教育・カリキュラムEducation

研究指導教員

研究指導教員一覧(50音順)

准教授 阿部 秀尚
データマイニング、知識工学
情報システムやロボットサービス、SNSの発展とともに、日々生成されるデータは益々増加しています。これらのデータの中から、組織活動や業務の改善に資する有用な情報を見出すデータマイニングの必要性は増大しています。
研究では、SNSなどのWebAPIから得られるデータ、ロボットや各種センサから得られるマルチモーダルデータを対象に、データマイニングや知識工学的手法の適用によって、専門家との知識共創が可能な情報システムの開発を行っていきます。
准教授 池辺 正典
Webマイニング、地域情報化、情報倫理
インターネット上における様々な情報を収集・分析することで、新たな知見を見い出すWebマイニングという方法での研究を行います。適用分野としては、地域の自治体における情報活用の枠組みであるオープンデータやSNSにおけるユーザ間のトラブルを未然に防ぐための情報倫理分野での技術活用のための研究を目指します。
教授 石田 晴美
公会計、行政評価、財務会計
利益獲得を目的としない公的部門においても、企業と同様に限られた資源を有効、効率的、経済的に用いることは必須である。また、存続・持続可能な財政状態を維持することも重要である。会計をマネジメント・ツールとして、さらに説明責任を果たすコミュニケーション・ツールとして利活用することが求められている。公的部門にいかなる会計基準および会計処理を採用・適用することが、公的説明責任を果たし有用な意思決定に資するかを研究する。
教授 石塚 浩
経営戦略、経営組織
企業における知識資本の役割について再検討し、知識資本の動的な形成プロセスを考察している。知識資本は経営戦略の差異化戦略の決め手と考えることができ、その形成には組織のあり方をどうするかが不可欠な課題である。戦略アプローチと組織アプローチの融合を企図している。
教授 石野 正彦
情報技術活用ビジネスモデル
IoTシステムによる経営システムの効率化や快適で安全・安心な情報社会の実現を目指して、IoTやAI、ウェアラブルセンサーなどの利活用のビジネスモデルを研究する。
教授 惠羅 博
グラフ理論、離散数学
コンピュータが問題の解析、解決の道具として用いられる時代になって、様々な社会システムでの問題に対するソリューションが離散数学のアイディアによって与えられるようになりました。そのようなアイディアを深く探求することを通じて、必要な数理的な概念の知識と理解、実際的問題に対する考察力や解決力を養っていきます。
教授 岡野 雅雄
コミュニケーション論、心理言語学、記号論
どのような「情報コンテンツ」でも、その形式と機能に着目しての分析が可能です。たとえば、記号・言語的特性に着目したり、どのような評価・印象を与えるかに焦点を当てることができます。このような観点から、記号論や言語学を基礎にしたアプローチにより、コミュニケーション効果の改善を目指した研究などの指導を行います。研究手段として、言語や記号のイメージ測定、コンピューターによる言語解析・モデル作成の方法についても、学生のテーマに応じて指導します。
教授 川合 康央
情報デザイン、メディア情報学
情報をデザインすることによって、社会の諸課題を解決するシステムやコンテンツの企画、開発、評価を行う。特にCG、CAD、GIS等の3次元情報、VR、AR、MR等の空間への展開、各種デバイスや身体センサ等を用いた入出力インタフェースを扱う。ゲームやスマートフォンアプリケーションなどの身近な情報システムから、都市、景観、災害など社会的なシミュレーションまでを対象とし、人間を中心とした魅力的なデザインについて考える。
教授 佐久間 勲
社会心理学
主要な研究テーマはステレオタイプです。調査および実験といった社会心理学の研究方法を用いて、ステレオタイプに関する基礎的、そして応用的研究を実施しています。基礎的な研究としては、ステレオタイプの維持・形成・変化の認知的メカニズムに関する研究を行っています。応用的研究としてはメディアがステレオタイプの形成・変化に及ぼす影響を行っています。
教授 佐野 昌己
CG、アニメーション、データベース、協業
情報機器の発達に伴う新しいメディアのけん引役や地域活性化の旗印としてアニメーションコンテンツに対する期待と需要は華々しいばかりです。しかし、制作の現場は華々しい印象と正反対の厳しい環境にあることも知られています。そこで、アニメーション制作を例にコンテンツ制作に有効な技術、ビジネス、国際協業などを研究します。
教授 志村 正
管理会計、原価計算
戦略実行のためのツールとしてのバランスト・スコアカード(BSC)をめぐる論題を中心に取り上げる。バランスト・スコアカードは、もともと、財務偏重の業績評価に対する反省として考え出された。非財務的指標とのバランスを考えた多元的な業績評価手法として考案されたものであった。近年は、さらに戦略マネジメントシステムとして、その役割が期待されている。さらに、ABCの簡略版、実用版として考案されたTDABC(時間主導活動基準原価計算)の構造理解や理論的考察を通して、その意義と有用性を解明することも研究テーマとして選定できる。こうした論点を中心として議論を展開する予定である。
教授 鈴木 誠
ファイナンス、投資、企業統治
