臨床心理学の基礎を身につける科目

●2年次
臨床心理面接・検査法
適切な援助のために用いられる心理学的理論・技法体系として、基本的な理解を修得。面接法では、ロール・プレイを通して面接法の基本的な技術を習得します。また、検査法では、ロールシャッハ・テストなど代表的な検査法を取り上げ、随時課題を織り込みながらその役割、目的、限界などを解説します。
心理学実験
心理学における科学的な方法の中で最も重要な実験的研究法を学習。自ら基礎的な心理実験および調査を体験し、データ収集・処理、さらには推計学的検定、レポート作成などを実施することで心理学への理解を深めます。

●3年次
人間科学演習I・II
2年次までの学習をふまえて学生が主体的に研究テーマを考え、課題に取り組んでレポートを作成。人間科学演習Iはグループ研究で基礎的技法の修得を目指し、人間科学演習IIでは個人別にテーマを決定。いずれもクラス内で発表します。



臨床心理学の専門に関する科目

●1年次
人格心理学
人格や性格の定義、人格心理学の歴史や諸理論を解説した上で、心理学全領域における人格心理学の位置づけを考察。受講生各自の個性や認知の仕方を自覚し、考えることの重要性を再認識させる進め方で授業を行います。

●2年次
異常心理学
臨床心理学の基礎の一つ。異常行動や個人的苦悩などの精神疾患を理解することは、臨床心理学を学ぶ者にとって必要不可欠。情緒的・行動的障害など時代の病理を反映するものを選定し、多くの事例とともに解説します。
青年期の臨床心理
さまざまな発達課題を乗り越え、心理的問題を起こしやすいとされる青年期。時代や文化の影響を受けながら、様相を変えてきているなか、この時期に現れることが多い異常心理や臨床心理学的援助の方法について検討します。

●3年次
精神分析
人のこころや病気を無意識の観点から理解しようとする精神分析。この広大な体系を、創始者フロイトを始め重要人物をピックアップし、その人となりを紹介しながら、なぜこのような理論が生まれていったのかを解説します。
認知・行動療法
学習理論の考え方に基づいた心理療法で、認知行動療法など、意識や認知の役割を組み込んだアプローチを中心に学習。講義では、行動療法の最近の動向について解説し、その発展に向けたさまざまなアイデアを展開します。
産業カウンセリング
産業構造や人々を取り巻く環境の変化が、働く人々と家族に大きな影響を与えています。こうしたメンタルヘルスの問題について認識を深め、その対処法の理論と実際について学びながら、キャリア開発についても検討します。
学校カウンセリング
スクール・カウンセリングの理念に始まり、学校内の人間関係や家庭・学校・コミュニティにおける連携などの理論的基礎を学習。さらには、校内のさまざまな問題とカウンセリングとの関係をも考察し、展望を解説します。


その他の授業

神経心理査定

箱庭



臨床心理学を応用し、体験する科目

●3年次
臨床心理実習
臨床心理領域の諸理論および諸技法について、その基礎を学内実習で習得。観察実習となる学外実習では社会人としてのルールのもと、学内で得た知識と臨床現場での実際の統合的な理解を促し、実践にあたっての予備的訓練を行います。学外実習で選ぶことのできる実習施設は、精神病院、心療内科クリニック、総合病院、ホスピス、デイケア施設、児童相談所、適応指導教室、教育センター、児童養護施設、開業心理相談室など様々です。

●4年次
卒業研究
3年次までの学習をふまえ、総仕上げとして学生が主体的に研究テーマを考え、課題に取り組み卒業研究を行います。関心のあるテーマに基づき指導教員を選びますが、臨床心理学科の教員ではなく人間科学部全体から指導教員を選ぶこともできます。そのため、幅広いテーマに対応することができます。
Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.