学部・大学院Department

旅行、ホテル、航空、地域創生。観光領域のプロをめざす

インバウンド観光の隆盛、グリーンツーリズム。今、観光のあり方が大きく変わろうとしています。国際観光学科では、「世界のつながりと交流」のより望ましい在り方、観光産業の未来を考え、国際舞台で活躍できる人材の育成を目指します。専門科目には3つの科目群を用意するとともに、ビジネス、サービス、マネジメントなどでの実践的な授業を通じて、世界に向き合える力を身に付けていきます。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
基礎的な科目や語学の授業と同時に、「新入生ゼミ」「基礎ゼミ」の2つの少人数ゼミナールで、効果的なプレゼンテーションをはじめ、専門分野における研究活動の基礎固めを行います。
2年次
興味や将来の志望に応じて、専門的な科目を学びます。海外研修などの体験プログラム、ボランティア活動などに参加する学生が多いのもこの時期です。
3年次
全員が「専門ゼミ」に所属し、研究調査や論文の執筆を行います。授業の内容はより専門的なものに。また、多くの学生がインターンシップに参加し、実社会を体験します。知識や経験を、実践力に結びつける期間です。
4年次
個人又はグループで卒業研究や卒業論文に取り組み、卒論発表会で発表します。ゼミナールによっては海外の大学との交流の場で、発表の機会が与えられることもあります。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2020年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教育 22 合計124 学士(国際学)
言語 必修 10
選択必修 2
選択 8
留学生のみ 必修 10
選択 10
基礎スキル 必修 2
自由認定枠 14
専門教育 学部共通専門 必修 4
選択必修 4
4
4
2
学科共通専門 必修 14
選択必修 8
2
領域専門 選択 24

専門性を極める“科目群”

ホスピタリティビジネス科目群

旅行、ホテル、航空、飲食など、ホスピタリティ・マインドならびにそれを体現する具体的な産業について学び、「お客さま」の視点から見た経験価値を作り上げる能力を育成するための科目群です。

マネジメント科目群

観光学を学ぶ上での土台となる知識や理論に関わる基礎的な能力を育成するとともに、変化する世界の実態をふまえての観光政策やリスク管理など、将来の観光産業を見据えた物の見方を養う科目群です。

観光プロデュース科目群

地域の観光資源を掘り起こし、地域の新たな価値を創造、発信するための専門知識とともに、まちづくりやアートの観光との関係を学び、観光を通じた持続可能な地域の創造や交流に貢献する実践的能力を育成する科目群です。

取得可能な免許・資格