臨床心理学について

  • 臨床心理学とはどのような学問ですか?
    臨床心理学は、私たちの生活と社会で生じている心の諸問題のメカニズムを解きあかし、実践的な解決策を検討する学問です。

  • 臨床心理学科との心理学科の違いはなんですか?
    心理学科では、主に人間のしくみについて学び、その知識をベースにして、よりよい人間の生活を目指します。臨床心理学科では、人間のしくみはもちろん、人が、どのようなプロセスでバランスを崩すのか、そこからバランスを取り戻すにはどうしたらよいのか、バランスを崩さないためにはどのような生活が役に立つのか、人の癒し、成長を促進するためにはどうしたらよいのかということを学びます。まとめると、ケアすることを学ぶのが、臨床心理学科ということができるでしょう。

  • 精神科医と臨床心理士とでは、こころの病を抱えた人に対して、アプローチの仕方はどう違うのですか?
    精神科医も臨床心理士も、悩みを抱えている人を援助する仕事であり、両者が協力することも多いのですが、アプローチの仕方は大きく異なります。精神科医の場合、現れている症状の背後に脳の病気があることを想定し、画像診断や血液検査などを重視し、治療も薬物療法が中心となります。臨床心理士の場合、診断や治療にあたっては対話を何より重視し、心理検査を活用することもあります。悩める人そのものと深く関わっていくのが臨床心理士の立場であると言えるでしょう。
  • 認知症や統合失調症など、脳の病気とされるものに対して臨床心理学は役に立たないのでしょうか?
    役に立たないということはありません。臨床心理学は悩みを抱える人に寄り添う技術を教えてくれるものです。また、病気は患者さん本人だけでなく、家族にとっても負担の大きいものです。臨床心理学は、家族を支える視点や技法を提供してくれます。質問にあるような病気で精神科医から治療を受けながら、本人や家族がそれとは別に臨床心理士からカウンセリングを受けている方もいます。
  • 犯罪心理学に興味があるのですが、臨床心理学科と人間科学部の他の学科とどちらで勉強するのがいいですか?
    犯罪が起きた、社会的背景や、犯罪を起こす基本的な人間のしくみを学ぶには、人間科学科の現代文化コースや、心理学科がよいでしょう。しかし、犯罪者自身の心理、犯罪にいたる具体的な心理的プロセス、被害者の支援、犯罪者の更生、犯罪者にどう接したらよいのかを学ぶには、臨床心理学科がふさわしいでしょう。臨床心理学科では、犯罪者や非行少年の診断や処遇・治療に従事してきた経験豊かな先生が、実務に即し、アップデートな話題を交えながら教えてくれますし、犯罪心理学のほかに、犯罪や非行を理解したり、犯罪者や非行少年を教育するために必要な授業もたくさん用意されています。最近、話題になっているストーカーやDV(家庭内暴力)の被害者の心理を扱う「被害者の心理」の授業もその一つで、多方面から学ぶことができます。


  • 臨床心理士やカウンセラーについて

  • カウンセラーになるために、どんな勉強が必要ですか?
    ひろく心理学について学ぶことがまず基本です。それから、社会や文化のこと、教育のことについて学ぶことも必要でしょう。人の心の知識をもち、人と関わることを専門にし、社会で生きる人間を理解することが必要になります。それらに役立つ勉強は、なんでもしてみようという好奇心があるとよいでしょう。

  • カウンセラーに適した性格はありますか、どんな人がカウンセラーに向いていますか?
    以下のような人がカウンセラーに向いているといえるでしょう。
    ・人間に興味があること
    ・相手に意見を押し付けないこと
    ・自分自身を見つめることができること
    ・自分が話すよりも、人の話を聴くことが大切だと思えること

  • スクールカウンセラーになるためには大学院進学が必要ですか?
    現在、スクールカウンセラーになるためには、「臨床心理士」の資格を持っていることが、条件になることが多いのです。「臨床心理士」の資格を受験するためには、大学院を卒業する必要があります。また、指定された大学院を出ることが必要になっており、文教大学大学院は、資格取得に有利な、1種指定校に指定されています。


