データベースの使い方

データベースの利用条件

データベースリストには、大学で契約しているものと、無料で利用できるものがあります。リストのデータベース名にマウスカーソルをのせると、そのデータベースについての紹介や利用条件を見ることができます。

同時利用人数

データベースには、同時に利用することができる人数が制限されているものがあります。この人数は全キャンパスでの人数なので、自分の利用が終わったらすみやかにデータベースの「ログアウト」「終了」などをしてください。

学外からの接続(SSL-VPN)

大学で契約しているデータベースは、通常は学外のインターネット接続からは利用することができません。
「便利ツール・リンク」→「学外から使う」を選択し、学内のネットワークIDとパスワードを入力すれば、自宅等からでもこれらのデータベースを使用することができます。
ただし、契約上、学外からの接続が認められていないデータベースもあります。これらは大学構内で利用してください。

学内無線LANからの接続

学内で私物のパソコンやタブレット等を使用する際、大学の無線LANに接続すれば、SSL-VPNへの接続をしなくてもデータベースを利用できます。

アカウント登録できるデータベース

データベースの中には、そのデータベースをより便利に使うことができる個人用アカウントが登録できるものがあります。
アカウントを登録すれば、大学ネットワークに接続しなくても自分のアカウントで学外からすぐに使用できたり、登録したキーワードに該当した新着文献情報をメールで通知を受けられるなど便利な機能が使えます。

データベース学外接続・こんなときは

知っていると便利なツール

文教Link

文教Linkは、データベースの検索結果(論文の情報)から本文に誘導するための探索補助システムです。

文教Searchは、OPACCiNii Articlesをはじめ、大学で利用できるいくつかのデータベースをまとめて検索できるサービスです。