メディア表現学科のカリキュラム体系

メディア表現学科のカリキュラムは多岐にわたります。テレビや新聞、雑誌、インターネットなどの各種メディアの機能や役割を深く学びます。また、メディア表現学科は社会学系の学科なので、社会を知り、人間を知るための講座群もたくさん準備しています。人や社会を知り尽くさないと共感性の高いコンテンツの創造はできないからです。同時に感性の練磨も大切です。みずみずしい感性を持ち続けなければ優れたコンテンツの開発はできません。もちろん、ビジネス界で必要な「パソコンスキル」や「文章演習」「プレゼンテーション」「外国語」などの個人の基本能力向上に関連する講座群も豊富です。
理論と実践、そして基礎となる豊かな人間教育、それがメディア表現学科のカリキュラムの基本的な考え方です。

メディア表現学科のココがポイント!

 

1.豊かな創造性を育むための自主性の高い少人数制の授業

豊かな創造性を育むためには自由度の高い授業環境が必要です。メディア表現学科では1年次から4年次まで、少人数制で表現系の科目と理論系科目をバランス良く学びます。少人数制では、例えば1年次には「基礎演習A・B」、「プレゼミナールA」。2年次には「プレゼミナールB」「プレゼミナールC」。3年次には「ゼミナール」・4年次で「卒業研究」があります。全てが豊かな創造性を育むのが狙いです。

2.理論と実践の両方を学ぶためのアカデミックな教授陣と、実務会出身教授のバランス良い布陣

メディア表現学科は実学の学科でもあります。すぐに社会で役立つ人材の輩出を意図しています。そのために授業では、理論系科目と実技系科目にふさわしいそれぞれのプロフェショナルな教授陣が指導にあたります。アカデミックな教授陣と実社会で活躍してきた教授陣で高い水準の教育体制を敷いています。

3.表現力豊かなコンテンツ制作のための充実した設備

日本の大学で初めて「情報学部」を創設した文教大学だけに、情報処理施設は全国でも群を抜いています。キャンパス内にあるスタジオ施設は自慢のひとつ。番組制作の企画から収録、完成までを一貫して学ぶことができます。またパソコンが大量に設置された「メディアセンター」はいつでも使用可能です。学部生や教職員のニーズに応えられる複合的な機能を持った施設なのです。

4年間の学びのステップ

1年次:基礎を固める段階です。メディアやコミュニケーションの問題を理解するために、社会学概論、メディア社会学、コミュニケーション論基礎などを学びます。 2年次:将来の進路に対応した応用科目の、マスコミュニケーション論、クロスメディア・コミュニケーション、放送論、広告論、出版論、社会調査論、PR・広報論などの授業が本格的に開講されます。 3年次:各自が専門とする分野の知識を深める段階です。授業内容はより高度になります。 4年次:各自の専門分野を極める段階です。4年間の学習の集大成として、卒業研究に取りくみます。
科目一覧を見る

授業紹介

スタジオ番組の企画から完成までの基本的な制作のプロセスを、実践的かつ総合的に学びます

プレゼミナール

プレゼミナールA・B・Cは、3~4人の専任教師が交替で担当するオムニバス形式演習です。各種の専門的領域のテーマや手法等にふれることでセミナーへスムーズに進むステップとします。

スタジオ番組の企画から完成までの基本的な制作のプロセスを、実践的かつ総合的に学びます

テレビ番組制作(スタジオ)

スタジオ番組の企画から完成までの基本的な制作のプロセスを、実践的かつ総合的に学びます。授業では、実際にグループごとに番組制作を行い、学生たちだけでスタジオ収録にも取り組みます。

 

テレビで放送されるCMはどのようなプロセスと考え方で制作され、どのような広告枠の中で放送されているのかを、作る側の3者の視点で学びます。CMを放送するテレビ局、企画・制作する広告会社、実際に制作するCM制作プロダクションの3者には、それぞれに独自視点のテレビコマーシャル論があります。それらを全てまとめて学びます。

マス・コミュニケーション論

テレビで放送されるCMはどのようなプロセスと考え方で制作され、どのような広告枠の中で放送されているのかを、作る側の3者の視点で学びます。CMを放送するテレビ局、企画・制作する広告会社、実際に制作するCM制作プロダクションの3者には、それぞれに独自視点のテレビコマーシャル論があります。それらを全てまとめて学びます。

広告は制作者の勘とセンスで作られているわけではありません。ロジックの積み重ねです。どのような分析を重ね、どのように問題点を課題に変換し、どのような発想で課題解決のための広告表現を作り出しているのかを分かりやすく学びます。広告はマーケティングの一要素。広告を学びながら同時にマーケティングも学ぶことになります。

演技・パフォーマンス演習Ⅰ

広告は制作者の勘とセンスで作られているわけではありません。ロジックの積み重ねです。どのような分析を重ね、どのように問題点を課題に変換し、どのような発想で課題解決のための広告表現を作り出しているのかを分かりやすく学びます。広告はマーケティングの一要素。広告を学びながら同時にマーケティングも学ぶことになります。

知識を深め、技術とセンスを磨くゼミナール

様々な分野のゼミナールがあるメディア表現学科ですが、その中からいつくかピックアップしてみました。

ゼミ紹介

田畑 則重 ゼミ

[ 出版論・雑誌ジャーナリズム論 ]

ゼミでは、企画・調査・取材・撮影・執筆・レイアウト・校正までを分担あるいは共同して本格印刷の雑誌を制作します。デジタルコンテンツ制作入門として、ブログ雑誌も制作。卒業制作では各自が雑誌か書籍を丸ごと1冊制作します。ゼミ活動全体を通して強化したいのは、企画力、取材コミュニケーション力、文章表現力です。

田畑 則重 ゼミ イメージ

藤掛 正邦 ゼミ

[ ビジュアル・コミュニケーション・デザイン ]

テーマに添ったグラフィックデザインを制作し、それをプレゼンテーションしながら、デザインの手法や理論を学ぶゼミです。「広告表現」としては、雑誌広告やポスター制作、撮影取材などを行い、「夏合宿」ではページ物の制作、学園祭ではゼミ生で切磋琢磨しながらの作品展示、また最終的にはポートフォリオを制作します。

藤掛 正邦 ゼミ イメージ

酒井 信 ゼミ

[ メディア論、文芸批評 ]

ゼミでは雑誌や書籍、ウェブ上の活字メディアのコンテンツ分析を行っています。教員が実際にメディアに寄稿した文章を参考に、記事やコラム、企画書の書き方を学んだり、外部の企業や自治体と共同で、実際にコンテンツを作ります。「頭と手と足」を使ってメディアと関わり、論理的な文章を書く訓練を積むことが目的です。

酒井 信 ゼミ イメージ
メディア表現学科の教員紹介

*各教員の詳細なプロフィールは、「プロフィール」や「研究室HP」を参照してください

ページトップへ