学部・大学院Department

外国人留学生別科

前のページに戻る
An Encounter with Languages,
An Encounter with People

外国人留学生別科概要

1993年4月、言語文化研究所の日本語研修課程が独立して、外国人留学生別科が生まれました。 主にアジアの国々からの留学生が、本学の学部や大学院をはじめ、日本のいろいろな学校へ進学するために、1年間みっちりと日本語や基礎科目を勉強します。本国で既に日本語教師をしていて、さらに力をつけて帰ろうとする人もいます。ニュージーランド、ドイツなどの協定校から来て学部に在籍する留学生が日本語の補習を受けたり、日本語教師を目指す学部生が実習を行うところでもあります。2003年度からは、文学部の学生が別科生と席を並べて異文化を体験的に学び合う科目も始まりました。貴重な国際理解の場所です。

外国人留学生別科の特色

細やかな進路指導
  • 経験豊富な指導者が授業を行います。一人ひとりに分かりやすく丁寧な指導をします。
  • 進路面談などを行い、文教大学や他大学などそれぞれの進学先に合格できるようサポートしていきます。なお、文教大学進学には、推薦制度を利用できます。
  • 進学先への提出書類のチェックや、受験地までの交通手段など細やかにサポート。
交流
  • 国際交流ボランティアサークルがスポーツ大会等の行事参加のサポートをしてくれたり、パーティーを開催してくれるので、日本人学生との交流が可能です。
  • 学部・大学院の留学生主催の歓迎会や交流会があり、様々な国の留学生と交流することができます。
学生生活支援
  • 越谷キャンパスに位置し、都心までアクセスも良く、駅周辺にはスーパーやコンビニなどがあり、住環境が整っています。
  • 住居は本学と契約しているアパートをご紹介。入居時から退去時までサポートしていきます。
  • 学生食堂・図書館・PCルーム、保健センターなど、大学の施設全てが利用可能です。
  • 文教大学進学者(学部・大学院)には、修了時に奨学金が支給されます。本学進学後も、申請に通過すると授業料減免や選考による奨学金の給付が受けられます。