国際学部の特徴

TOP > 国際学部の特徴 > 世界に通じる!ユニークで多彩な語学教育

世界に通じる!ユニークで多彩な語学教育

授業に加え、キャンパスで楽しく外国語を実践。留学先も増加!
  • 多岐にわたる選択授業に加え、必修の英語授業が3年生まであり、継続的に英語力を伸ばすことができ、就職活動にも結び付きます。人気の短期留学は留学先にタイの協定校、世界的なリゾート地プーケットにある、プリンス・オブ・ソンクラ大学が加わりました。Language Gardenでは英会話を楽しめるだけでなく、最新の映画のDVDやレベル別の英語の本がずらり。ディベート講習会など英語のイベントも毎年開催され、実践力を高めます。
  • 教育体制画像
短期留学制度
アメリカ・オーストラリア・タイ短期留学
アメリカ・オーストラリア・タイ短期留学画像

2年生の春学期に約3か月間、アメリカ、オーストラリア、タイの協定校に留学し、英語を始め、地域研究や異文化理解などに関する科目を、ふんだんな体験実習や視察を含めた少人数クラスで学ぶものです。留学先では寮生活やホームステイを通し、現地の人々や他国からの留学生たちと日々交流。毎日英語漬けになり、自然に英語力アップ。日本や自分自身についての理解も深まり、専門ゼミのテーマにもつながります。人間的にも大きく成長。

 
海外研修
リゾートマネジメント研修
リゾートマネジメント研修画像

ハワイでホスピタリティの現場に触れる研修です。ハワイ大学マノア校で、リゾートホテルマネジメントやウエディング運営、ホスピタリティ・カスタマーサービスならびにコミュニケーションスキルなどの講義を英語で受講します。その知識をもとにリゾートホテルやウエディングの現場などフィールドワークや体験プログラムに参加して、リゾートマネジメントの基本的知識を楽しく学びます。

ホスピタリティ・マネジメント研修
ホスピタリティ・マネジメント研修画像

マレーシアの名門国立大学・ウタラ大学の広大なキャンパスで現地教授による授業(マレーシアの観光事情、ホテルマネジメント、マレーシアンの食文化や調理デモンストレーション等)を受講することができます。フィールドトリップとしてマレーシアの歴史遺産の視察、そして世界的リゾート地であるランカウイ島での五つ星ホテルや観光資源の視察を行います。全行程に現地教授が同行され、そのホスピタリティに目を開かされる思いです。

 
英語科教職課程
英語科教職課程画像

英語のコミュニケーション能力向上が求められる中学や高校での学校英語教育で、中心となって活躍できる資質を持った英語教員の養成を行っています。海外への留学やボランティア活動など国際学部ならではの実践的な経験を土台に、生徒たちが目を輝かせて取り組む授業をめざし、英語力と指導力をかね備えた英語教員を輩出します。

 
Language Garden(外国語学習ラウンジ)
Language Garden画像

学力アップに欠かせないのが実践の場。会話を楽しむだけでなく、Language Gardenには外国語の本やDVDが一杯。雑誌や漫画まであり、レベルもジャンルも様々。自分にあった教材が見つけられます。2人の助手も常駐してアドバイスをしてくれます。

 
その他
高校生英語ディベート講習会

毎年秋に開催される高校生対象の英語ディベート講座。国際学部生が指導者になり、英語によるディベートを初歩から指導。教えるために自らの英語に磨きをかけ、時事問題にも強くなり、大きく成長しています。

英語でプレゼンテーション Oral Communication Festival

全国各地の大学生が年に1度一堂に会し、英語の朗読や劇、スピーチなどを発表しあうオーラル・コミュニケーション・フェスティバルに国際学部生は2004年度から毎年参加して創作劇を披露しています。

国際学会で発表

毎年夏に開催されているConference of Pan-pacific Association of Applied Linguistics(環太平洋応用言語学会)に参加し、ゼミでの研究成果を発表。様々な国の学者を前に、英語教育について英語でプレゼンテーションを行っています。

 

学生たちはこんなふうに学んでいます

環境と人の良さで毎日が充実したキャンパスライフに!!
中村麻梨奈

国際学部には英語に触れられる機会がたくさんあります。中でも一押しが外国語学習ラウンジ。そこには英語の本や最新のDVDが数多くあり、毎日ネイティブの先生や友達と英語で会話をしながら楽しくお昼を食べています。先生や助手の方々がいつも笑顔で待ってくれていて、先輩方や友達はいい刺激となっているので、大変でもやる気がでます。これ以外にもEラーニング教材や外国人講師の授業、授業後の勉強会など英語学習の環境が整っているので、フル活用して頑張りたいと思っています。

中村麻梨奈 国際理解学科1年

 
国際学部だからこそ、多角的な視点で学ぶことができる
牛渡香菜

英語科教育法という授業では、英語教員になるための実践的な学習が行われています。私たちが行う模擬授業では、国際学部生として取り組んできた様々な経験が個性として生かされます。私は留学経験を通じて学んだことを授業に活用し、また友人の授業に生徒役で参加する事で、自分にはない考え方を知り、英語を用いてコミュニケーションをとる楽しさを覚えました。この経験を通し、英語教員になりたいという思いがより強いものになりました。

牛渡香菜 国際理解学科4年

 
子供とともに成長する英語教師を目指して
二見文貴

教員志望のきっかけはサッカー部の顧問になりたいということでした。海外でサッカーをした際、言葉がなくてもコミュニケーションをとれるサッカーのすばらしさ、その反面、言葉の壁により相手を深く理解できないことも感じました。この国際学部で留学や海外ボランティアを経験することで言葉の大切さを感じ、英語は知識だけではなく練習や実践を積むことで伸ばせると実感しました。それぞれのすばらしさを子供たちと一緒に感じていきたいです。

二見文貴 国際理解学科4年

 

ページトップへ