DEPARTMENT

国際理解学科

国際力を身につけ、
グローバルビジネス・国際協力の最前線へ

今後ますますグローバル化は加速していきます。
国際理解学科では、こうした時代に求められる高度な語学力、歴史をふまえて異文化を理解する力を修得。ビジネスプロジェクト、国際協力などの実践的な授業を通じて、日本社会と世界各国の課題を解決できる力も身につけていきます。
1年次秋学期から2領域のいずれかに所属しますが、領域を超えた学びも可能です。

  • 国際理解学科

  • 国際コミュニケーション領域

    語学力、異文化理解力を身につける領域です。「読む・聞く・話す・書く」を学ぶだけでなく、プレゼンテーションやネゴシエーションなどの高度なスキルも修得。国家や宗教、民族の枠を越え、真に通じ合えるコミュニケーション力を身につけていきます。

    国際協力領域

    地球環境や貧困、地域開発など、グローバルレベルの課題について学ぶ領域です。国家やNPO・NGOなどの取組み、国際連携に関する知識を学習。国連本部での研修や国際協力の実践を通じて、国際問題の解決力、実行力を磨いていきます。

国際理解学科の特徴

Point 01
リアルな国際問題を解決する

ニューヨークでの国連研修、フェアトレード商品の共同開発、インドにおけるJICA支援も実施。国際課題を体感しながら解決策を模索します。

  • ニューヨーク国連研修

    ニューヨーク国連研修

  • ミャンマー国際ボランティア

    ミャンマー国際ボランティア

海外でグローバル・イッシューや国際問題解決の現場に直接触れて、議論し、考えることで、グローバル社会で活躍できる国際人の基礎を作ります。

Point 02
まちづくり活動にチャレンジ

地元茅ヶ崎市の地域開発にも挑戦。市民と自治体が意見交換を行う「市民討議会」など、“まちづくりの現場”にも積極的に参加していきます。

  • 地域開発会議

    地域開発会議

  • 茅ヶ崎市まちづくりの現場

    茅ヶ崎市
    “まちづくりの現場”

地域社会への貢献を通じて大学での学びを実践的に活用し、自ら考え、人々を巻き込み、行動を起こす自立型人材を育てます。

Point 03
教員の資格も目指せる

中学・高校の「英語」「社会」「公民」の教員免許も取得可能。子どもたちをワクワクさせる指導方法を楽しく教えています。

  • 教育実習

    教育実習

  • 教育実習

    教育実習

英語を教えるだけではなく、国際社会で起こっていることを解りやすく伝えることができる、グローバル社会が求めるユニークな教員を多数輩出しています。  

学生生活はこちら