ホーム  

このコーナーでは、皆様へのお知らせなどを掲載していきます。
ご自分のお店の宣伝やボランティア活動などのお知らせ等、何でもOKです。
身近で楽しい「伝言板」を作りましょう!お便りお待ちしております。



文芸科出身の奧山眞佐子さんからイベントのご案内が届きました。

今年は、私が樋口一葉作品に取り組んで20年目になりました。
3月25日は、一葉さんのご両親の郷里・甲州市塩山・常泉寺で「一葉さんのお誕生を祝う会」を行います。入場は無料です。
055-333-3948(常泉寺)に、お電話でご予約なさってください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また、6月17日は、昨年の三越劇場公演をご覧くださった方からお声をかけていただきまして、登録有形文化財 よし梅 芳町亭にて「江戸唄とひとり芝居で綴るにごりえの世界」のタイトルで西松布咏氏(三味線・唄)との共演で「ひとり芝居・にごりえ」を公演いたします。

ここは戦前の数寄屋造りで、私の師・マキノ雅弘にスカウトされ、芸者から女優になられた花柳小菊さんが住んでいらした時期もあり、やはり私の師匠・山田五十鈴も訪ねたことがあるというご縁ある建物です。

劇場とは一味違うお座敷での公演ですし、天上の御二人の師匠にもご覧いただける舞台になるのではないかかしら…と心弾ませて稽古に励んでおります。

開演前には、ご希望の方に若女将が建物の解説とご案内をしてくださいます。

ご鑑賞は、ご予約のみですので、「よし梅」にお申し込みください。
電話番号は、03-3668-4069(平日11:00〜21:00)です。
お申し込みの折は、芙蓉会と言っていただければ幸いです。

文芸科 22回生 奥山眞佐子

日時 2017年6月17日(土)

場所 「よし梅 芳町亭」 中央区日本橋人形町1-5-2

第一部 懐石弁当付 10,000円(定員12名)
      鑑賞のみ   5,000円(定員20名)
      12:00 食事開始(弁当付きの席のみ)
      12:30開場 13:30開演

第二部 懐石コース付 16,000円(定員24名)
      鑑賞のみ   5,000円(定員10名)
      16:00開場 17:00開演 18:30食事

残り席あと僅か(各回残り数名)となっております。お早めにご予約下さい。


当日のチラシはこちらからダウンロードいただけます

奥山眞佐子ホームページはこちら

部貴仙先生が常任理事を務められている刻字千歳会主催の
「第十一回 千歳会刻字展」 に行ってきました。

昨年の暮れに、会報「芙蓉」や会旗・名簿などの題字を書いていただいた、部貴仙先生の作品を観に銀座鳩居堂へ出かけてきました。

作品名「啐啄(そったく)の機」

栄養科出身でキルト作家の岡野栄子さんの作品展に行ってきました。

昨年11月末に、現在キルト工房「バスケット」を主宰している岡野栄子さんの作品展に行きました。
食材や料理などをモチーフとした「おいしい」キルトがたくさんあり、大きくて力強い作品から岡野さんのキルトに対する真っ直ぐな気持ちを感じ、元気をもらって帰ることができました。
岡野さんの作品は、文教大学学園 校友会報「あやなり」の最新号(第3号)の表紙を飾っており、また「文教人」というコーナーでも紹介されていますので、是非そちらも併せてご覧ください。

1月19日(木)から25日(水)まで東京ドームで行われる、東京国際キルトフェスティバルにも参加予定。キルトフェスティバルに関して、詳しくはこちらのホームページをご覧ください


作品名「-本日はお日柄もよく- Vol.12 寿ぐ」

家政科出身の小桜舞子さんの湘南台コンサートに行ってきました。

11月20日、毎年恒例の湘南台文化センター市民シアターでのコンサートに行ってきました。着物姿だけでなく、フランス人形のように可愛らしいドレスを着て歌うシーンなどもあり、バラエティ豊かな小桜舞子さんを愉しむことが出来ました。次の日から小桜舞子さんはブラジル公演に出発。ブラジル公演も盛況のうちに終了したようです。(ブラジル公演の様子は小桜舞子オフィシャルブログでもその様子をご覧いただけます。)

〜〜〜観劇後のロビーにて小桜さんを囲んで記念撮影しました!〜〜〜

小桜舞子さんのホームページはこちら

文芸科出身の奧山眞佐子さんから前回の公演についての御礼が届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

9月の舞台は初の三夜連続公演でしたが、いつもお越しいただいている方や、初めてひとり芝居をご覧になられた方など、たくさんの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。これからも皆さんに喜んで頂ける舞台になりますように精進いたします。

