学科の特長

英語キャリアコースとグローバルスタディーズコース

外国語学科では2年次の秋から、ハイレベルな英語運用能力を身につける「英語キャリアコース」と英語プラス1の言語を修得する「グローバルスタディーズコース」のいずれかを選択し、自分の伸ばしたい専門領域を深く学びます。

英語キャリアコース
「話す・聞く・読む・書く」の基礎力を固めた上で、英語でおこなう授業を段階的に展開し、英語で表現・発信する力を磨きます。
コミュニケーションを支える言語の仕組みや英語圏の文化・歴史についても、英語で理解を深めます。
ビジネスの場で自身の意見を確実に伝えられる高度な英語運用能力(CEFR B2、英検準1級、TOEIC750点、TOEFL iBT70点レベル)を到達目標としています。
グローバルスタディーズコース
英語に加えてドイツ語・フランス語・中国語・コリア語のいずれかを選択し、英語プラス1の言語コミュニケーション力を修得します。各地域の価値観や行動様式など、言語の背景にある文化への理解を深めます。日常生活で身近なやりとりを自然にできる言語運用能力を到達目標としています。

全員必修の「1セメスター留学」

外国語学科では2年次の春学期に全員が海外留学を経験します。 留学先は同学科が協定を結んでいるマレーシア、アイルランド、ニュージーランド、カナダ、アメリカの大学の付属語学学校から選ぶことができます。
この「1セメスター留学」で英語力をつけるとともに多文化社会に対する理解を深め、コミュニケーション能力を伸ばすことができます。

留学先(予定)

【マレーシア】
アジア・パシフィック大学
UCSIカレッジ
【アイルランド】
ダブリンシティ大学付属語学学校
【ニュージーランド】
クライストチャーチ・カレッジ(カンタベリー大学連携校)
【カナダ】
EAP国際センター(ケープ・ブレントン大学連携校)
ブリティッシュ・コロンビア大学付属語学学校
ランガラ・カレッジ
【アメリカ】
ミシガン州立大学付属語学センター

体験型・実習型学習について

1年次から4年次まで様々な体験・実習型のプログラムを配することで、言語はもとより、実践的な コミュニケーション能力を育んでいきます。学生は、以下のプロジェクトから、最低でもひとつ参加することになっています。

  1. 長期協定校留学
  2. 認定校留学
  3. 海外インターンシップ
  4. 海外ボランティア
  5. 海外での日本語教員実習
  6. 国際学会・研修会などでの発表
  7. 国内の国際交流プロジェクトまたは国際NPO/NGOボランティア活動への継続的参加

ページトップへ戻る »


×