STUDENT LIFE

学生生活

教員紹介

国際理解学科 山田修嗣先生のご紹介

 

①大学教員になろうと思ったきっかけを教えてください。

―小学生のころから、研究という世界へのぼんやりとした憧れを持っていました。そして、高校2年生の時に社会学という学問があることを知り、学んでみたいと思いました。どこかの大学のパンフレットに、社会学は自由に色々な研究ができると書いてあったからです。社会学の本質などまったくわかりませんでしたが(あ、今なお本質などはつかめていませんけれど?!)、なぜかおもしろそうだと感じたのです。結局、その後も、ただ直感に頼りながら研究を続け、今にいたります。思いのほか、直感は大切だなと思います。

 

②研究内容と大学教育でのテーマを教えてください。

―企業、自治体、地域の人々の接点づくりについて研究しています。広い意味での「まちづくり」といえるかもしれません。文教大学湘南キャンパスがある茅ヶ崎市は、より良いまちをつくるために、市民と自治体が積極的にかかわりあう機会を提供しています。たとえば、「市民討議会」といった取り組みです。これは、さまざまな背景を持った人たちが参加し、意見交換を行う場です。私の研究室の学生も市役所の方々と一緒に企画に携わり、当日には会場で書記などを担当し、まとめの報告書執筆もお手伝いしています。このように、「現場」を体験することを通じて、多くの成長をすることができる、これが大学の学びのおもしろさだと思っています。

 

③国際学部に求めている学生について教えてください

―高校から大学へ進むと、学びの問いを自分で考えることが多くなります。高校までの基礎知識はたしかに大切ですが、むしろ、社会にたいする自身の関心をもとに考える場面が増えるはずです。ですから、自分の興味の幅をどんどん広げられる人は、4年間、楽しく勉強できるところだと思います。高校までは「教えられる側」だったみなさんも、大学では知識のやり取りが双方向に変化しますから、学生が教員に気づきを与えることも頻繁におこります。こういったスタイルを一緒に楽しめる人が、国際学部に来てくれることを願っています。

 

④最後に学生に向けてのメッセージをお願いします。

―社会や身の回りのことに興味を持つことが大事だと思います。自分ではないだれかとの接点、日常の些細なことがらでも良いでしょう。たとえば、友達との関係を思い返してみて下さい。不思議なことに、話さずともわかり合える人がいるでしょうし、自分とは全く違う考えを持っている人とも仲良くする機会があるはずです。なぜでしょうか? 国際学部では、こういったごく当たり前のことがらもヒントにして、話し合い、考えていく場所です。大学に入ったら、新しい自分になる挑戦をしたいと思っている人、国際学部ではそれが可能です。皆で一緒に、飛躍のためのチャレンジをしてみませんか。

国際観光学科 椎野信雄先生のご紹介

 

①大学教員になりたいと思った理由について教えてください。

―私が大学生のころは、就職協定はまだありましたが、就職活動の雰囲気が今と違って、大学での就職に対する取り組み具合も異なっていました。そうした時代背景と、卒業後に日本の会社・企業で働きたくないという自分の思いから、大学院に「入院」しました。「退院」後に大学に(研究職の)ポストがないのが当たり前の時代でした。大学の教員は、なりたいと言ってなれる職業ではなく、私自身、大学の教員になりたいと目指したわけではありません。結果として大学教員になれただけなのです。

 

②現在の研究、大学教育のテーマについて教えてください。

―専門領域は社会学です。その中でも近代社会以降に作られ、私たちが持っているあらゆる先入概念を当たり前だと思わずに、違う角度から物事を見ることに力を入れています。そうした視点から国家や性別、職業、教育、アートなどを研究しています。

大学教育に関して、ゼミでは主に現代社会で起こっている事象を捉えたドキュメンタリー映画を観たりして、ディスカッションをしています。そうすることで、今、世の中、世界、社会全体で何が起こっているのかを知り、ディスカッションを通じて、他の人の意見を聞き、自分の意見を持ち、それを発し、伝える力を養います。その際、ゼミ生の意見が先入概念に囚われている場合は私からその概念のアンラーンを勧めます。

 

③どういった学生を求めていますか。

―高校までの科目ごとの勉強を超えたことに興味を持つ学生に来てほしいです。今、皆さん高校生は学校から教えられる教科・科目(国語、算数、理科、社会、英語など)ごとの授業を受けていると思います。しかしながら、その学校型の教育では、科目と科目の間にある多くの答えのない問題について学ぶことができません。ですので、そうした科目間や科目の区分を超えた問題を発見して、自ら考えることに興味を持つ学生を求めています。

 

④最後に学生に向けてのメッセージをお願いします。

―現代社会は日本、海外問わず多くの問題を抱えています。そうした問題は往々にして正解のない場合が多いです。グローバル化が進んでいく中で、日本人が世界の問題の解決のために社会参加をしていくために、国際学部で答えのない問題に対して考える練習をしてほしいと思います。奥田孝晴・椎野信雄編『私たちの国際学の「学び」』新評論2015を読んでみませんか。

 

本日はどうもありがとうございました。

国際理解学科 林薫先生のご紹介

img_2185

 

今回は数々の国際協力機関でも活躍をし、国際協力といえばこの方!

笑顔とちょっとしたジョークが素敵な林先生にインタビューしてきました。

 

  1. Q:国際理解学科とはどのような学科ですか??

 

A:国際理解学科には二つの柱があります。

1つ目は「語学」

英語教師を目指す方にとっては、語学を使い素晴らしい先生のもとで学べるのでとてもいい環境だと思います。

2つ目は「国際協力」

高校生の時点では何をやりたいのかわからない。でも、何かを見つけたい。そんな方に国際理解学科はおすすめです。

 

👉地球社会のチェンジメーカー、社会を渡り歩いていけるような人材を育てます!!

 

  1. Q:ゼミナールではどのような活動を行っていますか?

 

A; いわゆる意識高い系を育てています(笑)

林ゼミでは国際社会(JICA,NGOなど)に出た時に必要な、計画づくりと評価の基礎能力を学んでいます。

漠然と、世界中の人をみんな幸せにしたいという思いだけでは何も解決することができません。そこにある現実を、問題として考えプログラムを作ることなど実践的なことを学び、想いを形にすることができます!!

 

  1. Q:先生のご趣味は何ですか?

 

A:旅・山歩き・弦楽器やバイオリン(20年間も続けておられます)

  特に鉄道旅では、日本全国にある路線を制覇したそうです!!!!

  とっても行動力にあふれる先生です★

 

  1. Q:最後にこれから受験する皆さんに一言をお願いします。

A:大学はどこへ行ってもまずは基礎的な勉強を行いそれが大切な基盤となるということをまずは覚えておいてください。そして、何でもやってみたい!というやる気に満ち溢れる方大歓迎です。