  • 卒業後の進路について

  • 臨床心理学を活かした職場には、どんなところがあるのですか?
    スクールカウンセラー、教育相談所、病院などの医療機関、企業の社員相談室、などがあげられます。これらの職場では、多くの場合「臨床心理士」という資格が必要とされます。「臨床心理士」の資格を取得するためには、認定された大学院修士課程を卒業し、認定試験に合格する必要があります。

  • 臨床心理学科から大学院に進学し、臨床心理士になった場合に、どんな仕事に就けますか?
    臨床心理学の専門家としてたくさんの仕事が用意されていますよ。ほんの一例ですが、市や区の教育相談所の教育相談員、発達支援教育指導員、不登校児童・生徒の指導員、家庭児童指導員など、精神病院や精神科クリニックのカウンセラー、心理療法士、デイケア指導員など、労災病院のメンタルヘルス・チェック専門スタッフ、一般企業の産業カウンセラーなどなど盛りだくさんです。このほか、国家公務員試験Ⅰ種(行動科学Ⅰ)に合格しますと、厚生労働省の職業安定の仕事や法務省の少年鑑別の仕事など、都道府県・特別市の採用試験(心理職)に合格しますと、心理判定、児童相談の仕事、家庭裁判所調査官補試験に合格しますと、少年調査、家事調査の仕事に、それぞれ就くことができます。

  • 先生になりたいのですが、臨床心理学科で学ぶ意味・意義はありますか?
    先生にとって大切な、よりよい人間関係、人がどのように成長していくか、どのように関わると、人を援助できるのかということを学ぶことができます。先生として、生徒に接したり、生徒の成長を手助けするために、とても役に立つといえるでしょう。

  • 大学院に進学しなくても臨床心理学を活かした職業はありますか?
    また、企業に就職したいのですが、臨床心理学を学ぶ意味・意義はありますか?

    臨床心理学は、人がよりよく生きるためにはどうしたらいいか、人のこころは、どんなふうにバランスを崩し、どういうことでバランスを取り戻すのか、人が快適に感じるような対人関係はどういうものか、ということを学びます。ですから、人と関わる仕事ならば、どのような仕事でも学んだことをいかせると思います。特に、サービス業、教育産業、人材派遣業、などがよいでしょう。人と接する業種、営業や、窓口、お客様対応なども、よいでしょう。


  • 大学院への進学について

  • 臨床心理学科を卒業後、何名ぐらい大学院に合格・進学していますか?
    また、進学後、「臨床心理士資格」は取得できますか?

    2014年度の卒業生進路調査において、臨床心理学科の大学院進学者が過去最高の27名となりました。こちらは臨床心理学科の卒業生123名に対して約21%にあたり、大学院に進学した学生の大半は、大学院修了後に臨床心理士となり、心理専門職として活躍します。
    文教大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻の修了生は、臨床心理士資格試験に約95%(全国平均合格率約60%)が合格しており、 大学院進学率と臨床心理士資格の合格率共に、日本でもトップクラスの臨床心理士養成学科として、大学院進学から臨床心理士資格を得るまでの道筋を確立しています。
    文教大学大学院臨床心理学専攻は、資格取得に有利な、1種指定校に指定されています。

  • 大学院に進学するために役立つような勉強が臨床心理学科でできるのですか?
    できます。ひろく、心理学の知識と、英語の学習が、大学院進学には必要です。これらの学習が効率よくできるようなカリキュラムを、臨床心理学科では提供しています。


  • 入試について

  • AO入試は実施していますか?
    AO入試は実施していません。臨床心理学科では、一般推薦入試・指定校推薦入試・センター入試・地区入試・A日程入試・B日程入試など、様々な入試の方法がありますので、自分にあった方法で受験してください。

  • 地区入試とA日程入試の違いは何ですか?
    最大の違いは、受験会場の違いです。A日程入試は文教大学で試験を行いますが、地区入試は近くの会場を選んで受験することができます。

  • オープンキャンパスについて教えてください。
    文教大学の雰囲気を知るためには、オープンキャンパスを利用することが効果的です。越谷キャンパスでは、年間4回程度のオープンキャンパスを実施しており、授業内容や入試について臨床心理学科の教員から直接話を聞くことができます。また、模擬授業も受けることができます。ぜひ、お出かけください。
Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.