来年・2017年9月9日(土)にも、三越劇場での公演が決定しております。新しい手帳へ予定を入れていただけましたら幸いでございます。

文芸科 22回生 奥山眞佐子

〜〜〜観劇後のロビーにて奥山さんを囲んで記念撮影しました!〜〜〜

奥山眞佐子さんのホームページはこちら

文芸科出身の奧山眞佐子さんから新しい舞台のお知らせが届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

7月1日の横浜での舞台も補助席を出すほどの皆様においでいただきましてありがとうございました。
また今回は、初めて樋口一葉作品に触れられた方、ひとり芝居を初めてご覧になられた方が多く、たくさんのご感想をいただきまして感謝でいっぱいです。

本日は、9月に行います三越劇場公演 7年目のご案内を申し上げます。
樋口一葉没後120年目の今年は、一葉女史の代表作三作品を三日間連続で公演いたします。

『にごりえ』
尺八演奏と共に、布団やの店主・源七に対して立場が正反対の二人の女性(酌婦と女房)の生き様を。

『一葉の母 そして 十三夜』
〜一葉の母〜 一葉の母親が語る家族の歴史と、娘・一葉のこと。
〜十三夜〜  浄瑠璃の語りと演奏と共に、祝福されての結婚も束の間、夫の仕打ちに苦しむ妻の悩み。

『一葉日記 そして 大つごもり』
〜一葉日記〜  一葉の小説の師・半井桃水への儚い恋心とその破局。
〜大つごもり〜  お囃子の演奏と共に、一葉の名が広く知られるきっかけとなった作品の主人公・お峰の絶望と希望。

3日間で一葉の誕生から作家になるまでのことと、代表作の3本をお楽しみいただこうという構成です。

通し券をご購入いただきますと、一公演1,000円引きの15,000円でのご用意です。 (お三人で、通し券を一セットご購入いただくことも可能です)

また、120年目に見つかりました一葉さんの直筆の手紙を劇場ロビーで特別展示いたしますので、一葉さんの美しい筆もご堪能いただけます。これは初公開です。

初秋の9月2日(金)〜4日(日)、日本初の女性職業作家・樋口一葉の世界に触れていただきたいとご案内いたします。

【日程・場所】
日時:9月2日(金)『にごりえ』  午後7時開演
     3日(土) 『一葉の母 そして 十三夜』 午後3時開演
     4日(日) 『一葉日記 そして 大つごもり』 午後3時開演

場所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)
   ◎東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅(A5出口)徒歩約3分
   ◎東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅(B11出口)徒歩約7分
   ◎都営浅草線「日本橋」駅より徒歩約8分
   ◎JR総武線快速「新日本橋」駅より徒歩約7分
   ◎JR東京駅(日本橋口)より徒歩約10分

料金(全席指定): 1作品 6,000円 (22歳以下3,500円)
         3作品通し券 15,000円 (22歳以下9,000円)

【ご予約・お問い合わせ】
◎メールご利用の方は、《いちまるよん》 info@okuyama104.com
◎お電話ご利用の方は、《河佐井プロ》 03-6454-1955(平日11:00〜19:00)
《三越劇場》  0120-03-9354 (10:30〜18:30)


上記写真をクリックするとパンフレットが表示されます。

奥山眞佐子さんのホームページはこちら

 

健康栄養学部の井上節子教授より講演会のお知らせが届きました。

食で脳の若返り〜驚異のオニオンピールパワー〜

普段は捨ててしまう、タマネギの皮。高い抗酸化作用があることはご存知でしょうか。そもそも抗酸化とは何なのか? タマネギの皮っておいしいの?抗酸化作用からタマネギの皮の食べ方まで、楽しくおいしく学びましょう!
専門の先生と栄養学部の学生による、食事のお話です。

日 時 : 7月16日(土)10:30〜12:30(10:00〜 受付開始)
場 所 : 文教大学湘南校舎1402教室
参加費 : 無料
主 催 : 文教大学健康栄養学部
連絡先 : 0467-53-2111内線285 井上
申込方法 : こちらのチラシをご覧ください

〜たくさんのご応募をお待ちしております〜


上記写真をクリックするとパンフレットが表示されます。

文芸科出身の奧山眞佐子さんから新しい舞台のお知らせが届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

樋口一葉の没後120年にあたります今年、一葉の代表作「にごりえ」を、「神奈川県立青少年センター」にて「神奈川県演劇連盟」「いちまるよん」との共催で行います。

この公演は青少年育成の為の位置づけですので、高校生以下のお子さん、お孫さんとご一緒にお出かけいただけましたら幸いでございます。

日時: 7月1日(金) 午後7時開演
場所: 神奈川県立青少年センター・多目的プラザ
(桜木町駅から徒歩8分程、紅葉坂の途中にあります)
料金: 一般 3,000円・高校生以下 500円
     全席自由です。

お電話は045-290-5877(いちまるよん)をご利用ください。


上記写真をクリックするとパンフレットが表示されます。

奥山眞佐子さんのホームページはこちら

文芸科出身の奧山眞佐子さんから
山梨県人会・女性の会についてのご案内が届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

