Foreign Student Department Outline and Studies

For Education, Bunkyo:
Unique Approach to Japanese Language Education

The Foreign Student Department was established in April 1993 when the Japanese language training program was spun off from the Graduate School of Language and Culture. The Department offers international students, mainly from other countries in Asia, a full year of training in Japanese language and basic subjects to facilitate enrollment in schools in Japan, including the undergraduate and graduate programs at Bunkyo University.
We also offer supplementary Japanese language studies to exchange students from New Zealand, Germany, and elsewhere, and practical training for undergraduates who aim to become Japanese language teachers. As of fiscal 2003, we started to offer joint courses for foreign students and students at the Faculty of Language and Literature where they can learn about different cultures, so we are now also a venue for international understanding

Classes

Study Japanese language and culture in classes divided according to proficiency

The Bunkyo University Foreign Student Department conducts placement tests at the start of each semester (April, September). Students are placed in classes according to their level of proficiency.

  • Aクラス

    上級レベルの日本語を学習します。上級レベルの文学語彙を使った文章や生教材を読む力をつけ、論文なども書けるようにしていきます。学部生との合同授業によりコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力をつけていきます。

  • Bクラス

    中上級レベルの日本語を学習します。中級レベル以上の文学語彙・文法を学びながら、長文を読む力、文章の構成を考えながら文章を書く力をつけ、話す相手や場面を考えながら自分の意見を話せるようにします。

  • Cクラス

    中級レベルの日本語を学習します。すでに学習した基本的な文字語彙・文法を復習しながら応用力を身につけ、発展的に文章を書ける力、場面に応じた会話力を伸ばしていきます。

  • Dクラス

    初中級レベルの日本語を学習します。日本語を学習していくうえで必要な基本的な漢字や文法を学びながら大切な基礎を築いていきます。
    日常会話を確実に聞き取り話せる力をつけていきます。

Courses and Timetable

Each lesson block is 90 minutes of teaching time with a 10-minute break between each block.

  • Example of student heading for undergraduate program

    1限目
    9:10~10:40
    精読C精読C口頭表現C精読C精読C
    2限目
    10:50~12:20
    応用
    日本語C
    応用
    日本語C
    文章表現C応用
    日本語C
    応用
    日本語C
    昼休み 12:20~13:10
    3限目
    13:10~14:40
    漢字Ⅰ総合
    日本語C
    日本事情Ⅰ留学生活日本語
    演習Ⅰ
    4限目
    14:50~16:20
    地理・歴史英語Ⅰ
  • Example of student heading for postgraduate program

    1限目
    9:10~10:40
    精読A精読A口頭表現精読A精読A
    2限目
    10:50~12:20
    応用
    日本語A
    応用
    日本語A
    文章表現応用
    日本語A
    応用
    日本語A
    昼休み 12:20~13:10
    3限目
    13:10~14:40
    総合
    日本語A
    日本事情Ⅰ留学生活
    4限目
    14:50~16:20
    日本語
    演習Ⅲ
    地理・歴史アカデミック・ジャパニーズ
経験豊富な教員が一人ひとりに分かりやすく丁寧に指導します

高い専門性を持った教員が、日本語科目を中心に多彩な授業を展開します。

専任教員のご紹介

  • 川口 良

    専門領域
    日本語学、日本語教育
    専門分野
    談話分析、日本語バリエーション
    授業担当科目
    【別科】
    日本語演習Ⅲ・Ⅳ
    【学部】
    言語と社会Ⅰ・Ⅱ、日本語教育実習Ⅱ
    【大学院】
    (修士)日本語教育特殊研究、日本語教育特殊演習、研究指導Ⅰ・Ⅱ
    (博士後期)日本語教育学特殊研究Ⅰ、言語文化研究特別演習Ⅰ
  • 三枝 優子

    専門領域
    日本語教育
    専門分野
    日本語教育、日本語教員養成
     
    授業担当科目
    【別科】
    口頭表現Ⅰ・Ⅱ、アカデミックジャパニーズ演習、日本文化演習、留学生活Ⅰ・Ⅱ
    【学部】
    多文化理解演習Ⅰ・Ⅱ、日本語教育法Ⅰ・Ⅲ、日本語教育概論Ⅱ、日本語教育実習Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ、日本語教育事情
    【大学院】
    (修士)日本語文献講読、日本語文章表現法
  • 福田 倫子

    専門領域
    日本語教育
    専門分野
    第二言語習得、心理言語学
    授業担当科目
    【別科】
    総合日本語Ⅱ
    【学部】
    言語と心理Ⅰ・Ⅱ、日本語教育事情、日本語教育実践Ⅰ・Ⅱ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、日本語教育実習Ⅰ
    【大学院】
    (修士)心理言語学特論、研究指導Ⅰ・Ⅱ
    (博士後期)日本語教育学特殊研究Ⅱ、言語文化研究特別演習Ⅰ
  • 荒井 智子

    専門領域
    日本語教育
    専門分野
    第二言語習得、協働学習、作文
    授業担当科目
    【別科】
    精読Ⅰ
    【学部】
    日本語教育学Ⅲ・Ⅳ、日本語教育実践Ⅰ・Ⅱ、日本語教育事情、卒業研究Ⅰ・Ⅱ
    【大学院】
    (修士)コミュニケーション特論、言語情報処理特論、研究指導Ⅰ・Ⅱ

※2022年度現在

Q&Aabout the studies

I am unsure of my Japanese language proficiency.
There is no reason to worry because we divide students into classes according to level of proficiency. The first step is to learn the Japanese language skills you will need for your application.
Is it possible to take classes together with Japanese undergraduates at Bunkyo University?
Some classes at the Foreign Student Department are joint classes with Japanese undergraduates.