学部・大学院Department

経営学部

前のページに戻る

専門的な知識や能力を生かして、
企業の課題や社会の問題を
解決できる存在になろう。

文教大学経営学部は経営について幅広く捉え、企業の発展だけではなく、よりよい社会の実現に貢献する経営を考えています。経営学部は人間尊重の経営を実現したいと願っています。IT( 情報技術)やAI( 人工知能)が発達する中で、機械に代替されないためには、より高次元の創造性の発揮が人間には必要になります。人間尊重を実現した上で人を生かす姿勢こそが大切だと経営学部は考えています。企業の課題や社会の問題を解決するには、相互に尊重し協力することが大切です。経営学部は専門的な知識や能力を基に、協力しながら創造的に問題解決ができることを重視します。徹底的な思考を求める中で、次世代を担う人材を養成します。

経営学部
3つのPOINT

1

少人数制、グループワークで、
リーダーシップを身に付ける

人をどのように生かせば、パフォーマンスを最大化させることができるのか。経営学部では「人を生かす経営」に軸足を置き、少人数制授業、グループワークを積極的に採用。日々の中でトライアル&エラーを繰り返しながらリーダーシップに磨きをかけていきます。

2

英語学習、国際理解、海外研修、
グローバルビジネスを幅広く学ぶ

今、日本経済と国際経済は切っても切り離せない関係です。経営学部では、世界各地のビジネスを理解することを目的に多彩な海外研修を実施。アジア研修や北米研修では現地企業、日系企業などを訪問し、日本との違いを体験しながら学んでいきます。

3

公認会計士や税理士などの
難関資格取得を徹底サポート

公認会計士や税理士試験の科目合格者を多数輩出!金融や会計、財務を専門とする教員たちが、難関資格に挑戦する学生を徹底的にサポート。資格取得を経済的な面から補助する「キャリアアップ奨励金制度」も設け、学生一人ひとりの目標を応援しています。

経営学部の教育研究上の目的

経営学部は、本学の建学精神に則って、豊かな教養を育み、人間を尊重する経営の重要性を理解し実践する総合的知識と技術を涵養することを目的とする。

経営学科
社会のより良き一員として生きていくための基礎能力を修養し、そのうえで、経営資源に関する多面的な理解と経営で出現する情報を扱う科学的な技術、そして人を活かす考え方と手法を学び、それらを総合的に活用して、産業界から行政にいたる幅の広い分野・職種で活躍できる人材を養成する。