学部・大学院Department

学生全員が海外に挑戦。参加必須の海外留学で世界への扉を開く

1年次は約3割の授業を英語で実施。世界で通用する語学力を身につけ、2年次の春学期には学生全員がアメリカ、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、マレーシアの中から自分で選んだ国に語学留学し、実践的な英語運用能力を身につけます。2年次の秋学期からは、「英語キャリアコース」と「グローバルスタディーズコース」のどちらかを選択し、専門的な学びを深めます。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
全体の30%の授業を英語で実施。英語の4つの技能(話す・聞く・読む・書く)の習得に力を注ぎます。
2年次
全体の50%の授業を英語で実施。春学期には全員が英語圏に留学し、実践的に学びます。秋学期からはコースに分かれて専門性を高めます。
3年次・4年次
2コースそれぞれで、より高度な英語(プラス1言語)の運用能力をめざして学びます。また、海外インターンシップやボランティア、海外での日本語教育実習、国際交流プロジェクトなどに最低ひとつは参加し、異文化と接する経験を積みます。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2020年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教養科目 16 合計128 学士
(文学)
外国語科目 選択必修 8
選択 -
体育科目 選択 -
自由 -
専門教育科目 必修 56
選択必修 24
学部共通 24

専門性を極める“コース”

英語キャリアコース

必修の英語科目における基礎的な英語力の習得に加え、様々な教材を英語で学びながら英語での表現力や発信力を磨きます。さらにコミュニケーションを支える言語のメカニズムや英語圏の地域文化についても英語で理解していきます。

グローバルスタディーズコース

英語以外にドイツ語、フランス語、中国語、コリア語からひとつを選んで学び、英語プラス1の言語コミュニケーション能力を身につけます。さらに、それぞれの言語を母語とする人々が生み出した価値観や行動様式などの地域文化を学びます。

取得可能な免許・資格

  • 日本語教員1級(主専攻)・2級(副専攻)

また、所属学科にかかわらず、日本語教員養成コースと図書館司書コースを選択することができます。