2017年11月21日

 11月12日(日)、「コミュニティイベント論」(担当:二宮雅也准教授)の受講生と二宮ゼミナールの有志、総勢97名が「第三回さいたま国際マラソン」のボランティアに参加しました。

 東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会でもあるということもあり、沿道にはたくさんの観客が詰めかけました。こちらのマラソンコースは文教大学越谷校舎の近くに折り返し地点が設定されており、そのような環境のなかで、学生達は給水・給食やコース整理の活動を行い、参加したランナーを支えました。また、活動をしながら大きな声でランナーに声援を送りました。


Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.