芙蓉会の会員さんの中で、山梨県出身の方はいらっしゃいますか?
私の故郷・山梨の県人会東京支部の中に「女性の会」があります。
写真は、ノーベル賞を受賞なさった大村智氏を囲んで撮影したものです。
来る4月8日(金)、アルカディア市ヶ谷「穂高の間」で山梨県人連合会
女性の会総会及び懇親会がございます。(例年100名程参加されます)
お料理も美味しいですし諸先輩のお話を、お聞きすることも出来ます。
今回は、本間豊堂氏による尺八の演奏もございます。

日時:4月8日(金) 会場受付 11:00  開会 11:30
会場:アルカディア市ヶ谷 5F 穂高
    千代田区九段北4-2-25 電話 03-3261-9921
交通:市ヶ谷駅下車2分(JR、有楽町線、南北線、都営地下鉄)
会費:6,000円(食事・お土産付き)

ご興味をお持ちの方は、奥山まで、ご連絡ください。

e-mail:info@okuyama104.com

文芸科出身の奧山眞佐子さんから前回の公演についての御礼が届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

2月14日の常磐津菊与志郎氏とのジョイント「十三夜」朗読芝居は、補助席を出すほどの満員御礼で幕を下ろすことが出来ました。応援ありがとうございました。
また、2月27日千葉県白井市にて、コミュニケーション講座「舞台女優から学ぶ自己表現」と題して講演を行います。今年も舞台活動と共に講師としての活動にも力を尽くしたいと存じます。なにかございましたらお声をかけ下さい。

奥山眞佐子さんのホームページはこちら


文芸科出身の奧山眞佐子さんから新しい舞台のお知らせが届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

樋口一葉が、明治29年11月23日に旅立ってから今年で120年。
処女作「闇櫻」を書き終えて、作家・樋口一葉が誕生した2月14日に、懐かしい都電が走る三味線屋さんの2階で、代表作の「十三夜」を 三味線奏者・常磐津菊与志郎さんとのジョイントで朗読いたします。

早稲田から三ノ輪を走る都電沿線は、色とりどりのバラの花が咲いています。ゆったりと走る電車に揺られて、作家としての一葉さんの誕生記念日に常磐津の語りと私の朗読をお楽しみいただけましたら幸いです。

樋口一葉没後120年記念朗読ライブ「十三夜」
演出:鈴木龍男
朗読:奥山眞佐子
演奏:常磐津菊与志郎(三味線)

【日程・場所】
日 時:2月14日(日) 午後4時半開場 午後5時開演
場 所:ちとしゃん亭 東京都荒川区東尾久6-26-4三味線かとう2階
◎地下鉄千代田線町屋駅より都電/東尾久3丁目駅下車徒歩2分
◎JR日暮里駅より日暮里・舎人ライナー/熊野前駅下車 徒歩3分
 
【ご予約・お問い合わせ】
◎料金:料金:2,800円(前売り) 3,300円(当日)
◎メールをご利用の方は、ticket@shamisen-katoh.com
◎お電話をご利用の方は、03-3892-6363

奥山眞佐子さんのホームページはこちら


文芸科出身の奧山眞佐子さんから、
舞台「大つごもりと一葉日記」観覧のお礼が届きました。

この度は、母校の皆様に応援いただき、またお出かけいただきましてありがとうございました。お陰さまで、樋口一葉の世界2015『大つごもりと一葉日記』も盛会後に幕を下ろすことが出来ました。

ロビーには、昨年の舞台写真を展示しました。

沢山のお花も頂戴いたしました。

舞台は三場構成で、最初は一葉の母親役で

二場は、一葉役で

三場は、一葉の小説「大つごもり」のお峰役で

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口一葉没後120年となります来年・2016年は、
9月2日(金)、3日(土)、4日(日)三日連続三作品
公演を予定いたしております。
新しい手帳へ予定のご記入を、お願いできましたら幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文芸科 22回生 奧山眞佐子

奧山眞佐子さんも初めての試みで大変な挑戦となる「3日連続3作品の公演」
奧山眞佐子ファンはもちろん、樋口一葉が好きな方も、お芝居が好きな方もみんなが楽しめる作品になっているそうです。是非皆さまお誘い合わせの上、お出かけください。  芙蓉会事務局より


家政科出身で演歌歌手の小桜舞子さんの湘南台でのコンサートに行ってきました。

10月4日に藤沢市の湘南台文化センターにて小桜舞子さんのデビュー15周年記念コンサート「熱唱!新曲『しのぶ坂』」が開かれ、応援に行ってきました。
大勢のゲストの方々に囲まれて、15周年記念の舞台で輝いている小桜さんの成長した姿をみて嬉しく思いました。20周年に向けて更なるご活躍を願っております。皆さんもぜひ新曲『しのぶ坂』をお聴きください。

