学部・大学院Department

教育界の要請に応えるため
2020年4月、生まれ変わりました

文教大学は、私立大学初の教員養成を目的とする教育学部を1969年に開設。その後、10,000人以上の先生を教育界に送りだし、「わが国の教員養成の基幹」と評価されています。その教育界が抱える新たなる重要課題に応えるため、2020年4月、学部を再編。「子どもの学びをつなぎ、子どもを“未来社会の担い手”へと導く先生」を育てる教育課程に生まれ変わりました。

教育学部
3つのPOINT

1

教員養成教育50年、
私立大学1番の歴史と実績

50年前、教員養成を目的とする教育学部は国立大学だけに設置されていました。1969年、文教大学は私立大学で初めてその扉を開け、以来、 10,000人以上の「先生」を育ててきました。教員就職者数は全国の私立大学第1位、関東地区の国立大学を大きく上回る実績です。

2

大学で知識を学び、
学校現場で実践力を培う

大学で教育学の専門知識と教科や特別活動の指導理論などを学び、「先生の助手体験プログラム」や「学生ボランティア補助教員」により学校現場で教育実践力を培い、理論と実践を融合させます。「アメリカ学校教育研修」では現地の子どもに日本文化を伝える授業も行います。

3

「目標とする先生」をめざし、仲間とともに学んでいく

教育学部の学生が「目標とする先生」は、幼稚園・保育所、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校と様々です。多彩な仲間とともに、語り合い、学び合うことで、教育の連続性を深く知り、意義や価値を多面的に理解し、先生としての強みを持つことができます。

教育学部の教育研究上の目的

教育学部は、本学の建学精神に則って、有為な教育者を育成することを目的とする。

学校教育課程
学校教育に関する知識と技術を基盤とする教育及び研究を行い、現代社会の中で使命感と情熱を持って主体的に学び続け、教育を創造する資質と能力を備えた学校教員を養成する。
発達教育課程(2020年度以降入学生)
教育学・保育学、心理学に関する知識と技能を基盤とする教育及び研究を行い、乳幼児期から児童期・青年期に至るまでの発達の連続性と多様性を踏まえ、心身の連関と人間形成の基盤の育成を担う教育者を養成する。
心理教育課程(2019年度迄の入学生)
教育学、心理学、保育学の3領域に関する知識と技術を基盤とする教育及び研究を行い、乳幼児期から児童期・青年期に至るまでの「心の教育」を担う人材を養成する。