学部・大学院Department

研究対象は、社会の全て。多彩な視点からヒトを探求する

社会学、生涯学習、スポーツ、社会福祉、文化人類学。人間科学科ではありとあらゆる観点から、人間というものを探究していきます。 2年次からは、現代社会やメディア、若者文化を中心に学ぶ「社会文化コース」、家庭や学校、地域、職場を軸に考察する「人間教育コース」、生活者を支援する福祉に重きを置いた「社会福祉コース」、ウェルネス、スポーツに関わる様々な考え方や、地域コミュニティのマネジメントについて学ぶ「スポーツ・コミュニティコース」に分かれて専門性を磨きます。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
学びの基礎固めの1年間。資料の集め方やまとめ方なども学びつつ、幅広い領域を扱う多彩な授業を通じて知識を広げ、多様な人間理解の方法などにふれていきます。
2年次
社会文化、人間教育、社会福祉、スポーツ・コミュニティの4コースに分かれ、興味を持ったテーマを中心に、専門知識を身につけていきます。
3年次
興味のある領域やテーマを研究している教員のゼミナールに参加。文献を読み、レポートを書き、ゼミナール内で議論します。専門性を深めるだけでなく、問題を理解し、考える力を養っていきます。
4年次
3年間で身につけた知識や技能を最大限に活用し、卒業論文の作成をめざし、自分の関心のあるテーマを深く研究していきます。臨床心理学科・心理学科の教員にも指導を受けることができます。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2020年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教養科目 16 合計124 学士
(人間科学)
外国語科目 必修 8
選択 -
体育科目 必修 2
選択 -
自由 -
学部教養科目 必修 2
選択必修 6
学部共通専門科目 必修 10
選択必修 6
専門教育科目 学科 必修 6
選択必修 10
コース 必修 4
選択必修 18
選択 36

専門性を極める“コース”

社会文化コース

社会学、文化人類学、生活科学に軸足を置くのが社会文化コースです。少人数による実践的な演習に力を入れ、一人ひとりが社会調査の検査方法、分析方法、発表方法を身につけられるように配慮。「情報化」「メディア」「若者文化」も見据え、現代社会の実態や、現代社会のカルチャーを浮き彫りにしていきます。

人間教育コース

幸せとは何か。生きがいとは何か。それらを得る為にはどんなプロセス、学びが必要なのか。人間教育コースでは家庭・学校・地域・職場に着目し、各領域における課題、解決方法を模索。時には雪山や夏の清流に飛び出し、大自然の魅力を体験しながら人間そのものへの理解を深めていきます。

社会福祉コース

全ての人が安心して暮らせる社会をつくる。社会福祉コースでは人間、健康、社会、福祉について総合的に学習し、より豊かな社会の実現に必要なシステム、サポートを研究。プロのソーシャルワーカーが実践するスーパービジョンなどの実践授業も豊富に用意し、現場で通用する確かな専門技術を身につけていきます。

スポーツ・コミュニティコース

急速な少子高齢化や人口減少、地域コミュニティの希薄化が進む現代社会において、スポーツを通した、健康寿命の延伸、地域コミュニティの再生、地域経済の活性化など、スポーツの秘める可能性・期待は、一層広がっています。スポーツ・コミュニティコースでは、人々がより充実した人生を送る為にはどうしたら良いのか、ウェルネス、スポーツ、運動に関わる様々な考え方やコンテンツについて学び、地域コミュニティのマネジメントおよび振興を図る人材を養成します。

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭1種免許状 社会
  • 高等学校教諭1種免許状 公民/福祉
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 認定心理士申請資格
  • 健康心理士申請資格
  • 社会調査士
  • 図書館司書