栄養科 13回生  芙蓉会会長 和田俊子



文芸科出身の奧山眞佐子さんの舞台「大つごもりと一葉日記」を観に行ってきました

10月2日に日本橋三越劇場にて「樋口一葉の世界2015 奥山眞佐子のひとり芝居」を観劇してきました。
三越劇場での公演は今年で6年目。奥山さんのお芝居は昨年よりさらに円熟味がまし、一葉の世界に引き込まれました。ひとり三役(一葉の母、一葉、『大つごもり』のお峰)を演じられ、劇中で演奏されるお囃子などと共に最後まで飽きさせない魅力的な舞台でした。来年の三越劇場7年目の公演が今から楽しみです。 講演の様子が後日奥山さんから届く予定ですのでお楽しみに。

栄養科 13回生  芙蓉会会長 和田俊子



文芸科出身の奧山眞佐子さんから新しい舞台のお知らせが届きました。

〜〜〜奥山さんからのメッセージです〜〜〜

10月2日三越劇場公演「樋口一葉の世界2015 奥山眞佐子のひとり芝居」のご案内をお送りいたします。
今年で6年目となります三越劇場での「ひとり芝居」。今回演じる「大つごもり」は樋口一葉の名前が文学史に初登場した作品。
題名の「大つごもり」は大晦日をさし、金銭の決算日を意味しています。
娘・一葉の出生を山梨ことばで語る母親役、
母妹との生活の困窮に悩む日記を綴る樋口なつ(後の一葉)役、
その生活苦の中から編み出された小説「大つごもり」の主人公・お峰役
と、三場三役をお楽しみいただきたいと存じます。
10月2日(金)午後7時、三越劇場でお待ちいたしております。

【日程・場所】
日 時:10月2日(金) 午後7時開演(午後6時30分開場)
場 所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)
 
【ご予約・お問い合わせ】
◎メールをご利用の方は、info@okuyama104.com(終日受付)まで
◎お電話をご利用の方は、
 03-6454-1955(河佐井プロモーション11時〜19時 平日)
 0120-03-9354(三越劇場 10時〜18時)に
◎カンフェティ0120-240-540(10時〜18時 平日)にお申し込みの方は、お近くのセブンイレブンでお切符をご購入いただけます。
 

 

こちらからパンフレットをダウンロードいただけます。

 

家政科出身で演歌歌手の小桜舞子さんの湘南台での新曲発表ライブの様子と
NHK-BS 「BS日本のうた」での放映のお知らせ

12月4日(木)に湘南台文化センターにて行われた小桜舞子さんの新曲発表ライブに行ってきました。 新曲「雨港」は、女性の切ない思いを綴った歌で、大人になった小桜さんの色香も感じられる一曲になっていました。
2月8日(日)午後7時半から9時にオンエアーされるBSプレミアムの歌番組「BS日本のうた」でも今回発表された新曲「雨港」が披露されます。
是非皆さま、短期大学部卒業生である小桜舞子さんの歌声をお聴きください。
放映日時:2015年2月8日(日)
BSプレミアム 「BS日本のうた」
午後7時30分〜午後8時59分
【再放送】
放映日時:2015年2月14日(土)
BSプレミアム 午後0時〜1時29分


小桜舞子さんのホームページはこちら

 

文芸科出身の奧山眞佐子さんの舞台「十三夜と一葉日記」を観に行ってきました

去る十一月二十四日に日本橋三越劇場で観劇しました。劇場入り口にはNHK「花子とアン」のロケ風景の素敵な写真がずらりと掲示され、その下には著名人からの贈り物の花々が美しく出迎えてくれました。もちろん芙蓉会会長からも贈りました。それらは奥山さんの存在感の大きさも示していました。
  客席は満席状態。この場所で満席にするということは本当にすごいことと感心しました。
  いよいよ幕開け。一葉の母「あやめ」を山梨言葉で笑いをとりながら客席からの登場。
  次に一葉の青春の一コマ。家庭事情がいろいろに変化する中で、文学に目覚めていく姿を見事に演じきっていました。そしていよいよ十三夜。主人公の「せき」を演じている奥山さん。舞台は広いのに一人でいっぱい使いこなして、観客を物語にぐいぐいと、引き込んでいき圧倒される演技力でした。車夫との対話も真にせまり見ごたえのあるものに完成させていました。本当に素敵な時を過ごすことができ、感謝でいっぱいです。
児童科11回生 芙蓉会副会長 高島ノブ


