大学案内About

大学の取り組み

課程を有する学科等の教員養成の目標

前のページに戻る
課程を有する学科等の教員養成の目標
   
学部 学科または課程 教員養成の目標 免許状の種類
教育学部
学校教育課程 教育学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、有為な教育者を育成することを目的とし、学校教育課程では、学校教育に関する知識と技術を基盤とする教育及び研究を行い、現代社会の中で使命感と情熱を持って主体的に学び続け、教育を創造する資質と能力を備えた学校教員を養成する。 小一種免・中一種免(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語)、高一種免(国語、地理歴史、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語)
発達教育課程 教育学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、有為な教育者を育成することを目的とし、発達教育課程では、教育学・保育学、心理学に関する知識と技能を基盤とする教育及び研究を行い、乳幼児期から児童期・青年期に至るまでの発達の連続性と多様性を踏まえ、心身の連関と人間形成の基盤の育成を担う教育者を養成する。 幼一種免、小一種免、特支一種免(知・肢・病)
人間科学部
人間科学科 人間科学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、人間の総合的な理解と人間生活の向上に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、人間科学科では、現代文化、人間教育、社会福祉の3領域を教育及び研究の幹とし、人間性の総合的理解を通じ、教員や福祉の専門家を始めとして、人間社会に対する深い実践力・洞察力を持った幅広い分野で活躍できる人材を養成する。
また、教職課程での学びを通し、学部で修得する総合的な人間理解を基礎とした教員を養成する。
中一種免(社会)、高一種免(公民、福祉)
臨床心理学科 人間科学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、人間の総合的な理解と人間生活の向上に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、臨床心理学科では、心理学の応用・実践分野として、家庭、学校、医療、福祉、司法、産業及び地域社会の諸問題へのアプローチを含む広義の臨床心理学を探求し、現代社会が直面している心のケアに関する専門的な援助ができる人材を養成する。 また、教職課程での学びを通し、学部で修得する総合的な人間理解を基礎とした教員を養成する。 中一種免(社会)、高一種免(公民)
文学部
日本語
日本文学科
文学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、文学及び語学を通して、日本及び世界の文化に関する知識と技術を涵養することを目的とし、日本語日本文学科では、日本語・日本文学を通して日本文化の教育及び研究を行うとともに、日本語の高度な運用能力を身につけて、広く社会に貢献できる人材を養成する。
また、教職課程での学びを通し、学部で修得する文学・文化・言語能力を基礎とした教員を養成する。
中一種免(国語)、高一種免(国語、書道)
英米語
英米文学科
文学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、文学及び語学を通して、日本及び世界の文化に関する知識と技術を涵養することを目的とし、英米語英米文学科では、英米語・英米文学を通して英語圏文化の教育及び研究を行うとともに、英語コミュニケーション能力を身につけて、広く社会に貢献できる人材を養成する。
また、教職課程での学びを通し、学部で修得する文学・文化・言語能力を基礎とした教員を養成する。
中一種免(英語)、高一種免(英語)
中国語
中国文学科
文学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、文学及び語学を通して、日本及び世界の文化に関する知識と技術を涵養することを目的とし、中国語中国文学科では、中国語・中国文学を通して中国語圏文化の教育及び研究を行うとともに、中国語コミュニケーション能力を身につけて、広く社会に貢献できる人材を養成する。
また、教職課程での学びを通し、学部で修得する文学・文化・言語能力を基礎とした教員を養成する。
中一種免(中国語)、高一種免(中国語)
情報学部
情報システム
学科
情報学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、 情報の総合的な理解と社会生活における情報の効果的利用に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、情報システム学科では、情報システムに関して、基礎から応用にいたる多面的、総合的な方法論を身に付け、新たな情報システムの創成を通じて、人間を中心とした情報社会の発展に貢献できる高度職業人を養成する。
