2019年4月29日
人間科学科の小林展代さん(宮田ゼミ4年)が、2019年4月27-28日に大阪府堺市で開催された、【全日本パワーリフティング選手権大会】において、女子57㎏級で準優勝、ジュニア女子57㎏級で優勝しました!!

本試合は、3種目(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)の合計記録による個人戦です。
小林さんは、自身が昨年樹立した女子57㎏級スクワット日本記録176.5㎏を超える180.0㎏に挑戦し、見事成功!また、3種目の合計重量(トータル)でも、ジュニア日本記録として自身が昨年樹立した426.5㎏を超える430.0㎏を出し、ともに日本記録を更新するという快挙を成し遂げています。

小林さんは試合直後にもかかわらず「5月に千葉県成田市で行われる【世界ベンチプレス選手権大会】に向けてまた頑張ります!」と笑顔で意欲を示してくれました。
頼もしい限りですね。

広報委員会では今後も引き続き、小林さんの世界へのチャレンジの様子をお伝えしていきたいと思います。
皆さんもぜひ楽しみにしていてください!

  • "/
  • "/
  • "/
  • "</a
Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.