たくさんの芙蓉会同窓生が日本全国から駆けつけてくれました

文芸科出身の奧山眞佐子さんからメッセージが届きました。

【奥山眞佐子さんからのメッセージ】
皆さん、お変わりございませんか?
私は、朝の連続ドラマ「花子とアン」の山梨ことば指導担当として、昨年9月から、こぴっと頑張ってまいりました。
おかげさまで視聴率も高く、放送もあと10日余りとなりまして、少し落ち着いたところです。最後まで、お楽しみいただきたいと思います。
懐かしい写真と共にお送りします。
奥山眞佐子



 

文芸科出身の奧山眞佐子さんからメッセージが届きました。

文芸科出身の奧山眞佐子さんから新しい舞台のお知らせが届きました。
 
【日程・場所】

日 時:11月24日(月・祝) 午後5時開演(午後4時30分開場)
場 所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)
 
【ご予約・お問い合わせ】
TEL.03-6454-1955 河佐井プロモーション(平日11時〜19時)
TEL.0120-03-9354 三越劇場(10時〜18時)/前売開始10月1日(水)
 

家政科出身で演歌歌手の小桜舞子さんの
湘南台でのコンサートに行ってきました。

地元でのコンサート応援にいきました。
久しぶりにコンサートを拝見です。かわいさの中にもいちだんと女性らしさを感じる舞子さん。
一部の歌謡劇「歌謡劇〜人情深川夢あかり」と題した笑いあり涙ありのお芝居で、小桜さんがゲストの速水映人さんを始めとした役者の方々と一緒に熱のこもった演技や見事な殺陣を披露され、観客を魅了していました。初めてみせていただきましたが女優さんの姿に拍手喝采です。
二部のオンステージは、これまでに発売された小桜さんの代表作から今までコンサートでも披露されていなかった隠れた名曲まで歌ってくださいました。迫力ある歌、情緒たっぷりの歌、目を見張るばかりのすばらしいステージでした。
藤沢市長さんのご挨拶、舞子さんからのご寄付と、ステージばかりでなく地元を大切に頑張っている姿に心温まるひとときでした。
栄養科 13回生  芙蓉会会長 和田俊子


毎回趣向を凝らした内容で、今回も小桜さんの新しい一面を見ることができ、あっという間の2時間半でした。ぜひ皆さんも小桜舞子さんのコンサートに行ってみてはいかがでしょうか!
9月28日 19:30〜20:59に放送予定の「NHK−BSプレミアム「BS日本のうた」にも出演予定です。是非ご覧ください。
 

家政科23回生で童話作家の藤井(旧姓:堀越)秀美さんから
新しく出版された絵本を寄贈いただきました。

昨年12月に出版された藤井秀美さんの新作絵本が芙蓉会に届きました。
今回出版された本は「デミちゃんとマサちゃん」と「デミちゃんの1日」の2冊。2冊とも心がほんわか暖かくなるような、そんな素敵な絵本です。
6月初旬に発行予定の芙蓉会の会報では、藤井さんの活動についてをご紹介する予定です。藤井さんが千葉で開いている絵本カフェの店「DEMI」にて会報の取材をさせていただきました。その時の様子と一緒にご紹介いたします。
 
     
 
 

文芸科出身の遠澤倫子さんから
茅ケ崎市にて開催する法律教室の案内が届きました。

【働く女性のための法律教室】
正社員と非正規社員、結婚、妊娠、出産などなど・・・。人生の節目ごとに、女性ならではの悩みが発生することもあります。そんなときに少しでも知識があれば、人生をより楽しく豊かなものにできるかもしれません。是非この機会に法律を少し学んでみませんか?

●開催日
  平成25年11月2日(土曜日)
  平成25年12月7日(土曜日)
  平成26年1月11日(土曜日)
  平成26年2月1日(土曜日)

●時間
  14時から16時

●会場
  茅ヶ崎市立図書館2階 第2会議室
  〒253-0053 茅ヶ崎市東海岸北一丁目4番55号

●費用
  各回200円(資料代)

●申込み
  茅ヶ崎市立図書館
  電話:0467-87-1001
 
【パンフレット】
パンフレットの写真をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます

文芸科出身で女優の奧山眞佐子さんから
お礼のメッセージが届きました。

奧山眞佐子さんからのメッセージ】
今年の「樋口一葉の世界 奥山眞佐子ひとり芝居〜にごりえ〜」
の三越劇場公演も、無事に幕を下ろすことができました。
これも、皆様に応援していただきましたおかげと存じます。
ありがとうございました。
緞帳が上がり始め三味線の糸に撥をあて、最初の音を奏でる時、心臓の鼓動が驚くほど高鳴り、いつもとは違う緊張がありました。
芝居中で、三味線の弾き唄いは、初めての経験でした。

お力役での踊りの場では、大向うが掛かり…
お初役で夫に離縁の許しを願う場で、客席からすすり泣きが…
エンディングで割れんばかりの拍手を頂戴して安堵いたしました。

今年の公演は、一葉さんの原文のままを台詞にいたしましたので現在では使われていない言葉も多かったと思うのですが、皆様の心に一葉世界が届きましたことを嬉しく存じます。

