ニュース

文教大学

2019.09.17お知らせ

【湘南校舎】情報学部情報システム学科の川合ゼミが企業と共同開発したシステムが「名古屋カーエレクトロニクス技術展」にて展示されます

情報学部情報システム学科の川合康央ゼミナールが株式会社ネクスティエレクトロニクスと「自動運転及びEV検討用シミュレータの外界環境」プロジェクトで共同開発したシステムが、 9月18日から20日までポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「名古屋カーエレクトロニクス技術展(カーエレ名古屋)」にて展示されます。 このシステムは、「LUX(*1)シミュレーションシステム」と呼ばれ、自動運転車や電気自動車のシミュレーションに必要な仮想空間を精密に再現したものです。
*1 Landscape User Experience

今回は、5月に横浜、7月に名古屋で開催された「人とくるまのテクノロジー展」で展示したシステムを改良し、対象地区を藤沢市とした「市街地走行シミュレーション」と、対象地区を愛知県の猿投グリーンロードとした「長距離走行シミュレーション」となります。 国土地理院のオープンデータから取得した地理データを加工し、ゲームエンジン上で再現された道路上を、ハンドルコントローラーを用いて、実際に走行することができるものとなります。これらのシステムは東京ゲームショウでも展示され、ゲームエンジニアから子供まで幅広い来場者から好評を博しました。

■名古屋カーエレクトロニクス技術展
会期:2019年9月18日(水)~20日(金)
   10:00~18:00(最終日のみ17時まで)
会場:ポートメッセなごや(小間番号:4-10)
参考URL:https://www.car-ele-nagoya.jp/ja-jp.html

問い合わせ