学部・大学院Department

メディア業界で活躍する、
表現のプロフェッショナル
を育成

情報メディアの特徴と社会における役割を理解した上で、情報の収集・分析・判断と、それに基づく企画や表現を統括的かつ創造的に運用できる人材を育成します。授業ではメディアやコミュニケーションに関する理論と、メディア表現における技術をバランス良く学習。コンテンツ制作にも取り組み、表現のプロに必要な高度な知識・技術を磨いていきます。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
座学と実習の両方から
基礎を固める
メディアやコミュニケーションに関する知見を深めるために、メディア社会学やコミュニケーションメディア論を学び、映像技術演習、記事制作、広告表現などでスキルを身につけます。
2年次
進路に対応した
専門科目を習得する
マス・コミュニケーション論、ソーシャルメディア論などの必修科目を踏まえて、放送論、出版論、インタラクティブメディア概論、メディア調査研究法、広告概論などを学びます。
3年次
専門性を磨き
知識を深める
ゼミナールが始まり、自主的かつ積極的な活動(例えば調査活動、発表や討論を中心とした学習、制作活動)を通して、専門的な知識を身につけます。授業内容はより高度になります。
4年次
専門分野を極め
卒業研究に取り組む
卒業研究では、マスコミや広告の問題を扱った論文の執筆や、映像・ドキュメンタリー、雑誌、CG・デザインの制作など、4年間の集大成として各自のテーマに取り組みます。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2021年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教育科目 14 合計124 学士
(情報学)
外国語科目 必修 4 6
選択 2
専門教育科目 学部共通 6
必修 32
選択 66

専門性を極める“分野”

授業には、卒業後のイメージと結びついた5つの分野を用意しています。

放送・映像表現分野

映像に関心がある学生に向いています。テレビ局や番組制作会社などで求められる専門的な知識や技術を幅広く習得します。

出版・ジャーナリズム分野

雑誌や新聞、Webジャーナリズムなどについて学びます。編集者や記者をめざして、企画発想力、文章表現力、情報収集力、調査力を修得。卒業生の中には印刷、Webメディア、電子ブックなどの領域で活躍する人もいます。

動画・配信・アニメ・コンテンツ分野

ミュージックビデオ、アニメーション、マンガ、CG、Web 動画など、各種コンテンツについて深く理解し、またこれらを企画・制作する技術を身につけます。

ソーシャルメディアコミュニケーション分野

ソーシャルメディアの特性を深く理解し、ビジネスや社会的課題の解決に向けて効果的に活用するための専門的な知識と技術を身につけます。ソリューション発見のための基礎として、リサーチ能力の育成も行います。

広告分野

広告業界に興味のある学生に向いています。テレビ、新聞、ラジオ、Webなどの広告、PR、広報に対する理解を深めながら、広告戦略の立案から企画、デザインまで幅広く学習していきます。

取得可能な免許・資格

  • 高等学校教諭1種免許状 情報
  • 社会調査士