大学時代を充実させよう!

大学卒業者のうち最も多い就職先は民間企業。民間企業と一口に言っても会社により、業種によりその仕事内容はさまざまです。ほんの一部ですが先輩からのメッセージです。

畠澤 敬子

経営と情報を学んだことで、
社会に踏み出す自信が生まれた

(株)小松製作所

畠澤 敬子

2012年3月志村ゼミ卒業

高校生のときに事務のアルバイトをしていたのですが、パソコンと会計の知識がなかったためになかなか上手く仕事ができなくて。2つのスキルの重要性を知って、大学では「管理会計」と「パソコン」の両方を学びたいと思うようになりました。大学に入ってからは簿記やビジネス会計の資格にも挑戦。ファイナンシャル・プランナーの勉強も行いました。経営情報学科は会計や金融だけでなく、情報技術についても学べるので興味がどんどん広がっていきました。

最初はワードやエクセルのスキルを身につけたいと思っていたのですが、次第にインターネットがどういう仕組みで成り立っているのかなどの専門的な知識も自分から勉強するようになっていったんです。幅広い分野の知識、そして社会に役立つスキルや資格を学んだことで、企業のなかでプロとして活躍する自信も生まれました。

就職活動では、人事の方にも経営と情報の両方の知識を持っていることが高く評価されて。取得した資格についてもたくさんの質問を受けました。経営情報学科の授業には、実践的で社会に役立つ内容のものが多い。ここでの学びは、私の大きな財産になりました。

塚田 悠太

問題解決・政策立案コンテストに挑戦しました

(株)日本郵便輸送

塚田 悠太

2016年3月根本ゼミ卒業

2013年「神奈川産学チャレンジプログラム」で最優秀賞を頂戴し、2014年には茅ヶ崎市主催『未来茅ヶ崎市』政策コンテストで最優秀賞に選んで頂きました。2つのコンテストで最優秀賞を受賞できたことは、とても嬉しく、また大きな自信を得ることができました。ゼミは「オペレーションズ・リサーチ」という分野で、世の中に存在する様々な問題・課題を工学的に解くための基礎を学んでいます。そのため、今まで勉強してきたことを実践で試すため、さらにもっと伸ばすために2つのコンテストに参加しました。『未来茅ヶ崎市』政策コンテストの課題は、30年後の茅ヶ崎市を想像し、市長になったつもりで政策を立案することでした。私は今21歳です。30年後というと生きてきた人生より長い期間のことになるのでなかなか想像しにくく最初は抵抗がありましたが、『つなげ、茅ヶ崎』というビジョンの下「駅と街をつなぐ」、「人と人をつなぐ」、「今と未来をつなぐ」の3つの観点から具体的な政策を提案しました。このコンテストでは、全く知らない他の個人応募の方とのグループ活動だったので、スカイプを使って意見をまとめるなど大変ながらも貴重な体験をすることができました。また、コンテストを通して、政策を提案する難しさや実際に市民の方に納得してもらうプレゼンテーションの重要性を学びました。今後は政策を人任せにするのではなく、自ら興味を持って選挙などに参加することで意思表示をしていこうと思っています。さらに、情報を要約する力や相手に伝える力をもっと伸ばしていきたいと考えています。

吉野 勝

常に目的意識を持とう

(株)島忠

吉野 勝

2014年3月金ゼミ卒業

私は吹奏楽部活動などをとおし良き友人に恵まれ、充実した大学生活を過ごすことができました。吹奏楽部ではサックスを担当し、3年次にはパート・リーダーを務めました。定期演奏会の直前はほぼ毎日練習があるハードなサークル活動でしたが、吹奏楽コンクール東関東大会に2回出場するなど努力が報われ、仲間とともに大きな達成感を味わうことができました。

大学4年間で最も大きな出来事は、やはり東日本大震災です。自動車学校を卒業し運転免許証を手にした日に大震災にあい、2時間歩いて自宅に帰りました。その後の一連の様々な出来事をとおし、今まで自分が親に甘えて何もしてこなかったことを強く自覚し反省しました。そこで、「これからは少しでも自立したい」と思い、その年の夏からホームセンターでアルバイトを始めました。

大学ではマーケティングのゼミに所属し、ゼミ活動の一環として文化際でチヂミを販売しました。自分達で予算やメニューを決め、客層や売れ筋商品のチェック等を行いながらの販売活動を通し、今まで学んできた理論を肌感覚で理解することができました。さらにホームセンターのアルルバイトで経験した仕入・販売・接客は、難しさとともに人と接する楽しさを学ぶことができました。このアルバイトがきっかけで小売業への就職を強く意識するようになり、ホームセンター業界に的を絞った就職活動を行いました。その結果、東京証券取引所一部上場の数社から内定を頂くことができました。就職活動は「早くから準備をすること」が大切です。業界研究や就職試験(SPI)対策など早く着手することをお勧めします。4年間は長いようで短いものです。なにごとにたいしても常に目的意識を持つことを心がけ、自分の進むべき道をじっくり考えてください。そして、余裕をもって希望通りの道へ進めるよう頑張ってください。