来年の三越劇場5周年公演は、11月24日(休)一葉さんが旅立った翌日に公演いたします。来年も、皆さんに喜んで頂ける舞台になりますようにと精進いたします。

本年は、誠にありがとうございました。

 


ホームページも併せてご覧下さい。 http://www.okuyama104.com/

 

家政科出身で演歌歌手の小桜舞子さんの
湘南台コンサートに行ってきました。

9月14日に湘南台文化センターにて行われた小桜舞子さんのコンサートに芙蓉会事務局のみんなで応援に行ってきました。

―初めてのコンサートですべてが新鮮でした。写真で見るより可愛らしい姿に親しみを感じ、ご自分の曲以外の歌も小桜さんの味が出ていて、とても楽しめました。(T.M.)
―以前にも増して大人っぽく洗練された歌声で、ゲストあり、素敵なドレス姿ありと盛りだくさんなコンサートでとても楽しかったです。同期の卒業生が輝いている姿にとても感動しました。(Y.K.)
―久しぶりにコンサートに行き、歌やトークすべてに大きく成長なさった小桜さんの姿にお会いできて嬉しく思いました。(H.N.)

 

これからも応援しています!!

 

小桜さんは夢グループ主催の各地で開催される「夢コンサート」に出演されています。
ご興味のある方は下記の電話番号までお問合せ下さい。

TEL 03-5395-5261 (株)夢グループまで

文芸科出身で女優の奧山眞佐子さんから
ひとり芝居の案内が届きました。

奧山眞佐子さんからのメッセージ】
4年目となりました日本橋三越劇場でのひとり芝居は「にごりえ」です。
明治28年9月(樋口一葉23歳)に発表されて間もなく評判となり、一葉さんの代表作となった作品です。
今回、私は、酌婦「お力」と、お力に入れ込んで、全財産を失って長屋住まいとなった源七の女房「お初」の二役を演じます。
音楽は、平成中村座(故・勘三郎)、坂東玉三郎(人間国宝)の公演において舞台師をつとめられた杵屋邦寿師匠の構成です。
そして、杵屋邦寿師匠には、舞台でも三味線を弾いて頂きます。とてもとても素晴らしい音色です。
また、源七とお初の息子「太吉郎」の存在は、福原幸三郎氏の笛の音で表現されます。
私も、お力役で、三味線を弾き唄い踊ります。
是非お楽しみにお出かけください。
私のホームページ:http://www.okuyama104.com/の「お問合わせ欄」からもお申込みを受け付けております。
全席指定ですので、お早めにお申込みいただきたいと存じます。
また、ホームページのトップページは、毎週火曜日昼に更新していますので、こちらもご覧になってください。
奥山 眞佐子
 
【日程・場所】
日 時:9月8日(日) 午後4時開演(午後3時30分開場)
場 所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)
 
【ご予約・お問い合わせ】
TEL.03-6454-1955 河佐井プロモーション(平日11時〜19時)
TEL.0120-03-9354 三越劇場(10時〜18時)/前売開始8月1日(木)
 
【パンフレット】

 
パンフレットの写真をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます

 

ホームページも併せてご覧下さい。 http://www.okuyama104.com/


家政科45回生の小桜舞子さんより新曲発表の情報が届きました。

NHKの人気番組・歌謡コンサートに出演決定!
 新曲「なみだ川」を歌います。ぜひご覧ください。
    放送日 : 6月18日(火)20:00〜
    番組名 : 歌謡コンサート  (NHK総合)
    歌唱曲 : 新曲「なみだ川」
           作詞:喜多條忠  作曲:岡千秋


湘南台文化センターにてコンサート開催!
 初めての生バンドでのコンサートです!
    日時 : 9月14日(土)
    場所 : 湘南台文化センター
    お問い合わせ : 夢グループ  03-5395-5261


上記パンフレットをクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。


新曲発表ミニコンサートが開催されました。
 
新曲 なみだ川
 
   

平成25年4月5日(金)藤沢市湘南台文化センター市民シアターに於いて、小桜舞子さんの新曲発表ミニコンサートが開催されました。
芙蓉会行事以外でのコンサートを初めて拝聴させていただき、改めて声の良さ(澄んだ伸びのある力強い声)に感心させられました。 2時間のステージで、新曲「なみだ川」をはじめご自分の曲以外にも、作詞家・作曲家つながりで、「神田川」等演歌とは違う曲も歌われ、トークもお上手で、地元のファンの皆さんとのやりとりも楽しく拝見いたしました。

 
小桜さんと
 
   

3月20日発売の新曲キャンペーン中で、多忙なスケジュールの中、観光大使を務めている角館の桜まつりにも行かれるとのお話でした。
頑張っている卒業生の姿を嬉しく思います。
益々のご活躍を応援したいですね!
写真も快く御一緒させていただきました。

