修了生の声・進路

きめ細やかな進路指導で学部・大学院へ進学

進路面談を行い、文教大学や他大学などそれぞれが希望する進学先に合格できるようサポートしていきます。なお、文教大学への進学を希望する場合は、推薦制度を利用できます。
進学先への提出書類のチェックや、面接対策まで丁寧にサポートします。

文教大学進学者は奨学金の受給や授業料の減免を受けることが可能です*1

文教大学進学者(学部・大学院)には、修了時に奨学金が支給されます。
本学進学後も、奨学金を受給することができます。

*1...申請に通過した人のみが対象となります。

外国人留学生別科対象の文教大学学部推薦入試について

文教大学の一部の学部では外国人留学生別科での成績が優秀な学生を対象に、推薦型の入学試験を導入しています。推薦された場合、面接または口頭試問のみによる入学試験を受験することが可能です。

主な合格・進学先(国公立大学・大学院)

  • 大阪教育大学
  • 筑波大学大学院
  • 山梨大学
  • 埼玉大学大学院
  • 東京外国語大学
  • 自治医科大学大学院
  • 高崎経済大学
  • 東京都立大学
  • 熊本大学大学院 他

主な合格・進学先(私立大学・大学院)

  • 文教大学
  • 日本女子大学
  • 共栄大学
  • 文教大学大学院
  • 武蔵野大学
  • 麗澤大学
  • 慶應義塾大学
  • 法政大学大学院
  • 西武文理大学
  • 上智大学
  • 専修大学
  • 明治大学
  • 東洋大学 他
在学生・修了生の声
  • DA SILVA RICARDO DIEGO

    地球の反対側の国から

    写真 DA SILVA RICARDO DIEGO

    私の名前はヒカルドです。29歳で現在、文教大学の語学留学生です。来日前、自分と同じ価値観を持った教育機関を探していたところ、文教大学の「人間愛」の理念に興味を引かれました。第二言語として英語を教えてきた私自身の教育者としての経験から、共感性の欠如は教師と生徒の間の障壁のように学習をほぼ不可能にするものと私は信じていたからです。

    文教大学の先生方もスタッフの方々も、来日前からとても親切にしていただき、来日後は、多くのことを学んでいます。また、他の日本人学生や世界各地の学生と交流する機会もあり、充実した留学経験となっています。 

    月曜日から金曜日まで、JLPTの準備、総合日本語、地理・歴史、漢字、留学生活、アカデミックジャパニーズなどさまざまなクラスがあり、その他のアクティビティや講義、イベントもあります。 

    宿題やプレゼン準備、読まなければならない文章などで日々忙しく、慣れるまでには時間もかかります。一方で、私たち学生が日本文化を深く知るには時間も必要です。そこで、私はさまざまな食べ物をできる限り試してみたり、友達と日本語を練習したり、街を観光したりもしました。これまでのところ、私のお気に入りは浅草です。夏休みに他の多くの場所を訪れることを楽しみにしています。

    私の次のステップは、修士課程にむけた準備を進めることです。そのために、私はまだ自分の日本語と研究分野でやるべきことがたくさんあります。 

    日本留学にあたり、なぜ文教大学が最良と言えるのかをご紹介してきました。最後に、私の留学に関わってくださっているすべての皆様に感謝申し上げます。 

  • 欧金鑫

    楽しい別科での学習生活

    写真 Harisudin Muhammad Khalil

    別科生だったときの生活は毎日充実していて、とても楽しかった時間でした。月曜日から金曜日まで文法と語彙、聴解など色々勉強しました。その中で、私にとって一番面白い授業は日本語演習でした。自分でテーマを決めて、いろいろ調べてから発表します。この授業は皆さんが大学生になったら、絶対役に立つと思います。今、私は文教大学あだちキャンパスの国際理解学科の二年生です。毎週、幾つかの国際社会と文化につながる専門授業を受ける必要があり、その授業の中で英語とか他の言語の専門用語を使うため、英語ともう一つの言語の勉強も必要となります。大学の生活は忙しいとはいえ、自分も能力がどんどん鍛えられ、向上していることを喜んでいます。最初は大変な日々になりますが、その最も大変な時間を乗り越えたら、次に待っているのは新しい世界だと思います。

  • 周芷煊

    留学生活を楽しむ

    写真 李 楽俊

    2019年9月、私は日本に来ました。外国人留学生別科で一年半の学習生活を過ごして、別科の推薦入試に合格して文学部日本語日本文学科の学生になりました。大学では専門的な知識を勉強していますが、ときどき別科での生活が懐かしくなります。別科にいる時は日本語を楽しく勉強していましたが不安になったり悩んだりした時には、優しい先生たちと国際交流課の方たちがいるので、すべて相談できました。そして、市内見学とスピーチ大会も自分の視野を広げました。
    日本にいる二年半は、まさに光陰矢の如しです。この間にいろいろな経験を積み重ねて成長したと思います。今の私はいろいろな友達ができて、日本語力も進歩して、過去の自分を超えました。将来、私は日本の会社に就職したいです。そのために、これからもっと頑張りたいと思います。
    皆さんも、ぜひ留学生活を楽しんでください。

進路に関するQ&A

日本の大学・大学院に進学するために文教大学では、どのような進路指導を行っていますか?
必修科目である「留学生活」の授業の中で、進学希望校の決定や入学試験対策などの進路指導を行っています。さらに、授業外においても希望する進学先に合格できるよう出願書類を確認する等、一人一人丁寧にサポートしています。
外国人留学生別科から文教大学に進学することで受けられるメリットは何ですか?
上記にも記載しているとおり、奨学金の受給や授業料の減免を受けることができます。