メディア業界で活躍する表現のプロフェッショナルを養成する

情報メディアの特徴及び社会における役割を理解した上で、情報の収集、判断、分析及びそれに基づいた企画と表現を統括的かつ創造的に運用できる人材を養成します。

出口イメージと結びついた1領域4分野

メディア表現学科

メディア表現領域

放送・映像表現分野
テレビ局や番組制作会社、アニメーションやCG、ゲームムービー制作会社など、映像表現に関わる就職先に加えて、各種コンテンツ産業などで活躍します。
出版・ジャーナリズム分野
知識や企画発想力、文章表現力、調査取材力、チームワークやコミュニケーション力を学び、編集職、印刷業、電子ブック企画制作会社への就職を目指します。
広告・デザイン・広報分野
企業ビジネスから生活者まで、幅広い領域を網羅した広告ビジネスに興味と情熱と問題意識を持ち、行動と解決ができるバランスの取れたリーダーを育成します。
社会学・社会調査分野
社会調査士の資格を取得して、広く一般企業での職につきながら、広告やマーケティング部門でのキャリアにつなげます。公務員や大学院への進学も選択肢の一つです。

メディア表現学科のココがポイント!

1. 知識とスキルをバランスよく学びメディア出身の教授陣と出会う

メディアやコミュニケーションに関する理論と、番組、雑誌、広告制作などメディア表現に関する技術をバランスよく学び、放送、出版、広告などのメディアや、Web、ソーシャルメディア、ICT企業で活躍できる人材を育成します。メディアの第一線で活躍した教授陣や、現場講師陣の授業を数多く開講します。

メディアやコミュニケーションに関する理論と、番組、雑誌、広告制作などメディア表現に関する技術をバランスよく学び、放送、出版、広告などのメディアや、Web、ソーシャルメディア、ICT企業で活躍できる人材を育成します。

2. オムニバス方式演習や少人数ゼミで、4年連続して育てる

1年春「基礎講習A-B」、1年秋「プレゼミナールA」、2年春「プレゼミナールB」、2年秋「プレゼミナールC」を設置し、4年間のすべての学期でゼミナール科目を必修としています。表現系科目担当者と理論系科目担当者による演習科目で表現力や情報分析力をバランスよく学びます。

1年春「基礎講習A-B」、1年秋「プレゼミナールA」、2年春「プレゼミナールB」、2年秋「プレゼミナールC」を設置し、4年間のすべての学期でゼミナール科目を必修としています。

3. TVスタジオ環境とサウンド制作、デザインの最先端設備が充実

本格的なTVスタジオと副調整室、ラジオ番組制作の音響スタジオ、演技・パフォーマンス演習やダンス表現演習のためのリハーサル室を完備。最先端のマルチメディアPC教室では雑誌やポスター、広告表現、アニメーション、3Dコンピューターグラフィックス、DTM音楽、DTPデザイン、写真撮影、CMの制作などが可能です。

本格的なTVスタジオと復調整室、ラジオ番組制作の音響スタジオ、演技・パフォーマンス演習やダンス表現演習のためのリハーサル室を完備。
ページトップへ