FUTURE COURSE
AFTER GRADUATION

卒業生の進路

国際理解学科から
無限に広がる未来の可能性

国際理解学科で身につけることのできる力は、グローバル化の進むこれからの社会においてあらゆる場面で必要とされる力なのです。

国際理解学科で身につけられること

  • 語学力を活かす仕事

    語学力を活かす仕事

    ネイティブ教員と会話を楽しむランゲージガーデンや英語イベントなど、授業+実践の場で磨いた「高度な語学力」は幅広い業界から求められています。

    • 英語教諭
    • ツアーコンダクター
    • 商品バイヤー
    • キャビンアテンダント
    • 通訳
    • ホテルスタッフ
    • 販売・接客
  • 異文化コミュニケーション能力を活かす仕事

    異文化コミュニケーション能力を
    活かす仕事

    多彩な海外研修やボランティア体験などを通じて得られる「幅広い視点から異文化を理解する力」は、これからのグローバル社会に必要不可欠な力です。

    • 海外営業
    • 貿易事務
    • ジャーナリスト
    • 外資系スタッフ
    • 大使館スタッフ
    • 国際ボランティア
    • NGOスタッフ
    • 青年海外協力隊員
  • 問題解決能力を活かす仕事

    問題解決能力を活かす仕事

    身近な地域から国際問題まで、現代社会には課題が山積みです。「社会における問題を解決する力」を実践的な学びから身につけ、よりよい社会を築く人材に!

    • 地方公務員
    • 銀行員
    • システムエンジニア
    • 教育機関スタッフ
    • 経営コンサルタント
    • 商品企画・開発
    • 会社経営

こんな資格が目指せます

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭1種免許「社会」「英語」
  • 高等学校教諭1種免許「公民」「英語」

取得が目指せる資格・検定

  • 実用英語技能検定
  • TOEFL®
  • TOEIC®L&R
  • 秘書技能検定
  • 通関士
  • 旅行地理検定
  • インターカルチュラル・コーディネーター

進路分野(2017年度)

  • あらゆるフィールドで、
    語学力を活用!

    卒業生が多彩な業界で活躍していることが本学科の特徴です。日本企業の海外進出にともない、需要が急激に高まる語学力。学校現場でも英語や異文化理解にる教育ニーズは高く、毎年、1~2割ほどの学生が教員として活躍しています。

  • 進路分野

就職実績(過去5年の実績)

日本航空/JALスカイ/ANAウィングス/JTB関東/日本旅行/星野リゾート・マネジメント/ザ・リッツ・カールトン沖縄/小田急リゾーツ/金谷ホテル観光/スカイネットアジア航空/東武ホテルマネジメント/東日本旅客鉄道(JR東日本)/日本郵便/日本放送協会佐賀放送局/フォルクスワーゲンジャパン販売/タリーズコーヒージャパン/アニヴェルセル/ユナイテッドアローズ/コム・デ・ギャルソン/土屋鞄研究所/ベネッセスタイルケア/フルラジャパン/髙島屋/ノジマ/三陽商会/シーボン/大和ハウス工業/ビックカメラ/しまむら/ヨークマート/パナホーム静岡/ユニバーサルホーム/イーオン/KDDI/ジンズ/すかいらーく/東京ガスリビングライン/ヒューマンアカデミー/野村證券/第一生命保険/SMBCフレンド証券/国際エキスプレス/佐川グローバルロジスティクス/東京YMCA/駐日アフガニスタン・イスラム共和国大使館/青年海外協力隊/警視庁/教育委員会/市役所/中学校・高校ほか

メルボルン大学大学院

田上 陽一さん

国際理解学科 2015年度卒業

『ささいな寄り道が、
人生を変えることもあると思うんです』

卒業後、アメリカの大学で日本語を教えるプログラムに参加しました。最初はひらがなすら知らなかった学生が、たった9ヵ月で流暢に話せるようになっていく。そんな成長を目の当たりにして純粋に「凄いな」と思いましたし、以前にも増して外国語教育のおもしろさ、学生に与えられる可能性の大きさを実感するようになりました。帰国後、私はメルボルン大学大学院への進学を決意。来年からは語学教育の研究を本格的にスタートします。今でこそ「もっと学びたい」という欲求にとりつかれている私ですが、実は入学したばかりのころは遊んでばかりいたんです。その後、思いつきでアメリカ留学に挑戦。しかし、現地ではまわりの言っていることがまったくわからず、日本で今まで培ってきた自信を見事に打ち砕かれました。見返したい。その一心で猛勉強するようになり、3年次に長期留学に挑戦。そこでも苦渋を味わいましたが、必死に食らいつき最終的にトップの成績を収めることができたんです。ささいな寄り道が、人生を変えることもある。一見つまらないようなことが、あなたが本当にやりたいことなのかもしれません。チャンスを与えられたら、四の五の言わずにやってみる。そんな4年間も、ひとつの正解ではないでしょうか。

今に活きている学び

視野を広げるチャンスを与えてくれること。それが国際理解学科の魅力だと思います。外務省直属のフォーリンプレスセンターへのインターンシップなど、教員は様々な業界とのつながりを活用して多彩な機会を提供してくれます。卒業後にアメリカに渡ったのも、実は先生の紹介がきっかけなんです。

学科column
長期留学

1年間、協定校の通常クラスに交じって学ぶ長期留学。田上さんはアメリカのアーカンソー大学で、経営学や心理学、文化人類学などの専門的な講義を受講しました。アメリカ人の書いたレポートを批評する。そんな厳しい環境のなかで、高度なリスニング力、スピーキング力を身につけていったそうです。

国際理解学科3年

青田 梨沙さん

『世界を知っている
だから、世界を教えられる』

この3年間、たくさんの“世界”を味わってきました。2年次の春にはオーストラリア短期留学で3ヵ月のホームステイを経験。2年次の夏には国際ボランティアサークル「カロン」の一員としてフィジーの家づくりに挑戦。3年次には韓国の学会に参加し、南ソウル大学の学生とのディスカッションに臨みました。オーストラリア人のフランクさに驚いたり、中国人の積極的な姿勢に目を丸くしたり。海外に初めて行ったときは文化の違いに戸惑うことも多かったのですが、現地には教科書で学んできたことの何十倍もの気づきがありましたし、「この世界には自分の目で見ないとわからないことがたくさんある」という実感が得られたことは本当に大きかったと思います。私の将来の目標は、英語の教員になること。世界を知っているからこそ、世界を教えられる。卒業までにもっともっとたくさんの国の文化に触れたいと思いますし、いつの日かそこで出会った驚きを子どもたちに伝えられるような先生になりたいと考えています。国際理解学科には国内外問わず、たくさんの“世界”を経験できる機会があります。みなさんもぜひ、教室の外に飛び出してください。そこにはきっと、想像を超えた世界が広がっているはずです。

青田さんのキャンパスライフ

英語の先生を目指して入学。本学科には国際的な授業だけでなく、教職に必要な技術と知識を磨く授業も豊富にあるんです。模擬授業では子どもの関心を引くためのアプローチ方法を練習することができましたし、フィリピンの教育事情を学ぶ小学校インターンシップなども用意されているんです。

学科column
学校現場でのボランティア活動

国際理解学科では、それぞれのゼミで多彩なフィールドワークが実施されています。青田さんが所属する阿野ゼミでは、中学校や高校での英語指導や学習支援ボランティアも実施。「在学中から多彩な学校現場を経験できる」と語る青田さんは、阿野先生の学校取材に同行させてもらったこともあるそうです。