文教大学大学院 人間科学研究科

人間愛を軸とした真に実力を身に着けた臨床心理士の養成を目指しています

本専攻の特色

本専攻の特色は臨床心理学を幅広く学べることです。カウンセリング、精神分析、家族療法、認知行動療法、精神医学など、多様な領域の授業を選ぶことができます。授業のほとんどは専任教員が担当しています。臨床現場での経験豊富な教員が多く、その中に研究者として業績を重ねている教員がバランスよく配置されています。教員の臨床実践のフィールドは、医療、福祉、教育、地域、司法、産業など多岐にわたっています。これらの教員によって、心理学研究と臨床実践を統合した臨床心理士育成のために必要な教育が専門化レベルで実現されています。

教育・研究の内容

臨床心理学専攻は、有能な公認心理師・臨床心理士の育成を目指した教育を行っています。
良き臨床家になるためには、
①心理学・臨床心理学の知識をしっかりと身につけること、
②現場で臨床感覚を磨き、実践的に学ぶこと、
③研究を通して科学的・理論的思考方法を自分のものとし、客観的に物事を判断できるようになること、
の3点が欠かせないと考えます。本専攻ではこれらの実現に必要十分な授業を用意し、さまざまな実習を行い、研究指導にも力を入れています。

教育課程

本専攻の授業はほとんどが専任教員か本学とゆかりの深い非常勤講師によって担当されています。医療・教育・司法・産業・福祉領域における現場経験が豊富な教員も多く、研究者としての業績を重ねている教員がバランスよく配置されています。これらの教員によって、心理学研究と臨床実践を統合した、臨床心理士養成のために必要な教育が実現されています。
実習は学内の臨床相談研究所におけるケースの担当と、学外施設における実習があります。学外実習先が病院系を中心に豊富であることも本専攻の特徴です。きめこまやかなスーパーヴィジョンの体制も整っています。
研究指導は1年次の春から始まります。ゼミは1人の教員につき各学年2名以内の少人数制で行われています。研究は院生自らが計画・立案して進めますが、指導教員の指導を受けながら、必要に応じ他の教員からの助言も受けられます。専攻全体で院生の研究活動を支援する体制が取られています。
2018年度から公認心理師養成カリキュラムがスタートしており、所定の科目を履修すれば、臨床心理士および公認心理師の両方の受験資格を取得することが可能です。

修了要件

修了には、大学院に2年間在籍し、必修25単位を含む43単位以上を修得することが必要です。さらに、研究指導を受けたうえで修士論文を提出し、審査に合格することが求められています。

学位等

臨床心理学専攻修士課程を修了した者には、修士(心理学)の学位が授与されます。また、臨床心理士養成大学院の第1種指定校であることから、修了した年の(公財)日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士の受験資格が付与されます。また、2018年度から国家資格である公認心理師養成カリキュラムにも対応していることから、所定の科目を履修することで公認心理師の受験資格もあわせて取得することができます(但し、学部で所定の科目を履修していること)。
尚、本専攻修了生は、例年90%以上の高い臨床心理士合格率を出しています。

Copyright(C) Bunkyo University Graduate School of Human Sciences. Allrights Reserved.