター

テレビディレクターは、テレビ番組の制作現場においての責任者です。企画段階から番組の完成までの全てを指揮して演出を行います。スタッフに細かく指示を出しながら、自分の頭に浮かんだイメージを形にしていきます。ドラマに限らず、タレントや俳優への演技指導もディレクターの大事な仕事です。

テレビディレクター イメージ

雑誌・デジタルコンテンツ編集者

編集の仕事は企画に始まります。雑誌なら、採案された企画を個人やチームで取材して文章化し、写真や図版も添えてページ構成します。書籍なら、作家を複数担当し、素材提供や取材同行、時には文章指導もします。デジタル化や多メディア展開も視野に入れた構想力、更に広報・宣伝力まで身につければ、オールマイティと言えるかも知れません。

雑誌・デジタルコンテンツ編集者 イメージ

広告企画・制作・営業担当者

広告会社というのは様々な部門のスペシャリスト集団です。
広告制作のデザイナーやコピーライター、CMプランナーだけでなく、広告主との窓口となる営業部門を始めとして、マーケティング、メディア、SP、ネット業務、映画やゲーム制作、イベントの企画、人事、経理、総務等の管理部門の職種があり、多様な人材を求めています。

広告企画・制作・営業担当者 イメージ

 

 

 

知識を深め、技術とセンスを磨くゼミナール

2016年度卒業

[ 株式会社レッグス ] *旧広報学科

学生時代はマーケティング・コミュニケーションのゼミに所属していました。ゼミではビジネスコンテストに参加するために朝から夜まで毎日ゼミに明け暮れていました。丸の内の女性社員にインタビューしに行ったり、膨大な数のアンケートを学生相手にとったり、フィールドワークで街を歩きまわったり。ここでの経験を言い出したらキリがありません。提案書作りの日々は厳しくも、とても楽しい日々でした。笑って悩んで苦労して作り上げた企画を、企業の方々が認め、喜んでくれるのを目にしたときは本当に嬉しかったです。学生時代に全力で取り組んで、本気で涙する、そんな経験ができたかけがえのない2年でした。
私は大学で広告に出会い、そのおもしろさに惹かれ、広告業界を志望しました。そして今、SP会社で働いています。学生時代に培った忍耐力とゼミでの経験が私に自信をくれ、忙しくも楽しく充実した日々を過ごしています。今、私は文教大学で良かった! 広報学科で良かった!と自信と誇りをもってそう言えます。

2016年度卒業生 [ 株式会社レッグス ] *旧広報学科
ページトップへ