(芙蓉会会長 浜脇麻起子)

ホームページも併せてご覧下さい。 http://www.kozakuramaiko.com/



文芸科37回生の遠澤倫子さんよりセミナーの案内が届きました。
2012年12月4日更新

生活に密着! 労働・社会保険の基礎知識講座のご案内
遠澤倫子さんから、茅ヶ崎市で開催される市民講座の案内が届きました。
12月15日の第3弾は遠澤さんが講師を担当されます!
ご興味のある方は下記<お問い合わせ・申し込み先>よりお申込みください。

テーマ : 少子高齢化社会での働き方
日 時 : 12/15(土)午後13:30〜15:00
場 所 : 茅ヶ崎市 勤労市民会館B研修室
参加費: 300円

【概要】
日本は、人口減少社会に突入しました。
経済の停滞やグローバル化により、労働環境は厳しい状況にあります。
そこで、変化に対応できるように選択肢を持っておくことが必要です。
個々のライフステージに合わせたフレキシブルで満足度の高い働き方の構築を目指しましょう!

【遠澤倫子さんからのメッセージ】
社会保険労務士有資格者5人で“労働・社会保険”に関するセミナーを
茅ヶ崎市にて開催することとなりました。
10月から翌年2月までの間、毎月1回開催いたします。
身近なことをテーマ別にわかりやすく説明いたします。基礎知識を学ぶ機会としてご参加されてはいかがでしょうか。

<お問合わせ・申し込み先>
小野寺(おのでら)宛にご連絡願います。
Email: onodera@grape.plala.or.jp
※申込必要事項:名前(フルネーム)、住所、電話番号、茅ヶ崎市との関係
<市との関係例> 市民、通勤者、通学者、文教大学OB 等


クリックするとPDFファイルが開きます



文芸科22回生で女優の奥山眞佐子さんより
トーク番組出演の案内が届きました。

樋口一葉生誕140年記念の今年、11月23日の「一葉忌」にあわせて、「一葉と私」というタイトルで、ひとり芝居や朗読劇に取り組んでいる活動をお話しされるそうです。
全国放送ですので、是非皆さまご覧ください。

NHK「視点・論点」
放送日:2012年11月23日(金・祝)
時 間 :午前4時20分〜    NHK総合
      午後1時50分〜    NHKEテレ
      午後11時50分〜   NHK総合
10分間のトーク番組です。


ホームページもご覧ください
http://www.okuyama104.com/



 文芸科出身で女優の奧山眞佐子さんから
ひとり芝居の案内が届きました。
終了しました

奥山眞佐子 ひとり芝居「わかれ道」

奥山さんから、横浜・相鉄本多劇場での公演の案内が届きました。
みなさんで是非ご観劇ください。

【奥山眞佐子さんからのメッセージ】
今年も、例年通り横濱演劇祭に参加しての公演です。
今回は、中国の伝統的な楽器・二胡の演奏と共に樋口一葉23歳の作品「わかれ道」のお京を演じます。今回の作品では「夢さえあれば、生きていける」のメッセージをお伝えできればと稽古に励んでおります。
よろしくお願いいたします。
奥山 眞佐子

作 品 : 「わかれ道」 樋口一葉原作
出 演 : 奥山眞佐子(お京)
演 奏 : こたに じゅん(二胡)
日 時 : 7月22日(金)20時開演/7月23日(土)14時開演
料 金 : 一般3,500円/高校生以下2,500円(当日券は500円アップ)
会 場 : 横浜・相鉄本多劇場
 [住 所] 横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル3F

【お問い合わせ&お申込み】
相鉄本多劇場
 TEL:045-319-2150(13時〜18時)
いちまるよん
 TEL:045-290-5877/FAX:045-290-5887

 
上記パンフレットをクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

ホームページもご覧ください
http://www.okuyama104.com/

 

文芸科13回生で(有)山本企画 代表取締役の山本美紀子さんから
新刊についての案内が届きました。

山本美紀子 著 「年収300万円あれば持ち家は絶対に買える!」

山本美紀子さんは、文芸科出身でフリーライターとして広告宣伝の企画や編集にかかわり、その後、(有)山本企画を立ち上げられました。併せて、以前「輝いています」のコーナーでご紹介した留学生アパート「ミキスチューデントハウス」の主幹も務められています。本書では持ち家購入のための普遍的で実践的な方法を紹介しています。 是非ご一読下さい。

【著者 山本美紀子さんからのメッセージ】
高齢化社会や、増え続ける借金国の年金は先細りである以上、年収が少ないほど、持ち家が必要である事、何事も本気で夢を持つ事の大切さ!!をメッセージとして入れました。
山本美紀子

 
amazonのページから購入可能です。

 