松澤 大介

金融で地元企業を支えたい

(株)北越銀行

松澤 大介

2013年3月石田ゼミ卒業

文教大学では、“簿記”という分野を学んだことで、入学前にやりたいことがなかった私に自分の進みたい道が見つかりました。簿記を学んだことが、会計学、経営学に興味を持つきっかけになりました。その後、日商簿記3級、2級を取得し、ゼミナールで企業会計基準について学び、会計の側面から経営に関わる職に就きたいという思いが強くなりました。多くの企業の経営に関われる金融機関への就職を目指し、3年生からは金融について学び、業界についての知識を深めました。多くの先生方やキャリア支援課の方などの支えもあり就職活動も順調に進むことができました。その結果、地元新潟の銀行から内定を頂くことができました。このことから人との縁の大切さを知ることができ、何気ない出会いが意外なところで役に立つことを教えられました。多くの人に支えられ私もスタートラインに立つことができました。これからは私が地元新潟の企業を支えることができる存在になれるよう全力を尽くしたいです。

高橋 茉凡

「何でも挑戦する」気持ちを大切に

(株)秋田銀行

高橋 茉凡

2013年3月鈴木ゼミ卒業

大学生活を通して「何でも挑戦する」という目標を立てていました。一つの例は「語学留学」です。私は、大学で語学に触れる機会が少なく苦手意識が強く残っていたので、これを克服するために語学留学に行きました。一人で海外に挑むことは、不安が絶えませんでしたが、実際に留学先で生の英語に触れると、テキストの英語との違いに気づかされました。次第に友人ができ、自分の想いが伝わると英語が自分のものとして受け止められ、苦手意識を克服することができました。

私は、4月から銀行員として働きます。はじめは、関東で自分の力を試したいという気持ちが強かったので、地元に帰って就職することに抵抗がありました。しかし、大学進学をサポートしてくれた両親や地元の方々を社会人としてサポートしたいという思いからUターン就職を決断しました。社会人として地域の方々をサポートするとともに、銀行員としての責任感を持ち、今後も「何でも挑戦する」気持ちを大切に歩んでいきたいと思っています。

中根 大貴

大学の学びで世界が変わりました

TIS(株)

中根 大貴

2015年3月根本ゼミ卒業

私は大学で「オペレーションズ・リサーチ(OR)」と出会い、世界が変わりました。あまり勉強が好きでなかったタイプの私が、この学問を通し学ぶことの楽しさ・面白さを実感しました。ORは問題解決を支援する学問です。世の中の諸問題を数理的に捉え、適切な手法を適用し解決策を提案していくものです。私はこのORを学ぶ根本研究室に所属しました。3年時には課題解決型ビジネスコンテストに挑戦し、物流会社の営業所の配置を数理的に見直し最適な配置を導出し提案しました。この提案はプレゼンや論文が高く評価され、最優秀賞を受賞することができました。また4年時には選挙において地域のつながりに着目した投票区割の導出法と評価法をテーマにした卒業論文を完成させました。私はこうした実務的な研究に取り組みながら問題解決の魅力や面白さを感じとることができました。その延長線上で、広く社会にソリューションを提案提供するIT業界への就職を決意しました。文教大学には多くの学問が準備されています。ぜひその中から自分の興味のある学問を見つけ出し、学ぶことの楽しさを感じてください。経営学部は「人間尊重の経営」を目指しています。そのためには多くの知識や考え方が必要です。大学4年間というのは長いようであっという間です。自分の狭い世界に引きこもらず、アンテナを高く張り外に目を向けて、多くの価値観を共有してください。

平山 友梨香

組織や人に合ったシステムを作りたい

(株)AGS

平山 友梨香

2013年3月根本ゼミ卒業

大学卒業後に就職する際には、企業経営とIT技術は切り離せないものとなっていると考え、高校生のときからITと経営を学びたいと思っていました。そのため大学ではITに関する講義を中心に経営について学びました。数多く受けた講義の中でオペレーションズ・リサーチという技法が、幅広く私たちの生活の見えないところに浸透していると知って興味を持ち、関連している講義を多く受け3年次にオペレーションズ・リサーチに関するゼミを選択しました。進路を考える上で、モノづくりがしたいという強い思いがあり、Webサイト制作などをしている企業に3年次に約6ヶ月間のインターンシップを行うなどして卒業後の進路について深く考えました。インターンシップの体験から、利用者はITでこんなことがしたいという思いがあっても、具体的・技術的にどうしたらいいのか分からないのではないか、ならば私がそれを実現できるモノを作っていきたいと思い、システムエンジニアという職業を選びました。今後はただシステムを作るだけでなく、組織や人に合ったシステムを提案して作れるようになりたいと考えています。そのため常に勉強し続け、深い知識を得ていきたいと考えています。

