学部・大学院Department

情報社会の課題を、人間理解と情報技術で解決する

現代社会の問題を理解し、新しい生活と企業活動を提案する。それが情報社会学科の大きなテーマです。24時間活動する都市、複雑化・高速化するビジネス、海外の優秀な人材・企業との協働。このような高度情報社会を迎えた現代では「創造」と「解決」が強く求められています。本学科では社会の問題を発見し、情報社会を創造する人材を養成します。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
1年次から少人数制の演習形式の授業を重視。授業をただ聞くのではなく、教員と学生が双方向でコミュニケーションを取り、行動しながら学ぶことで、自ら考える力を養います。
2年次
実務経験のある教員による授業や、学外実習を通じて、将来のキャリアを意識した学びを進めます。海外研修など、グローバルな視点を養う為の実習科目も豊富に用意しています。
3年次
コミュニケーション戦略とプロジェクトマネジメント、それぞれの領域に応じた高い専門性を身につけていきます。同時に、情報全般についても体系的に学習を進めます。実社会を意識しながら学びを深める期間です。
4年次
ゼミナールに所属し、4年間の学習の集大成として卒業研究に取り組みます。社会に貢献できる課題解決を念頭に、自らの専門性も考慮しながらテーマを設定し、研究をまとめます。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2020年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教育科目 14 合計124 学士
(情報学)
外国語科目 必修 4 6
選択 2
専門教育科目 学部共通 6
必修 44
選択 54

専門性を極める“領域”

将来の目標に合わせて学べる2領域を用意しています。

コミュニケーション戦略領域

情報社会の仕事の90%はコミュニケーションであると言われています。ITを介した個人や社会とのコミュニケーション・メカニズムについて探究。高度情報社会において必要とされる問題発見能力、課題解決能力に加え、新たな情報活用のモデルを企画し、社会に提案する力も身につけていきます。

プロジェクトマネジメント領域

アイデアだけでは、大規模かつ複雑な社会問題を解決することはできません。本領域では市場分析、企画、設計はもちろん、共同開発を効果的に進めるマネジメント手法も修得。情報社会の基礎をつくる情報システムなどの構築能力と、リーダーシップを磨いていきます。

取得可能な免許・資格

  • 高等学校教諭1種免許状 情報
  • 社会調査士