文芸科出身で女優の奧山眞佐子さんから
ひとり芝居の案内が届きました。
終了しました

奥山眞佐子 ひとり芝居「十三夜」

奥山さんから三越劇場での公演の案内が届きました。
樋口一葉のひとり芝居を初めて演じてから、14年を迎えた奥山さんのお芝居をみなさんで是非ご観劇ください。

【奥山眞佐子さんからのメッセージ】
樋口一葉作品をひとり芝居で演じ続けて、14年になりました。
この度、歴史的建造物に選ばれている日本橋三越本店・本館の6階・三越劇場で「十三夜」のお関を演じます。
阿部照義の脚本で、一葉作品の魅力が心地よく楽しめる仕上がりになりました。
5月22日の午後5時開演です。上演時間は、1時間10分ほど。
めったに触れることが出来ない、説教節政太夫の三味線弾き語り、福原幸三郎の篠笛、能管も、ご期待ください。
お出かけをお待ちしております。
私のホームページ:http://www.okuyama104.com/も見てくださいね!!
奥山 眞佐子

作 品 : 「十三夜」 樋口一葉原作
日 時 : 2011年5月22日(日) 開場 16時30分 開演 17時
料 金 : 5,500円(全席指定・税込)
会 場 : 日本橋三越劇場
 [住 所] 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6階
 [道 順]
 ・東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩1分
 ・都営浅草線「日本橋」駅より徒歩5分
 ・JR総武線快速「新日本橋」駅より徒歩5分

【お問い合わせ&お申込み】
河佐井プロモーション
 TEL:03-6454-1955 (平日11:00〜19:00 / 土11:00〜17:00)
三越劇場
 TEL:0120-03-9354 (10:00〜19:00)
いちまるよん
 FAX:045-290-5887

 
上記パンフレットをクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

 

<芙蓉会文化部報告>
終了しました

 

小桜舞子こと、田中直美さん
   

2010年5月29日(土)、卒業生(1999年、45回生)で演歌歌手としてご活躍中の小桜舞子(本名:田中直美)さんが茅ヶ崎市民会館大ホールにて「扇粹流高萌会・創立20周年記念舞踊公演」ゲスト出演されました!!
 
田中さんは、NHK-BS 勝ち抜き歌謡選手権優勝、NHKのど自慢大会(神奈川)優勝、(社)日本歌手協会「新人激励賞」等受賞され、華やかな着物姿に素敵な笑顔と美しい響きある歌声が印象的です。現在、演歌歌手「小桜舞子」として全国を飛び回る毎日でいらっしゃいます。
 
田中さんとともにピース
 
   

現在発売中の「母子じょんがら」が好評です。この日、茅ヶ崎文化会館で生歌を聴かせていただきました。その力強い声に感動!もう一度聴きたくなる曲でした。また、7月には新曲「こころ川」が発売になる予定です。短大卒業生の活躍される姿を目の当たりにして、本当に嬉しい気持ちと芙蓉会の会員の一人であるという意識を持って接していてくれる田中さんの温かい心が伝わってきました。写真も快く応じてくださいました。今後の更なるご活躍が楽しみです。

ホームページも併せてご覧下さい。 http://www.kozakuramaiko.com/

 

文芸科出身で女優の奧山眞佐子さんから
ひとり芝居の案内が届きました。
終了しました

奥山眞佐子 ひとり芝居「われから」

奥山さんから三越劇場での公演の案内が届きました。
樋口一葉のひとり芝居を初めて演じてから、13年を迎えた奥山さんのお芝居をみなさんで是非ご観劇ください。

作 品 : 「われから」 樋口一葉原作
日 時 : 2010年2月14日(日) 開場 15時30分 開演 16時
料 金 : 5,500円(全席指定・税込)
会 場 : 日本橋三越劇場
 [住 所] 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6階
 [道 順]
 <東京メトロ>
  銀座線・半蔵門線「三越前」駅、徒歩1分
  銀座線・東西線「日本橋」駅(B11出口)徒歩5分
 <都営地下鉄>
  浅草線「日本橋」駅、徒歩5分
 <JR>
  新日本橋駅、徒歩7分
  東京駅(日本橋口)、徒歩10分
  ※東京駅からは 「メトロリンク日本橋(無料巡回バス)」 がご利用頂けます。

日本で初めての女流作家・樋口一葉が誕生した 2月14日(日)に、彼女の最後の小説「われから」 を阿部照義脚本演出、栃谷若子演奏のヴァイオリンの音色と共に奥山眞佐子の二役でお楽しみいただきます。

【お問い合わせ&お申込み】
  
河佐井プロモーション
 TEL:03-6454-1955 (平日11:00〜19:00 / 土11:00〜17:00)
三越劇場
 TEL:0120-03-9354 (10:00〜19:00)
いちまるよん
 FAX:045-290-5887 (終日)



過去の伝言板の記事はこちら