細野 涼太

今までに無い発見や出会いを大切に

(株)ゆうちょ銀行

細野 涼太

2014年3月鈴木ゼミ卒業

文教大学で経営とファイナンスについて学んだことで私のやりたいことが決まりました。

学んでいく中で銀行が世の中の余っている資金を預金として集め、それを資金需要のある企業などに貸し出すことで経済活動を活性化させるという重要な役割をしていることを知りました。そこから金融業界で働きたいという思いが強くなり、金融業界を目指しました。ゆうちょ銀行を志望すると決めた理由は、私の就職活動でのポイントである「自己成長できるかどうか」「経営が安定しているかどうか」という点にあてはまっていたからです。また、福利厚生がしっかりとしており仕事とプライベートが一緒にならず、オンとオフの切り替えができると思い就職を志すことにしました。

入行後はお客様に「ゆうちょ銀行」だから利用していただくのではなく、「ゆうちょ銀行の細野さんがいる」から利用したいと思って頂ける接客をしていきたいと考えています。そのためにコミュニケーション能力に磨きをかけるとともに、金融に関する多くの知識を身に付けていきたいと考えています。

大学はただ勉強をするだけの場ではありません。今までに無い発見や出会いがあります。大学生活を充実させ楽しんでください。

赤穂 拓弥

将来の軸を意識しよう

(株)筑波銀行

赤穂 拓弥

2014年3月鈴木ゼミ卒業

私は、文教大学で「簿記」に一番力を入れ、日商簿記3級を取得し、金融ゼミナールに入りました。簿記を学ぶにつれて、企業を「もっと知りたい」という気持ちが強くなり、入学当初から思っていた金融機関に就職先の的を絞りました。

地元(茨城県)への就職にこだわり就職活動をしていましたが、将来、お客様とどのように向かい合う存在になりたいかをはっきりと意識することができなかったため、何か釈然としない状態が続きました。しかし、キャリア支援課やゼミの先生に相談することによって、将来の軸がはっきり意識できるようになりました。その後、いくつかの企業への訪問や応募を通して、次第に自分の希望に向かって進んでいるという実感を得ることができるようになりました。このような経験を生かすことができたからこそ、地元茨城の銀行から内定を頂けたと思っています。

企業はたくさんありますが、就職はひとつの企業にしかできません。しかし、就職活動では少しでも興味のある企業に一度は足を運んでみてください。そうすることによって、次第に自分が将来どのような道に進むべきかが実感できるようになると思います。就職活動は人生に関わる大事なことです。悔いのないように全力で頑張ってください。

佐藤 沙耶佳

福島の復興と発展に貢献したい

(株)東邦銀行

佐藤 沙耶佳

2014年3月鈴木ゼミ卒業

私は、体育会バレーボール部に所属し主将を務めました。練習内容などのプレー面から合宿やOB会の日程調整などの仕事を自分たちで行う中で論理的思考力や行動力を身につけることできました。日々の練習やチームをまとめることはつらいことも多々ありましたが、試合に勝ったときの喜びは極めて大きなものでした。また、部員同士が同じ目標に向かって切磋琢磨することで一生の仲間を得ることができました。

私は将来の夢を見つけるために、苦手な分野や他学科の講義にも積極的に取り組んできました。様々な講義を受け、次第に金融業界に興味があることに気づくことができました。さらに、私が2年生の時、東日本大震災が起き、この時改めて家族や故郷の大切さを実感しました。そこで、地元である福島県の復興と発展に携わりたいと考え、多くの人を支えることができる銀行員を目指そうと思いました。

目標をかなえるために大学3年生時からはゼミナールで金融論を学び、より専門的な知識を身につけ就職活動に臨みました。「育ててくれた故郷に恩返しをする」という大きな夢を叶えるために銀行員として福島県の経済発展に貢献していきたいと思います。

文教大学は親切な先生や志の高い学生、静かなキャンパスなど素晴らしい環境が整っています。社会で活躍するために多くの夢をみつけ、有意義な4年間を送って下さい。

阿部 真也

フィールドワークによる気づきを大切に

(株)横浜新都市センター

阿部 真也

2016年3月梅村ゼミ卒業

私は卒業後、横浜駅東口のショッピングセンターや商業ビルを管理・運営し、横浜の街づくりの一翼を担う企業に就職することになりました。

私が、進路を決めたきっかけは3年次のゼミでした。地域活性化や公共経営について研究する梅村ゼミを選択しました。ゼミでは、教室で行われる輪読などの学習と共にフィールドワークを重視していました。例えば、長野県伊那市での夏季合宿では、JA直売所のリニューアル案をグループワーク・政策提案、茅ヶ崎市の政策コンテストへの参加、他大学との合同研究、工場視察、経営者の講演など大変多忙なゼミ活動でしたが、主体的に行動することの面白さを発見しました。特に、研究を進めていく中で商業施設の衰退はまちの衰退に繋がるということが分かり、商業施設の管理・運営を通して地域を盛り上げたいという想いが芽生え、現在の就職先を探すきっかけとなりました。これからも、大学で培ったフィールドワークの手法で、お客様の声・商店の声・まちの声を聞き、もっと多くの方に訪れていただけるまちとなるよう努力していく覚悟でいます。

私は文教大学で人に恵まれ素晴らしい4年間を過ごしました。良き友、導いてくれる先輩、慕ってくれる後輩、尊敬すべき師、たくさんのご縁がありました。後輩の皆さん、一生付き合える仲間と一生忘れられない経験を是非して欲しいと思います。