主任

主任

北野マグダ・レーナ(Magda L. Kitano):国際学部

【自己紹介】

Originally from Boston, Massachusetts, I have lived in Japan since 1992. My field is English education (TESOL), and I have been writing ministry-approved English textbooks for over 20 years. Included are Hello There, New Horizon, and most recently, New Favorite English Expression. I joined Bunkyo University’s International Studies Faculty in 2012.
My current research is mainly in vocabulary. As Japanese children do not learn any kind of phonics through their mother tongue, they may be using different techniques to learn foreign words than students from alphabetic language backgrounds. In the worst case scenario, a preoccupation with learning the spelling of new words may interfere with a student’s concentration on the main aim of vocabulary learning – the meaning of the new word. Through experiments in word memorization, I hope to determine whether international research into word learning strategies can be applied to non-alphabetic cultures such as Japan.
With my background in textbook writing, a second area of research is comparative studies of foreign language textbooks around the world. English textbooks produced in Japan vary in several respects from norms found in foreign language textbooks, and I hope to identify those differences, determine their roots, and pinpoint the advantages and disadvantages of this unique approach to foreign language education.

 

主任

渡邊 美樹:健康栄養学部

【自己紹介】

東京生まれ。30年以上たって初めて他県へ。群馬県前橋市→神奈川県茅ヶ崎市と移り住み、2011年から藤沢市民。大学卒業後、病院栄養士を経て現職。

 

【職歴】

東京女子医科大学病院(本院常勤、青山病院非常勤)管理栄養士、2000年から本学女子短期大学部講師、2010年より現職。

 

【研究・社会活動】

食行動異常研究会partⅡ実行委員。大学在学中から関わっている摂食障害(拒食症・過食症などと呼ばれることも)の本研究会では、疾患に悩む当人だけでなく、そこに関わっているいろいろな立場の人達(家族、医師、カウンセラー、研究者など)と共に、この問題について考えている。
私生活では、食べ盛り・遊びたい盛りの子どもを育てつつ、実は自分自身が育てられている。運動不足と寝不足が解消できないことは「食(栄養)・運動・休養が健康の三本柱である」と学生に話している私にとって、いま一番の悩みである。

 

主任

幡鎌博:経営学部

【自己紹介】

2003年4月に文教大学情報学部に着任しました。以降、情報化戦略やeビジネスなどの科目を担当しています。eビジネスの科目については、テキストを作成し、約2年毎に改版していて、現在は第六版です。2014年には新設された経営学部に異動となり、ビジネスモデルや公共の情報化などの科目も担当するようになりました。その他、ITパスポート試験対策の科目や、「人間尊重と経営」(経営学部の理念である人間尊重に関して学ぶ科目)等を現在担当しています。
研究面では、サービス・流通・eビジネスに関して、ビジネスモデル・戦略・イノベーション・知的財産の面から研究をしております。事例や特許を収集・分析したり、モデル化するなどの研究をおこなっています。
プライベートや学会などで海外に行くことは多く、これまで欧州を中心に計25か国を訪れています。海外にいった際は、スーパーなどで売られている商品をチェックするようにしています。
また、教員になる前から親指シフトキーボードを愛用しております。テキストなどでまとまった文章を書く時には重宝しています。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.