文教大学大学院 人間科学研究科

3月16日(金)に2018年度修了式が挙行されました。
人間科学専攻修士課程3名、臨床心理学専攻修士課程19名、計22名の院生が所定の課程を修了し、学位記が授与されました。
また、人間科学研究科修士課程論文コンテストの表彰式も行われ、修了者の部において最優秀賞の受賞者に賞状と賞金が
贈呈されました。
修了された皆様のますますのご活躍を祈念いたします。このたびは、誠におめでとうございます。



2月23日(土)に、2019年度 臨床心理学専攻ならびに人間科学専攻の修士課程第Ⅱ期入試が行われました。

人間科学研究科では、2月15日(金)に修士論文発表会を開催しました。
大学の内外から多くの方にお越しいただき、各自研究の成果を発表しました。



人間科学研究科では、10月31日に人間科学専攻3名、11月7日に臨床心理学専攻17名の修士課程1年生による、修士論文第一次中間報告会が行われました。

両専攻とも、自らが用意した抄録をもとに発表し、修士課程2年生および指導教員が参加して活発な意見交換の場を共有しました。



平成30(2018)年度 人間科学専攻修士課程第Ⅱ期入試問題を掲載しました。(詳細はこちら

平成30(2018)年度 臨床心理学専攻修士課程第Ⅰ期、第Ⅱ期入試問題を掲載しました。(詳細はこちら

9月15日(土)に、2019年度人間科学専攻修士課程第Ⅰ期入試が行われました。

9月8日(土)に、2019年度臨床心理学専攻修士課程第Ⅰ期入試が行われました。

人間科学研究科では、9月14日(金)越谷校舎13号館13401教室にて
人間科学部の大学院の教育・研究における国際交流プログラムの一環として、ゴールドスミスカレッジ ロンドン大学のクローディア・バーナード教授をお迎えし、特別セミナー「イギリス、多民族・多文化社会の中の子ども家庭福祉 Children and family welfare in a diverse society,UK」を開催しました。

クローディア・バーナード教授は、子ども・家庭福祉、ジェンダー、性的暴力、批判的人種理論、平等、社会正義などに関する教育・調査研究を行っていらっしゃいます。とくに、黒人の子どもの保護や親への支援について多くの著書がございます。

本セミナーでは、イギリスの子ども家庭福祉の概要、多文化家族の福祉的課題や支援、とくに黒人の子どもに対する文化にともなう虐待などについてお話をして頂きました。

教員や学生、クローディア・バーナード教授の間で活発な意見交換が行われ、本セミナー終了後でも質問やお話を伺いたい学生で溢れ、とても有意義な時間となりました。

人間科学研究科では、6月27日に修士課程2年生を対象として、修士論文第二次中間報告会が開催されました。臨床心理学専攻19名、人間科学専攻4名の大学院生が、あらかじめ準備した抄録をもとに発表し、修士課程1年生および指導教員が参加して、活発な意見交換が行われました。



Copyright(C) Bunkyo University Graduate School of Human Sciences. Allrights Reserved.