教育内容

BUNKYOのほとんどはBENKYOでできている。

 

中学校の学習(カリキュラム、クラス編成、シラバス)

中学時代は「基礎基本の充実」と「先取り学習」をより明確に打ち出した、
戦略的な6カ年指導の前半3年間です。

カリキュラム

中学校・高等学校の6カ年で何をどう学ぶかは、自分を成長させる上で重要な要素です。
本校の週35時間(単位)授業は、すべての生徒の学力を向上させ、6年後に目標を達成するために必要な学力を養成します。

カリキュラムを見る >

クラス編成

中学1年次は入学試験の結果を基に学力がほぼ均等になるように編成。
3年進級の際に、中学2年次の学力を総合的に勘案し、ハイレベルとスタンダード2つのクラスに再編成します。

6ヵ年シラバス

6カ年指導の前半3年にあたり、基礎となる学習を充実させ、先取り学習することで、高校での発展・応用力の向上を図ります。

6ヵ年シラバスを見る >

習熟度別授業

数学・英語では習熟度別の授業を行っています。
得意な生徒には応用力がつくような演習問題を、苦手な生徒には少人数できめ細かい指導を行うことで早い段階でフォローしています。

教科横断型授業の実践

全学年で「総合的な学習の時間」を設置しています。クラスや教科の枠を超えたユニークな授業で、生徒も生き生きと取り組んでいます。
昨年度は「百人一首研究」「写真を通して自分を知ろう」「アイドル進化論」などの講座を展開しました。