ファイナンスに関する理論、システム、運用手法だけでなく、投資家の投資行動についても研究対象としている。主として、コーポレートファイナンスとコーポレートガバナンスの関係についての研究と年金運用に関する研究を行っている。前者については、経営者の経営インセンティブとキャッシュフローの関係についての考察、後者はマイナス金利下における年金資産運用の実態を調査した。また、近年のマイナス金利により銀行経営が困難さを増しており、信金・信組の経営環境についての研究も行う予定である。
教授 関 哲朗
プロジェクトマネジメント、ソフトウエア開発管理、品質マネジメント、信頼性データ解析
情報システムの不具合に起因する事故が広範に影響する重大な問題となっています。プロジェクトマネジメント(PM)は、このような問題の解決法の1つとして注目を集めています。種々の開発現場へのPM適用や関連する新規手法の提案、従来から研究がなされている品質マネジメントや信頼性データ解析等の考え方のプロジェクト成功の場への導入など、総合的な考察による開発現場の問題解決手法の提案を目指します。
教授 高田 哲雄
3Dコンテンツ開発
3DCG及び3D立体映像など3Dデジタル・コンテンツの可能性について探究することを中心においてはいるが、研究指導では他領域とのクロスオーバーも許容し、総合的視点からコンテンツ制作全体とメディア活用をめぐる課題に取り組むことを推奨している。またエンターテイメント領域やモバイルコンテンツ開発等新しい領域での研究テーマについても指導する。
教授 竹林 紀雄
映像メディア、放送、映像表現
4K、8Kといった超高精細映像の環境整備が進行しています。メディア環境ににおいて、作品ジャンルを問わず映像表現の可能性を分析し、超高精細映像が可能にする新たな映像表現の可能性を探る研究に取り組みます。また、映像作品の制作に取り組むことで、次世代の高画質技術として注目されているHDR(High Dynamic Range)等を活用し、新たに生み出されるであろう映像表現を展望します。
教授 根本 俊男
数理的問題解決法とその応用
社会における様々な課題を素材にし、問題発見から数理モデル化、解決案のより効率の良い導出方法、問題解決に向けての意思決定の支援手法の提案などの研究活動を展開する。その際に『最適』が鍵になることがあるが、この鍵を有効に扱う手法やその応用に関する独創的なアイディアを特に意識し議論する。
教授 幡鎌 博
経営情報学、情報戦略、知的財産
 「企業戦略やビジネスモデルと関連付けて情報システムの戦略を立案するための手法や方法論などを、事例分析やモデル化などを通して研究する。
特に、事業のコアとなるサービスにおいてITで競争優位を築いたり、ビッグデータや新技術を活用して新規事業へ展開したり、eビジネスやマルチチャネル販売においてITを活用してビジネスモデルを構築するための考え方や手法の確立が課題である。
なお、学生のテーマに応じて、知的財産やイノベーションの問題をからめた研究の指導も可能である。」
准教授 日吉 昭彦
マス・コミュニケーション論、メディア社会学
実証的な社会調査の方法を用いて、マス・コミュニケーション論、メディア及びメディア文化論、社会調査論の領域における研究を行っております。専門はメディアの「内容分析」の方法論の探求です。内容分析とは、マス・コミュニケーション研究における代表的な実証的方法の一つで、メディア・メッセージを統計調査にもとづいて科学的に研究するために用いる技法です。
教授 藤掛 正邦
デザイン発想、広告デザイン、編集デザイン
「デザイン発想」を鍛える。1「広告デザイン」はコピーと写真・イラストで構成されている。コピーライターとアートディレクターでアイデアを出す。広告の基本は、ワンビジュアルとワンコピー。2「編集デザイン」文字を読ませる設計が重要。いずれも、人を振り向かせメッセージを伝えるのが腕の見せ所。ビジュアルで、コピーで、一瞬に見る人の心をとらえなければならない。
教授 松原 康夫
コンピュータサイエンス、情報学
ゲームはこれまでコンピュータに関するあらゆる技術を取り込むことで発展してきたのであるが、さらに様々な技術をゲームに役立てることに関心がある。最近は日本語の文法を形式的に表現することで、ゲームにも応用できることを目指している。自然言語で表現された内容は何らかの意味表現に変換する必要があるが、そのためにセマンティックwebにおいて使われているRDFなどを利用することを考えている。
准教授 松本 修一
交通計画、高度道路交通システム
地域と交通の課題に情報システムや人間工学を組み合わせた交通システムに資する研究を行っています。地域には、それぞれの特性や社会システムとしてのハード的要素と共に、人間的要素、ソフト的要素が含まれるものであり、このようなアプローチでの研究活動は今後重要になってきます。上記のような問題意識のもと、主に以下のようなテーマに取り組んでいます。

  • 1. 人に優しい移動空間の創造
  • 2. サステイナブルな社会に向けた交通システムの施策評価
准教授 武藤 剛
ヒューマンインタフェース、福祉工学
発達心理学やリハビリテーション科学の領域では、人間の新たな
機能獲得(学習やリハビリ、発達など)には、模倣運動のような、身体動作を介した外部環境(他者)との適切なインタラクションや、コミュニケーションが必要であることが示唆されています。しかし、このような機能獲得を支援する技術の研究は、コミュニケーション支援やインタラクション支援といった人と人の関わりを支援する技術の研究とは異なる枠組みとして進められております。私は、双方を包括する研究の枠組み、すなわち、人と人の関わりを支援することを通して人間の機能獲得を支援するための技術の設計論に関する研究を行っております。