また、教職課程での学びを通じ、学部で修得する幅広い教養と高い専門的知識・技術とともに、教員にふさわしい資質・能力と豊かな人間性を兼ね備えた教員を養成する。
中一種免(数学)、高一種免(数学、情報)
情報社会学科 情報学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、 情報の総合的な理解と社会生活における情報の効果的利用に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、情報社会学科では、情報化によってもたらされた利害を認識し、現代社会における人と社会の要求を的確に把握する力を養成するための多面的、総合的な方法論を身に付け、情報社会に基礎を置く諸活動の創成を通じて、人間を中心とした情報社会の発展に貢献できる高度職業人を養成する。
また、教職課程での学びを通じ、学部で修得する幅広い教養と高い専門的知識・技術とともに、教員にふさわしい資質・能力と豊かな人間性を兼ね備えた教員を養成する。
高一種免(情報)
メディア
表現学科
情報学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、 情報の総合的な理解と社会生活における情報の効果的利用に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、メディア表現学科では、メディア環境のグローバルな変化に対応すべく、人間の社会的なメッセージの伝達過程およびメディア文化に関する総合的な理解を深め、情報を創出・伝達・分析するための方法論を身に付け、人間を中心とした情報社会の発展に貢献できる高度職業人を養成する。
また、教職課程での学びを通じ、学部で修得する幅広い教養と高い専門的知識・技術とともに、教員にふさわしい資質・能力と豊かな人間性を兼ね備えた教員を養成する。
高一種免(情報)
国際学部
国際理解学科 国際学部は、本学の建学精神(人間愛)に則って、国際社会を学術的、実践的に理解し、もって人間生活と国際化社会の向上発展に必要な理論的、実践的知識と技術を涵養することを目的とし、国際理解学科では、コミュニケーション能力を身につけ、国際社会に関する知識と理解力を有する地球市民として、NGOやNPO、学校教育及び産業界における国際交流、国際協力、環境問題対策などの領域で社会に貢献できる人材を養成する。 中一種免(社会、英語)、高一種免(公民、英語)
健康栄養学部
管理栄養学科 健康栄養学部は,本学の建学精神(人間愛)に則って,健康科学と栄養科学を通して現代社会における生活習慣病等の基礎的な知識を理解するとともに,予防医学の観点から健康の維持・増進に寄与するために必要な理論的,実践的知識と技術を涵養することを目的とする。
管理栄養学科では,管理栄養士として科学する力,コミュニケーション力をはぐくみ,予防医学を担う栄養の専門家として「ココロとカラダの健康を育む管理栄養士」を養成する。
また,教職課程での学びを通し,学部で修得する栄養,健康,心理に関する知識・技術を確かな基礎力として備えた栄養教諭を養成する。
栄教一種免
経営学部
経営学科 経営学部は、本学の建学精神に則って、豊かな教養を育み、人間を尊重する経営の重要性を理解し実践する総合的知識と技術を涵養することを目的とし、経営学科では、社会のより良き一員として生きていくための基礎能力を修養し、そのうえで、経営資源に関する多面的な理解と経営で出現する情報を扱う科学的な技術、そして人を活かす考え方と手法を学び、それらを総合的に活用して、産業界から行政にいたる幅の広い分野・職種で活躍できる人材を養成する。
また、教職課程での学びを通じ、学部で修得する幅広い教養と高い専門的知識・技術とともに、教員にふさわしい資質・能力と豊かな人間性を兼ね備えた商業科教員を養成する。
高一種免(商業)
教育学研究科
学校教育専攻 教育学研究科は、教育学、心理学、各教科指導法などの領域における高度に理論的な教育・研究とともに、各領域間の連携を深めつつ、学校教育を包含したより広い教育のあり方について考究することができる人材を養成する。 幼専免 小専免 中専免(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭) 高専免(国語、地理歴史、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭)
言語文化研究科
言語文化専攻 言語及び言語文化に関する基礎理論の修得を基盤に、各地域の言語・文学(上演芸術を含む)・文化に対する専門的な理解を通して、広く異文化間に架橋できる高度な専門的職業人を養成し、また第二言語に対する先端的な言語能力の修得と研究により、国際的な言語教育の分野において指導的な役割を果たす人材を養成する。 中専免(国語、英語)、高専免(国語、英語)
専攻科
教育専攻科
教育学専攻
小学校教諭1種又は2種の免許状を取得し、小学校教師を志す学生を対象として、授業づくり力、学級づくり力、教育課題解決力の3つの観点から、高度な実践的指導力を備えた小学校教師を養成する。 小専免