キャリア・資格支援Extension

進路状況

前のページに戻る

進路先状況(2018年度卒業生)

大学全体の就職者における分野別進路状況
大学全体

大学全体の進路状況ですが、左のグラフの通り企業就職・教員就職・公務員就職に分けられます。

越谷キャンパスの就職者における分野別進路状況
越谷キャンパス

越谷キャンパスの進路先状況では、企業就職が約5割、教員就職が約4割、公務員就職が約1割となっています。大学全体と比較しても、教員就職・公務員就職の割合が高く、学部の特色に合わせた支援を行っています。

湘南キャンパスの就職者における分野別進路状況
湘南キャンパス

湘南キャンパスの進路先状況では、企業就職が約9割、教員就職・公務員就職併せて約1割と、企業に就職する学生が多くおり、湘南キャンパスの学部の特色が表れています。

全国トップレベルの教員採用実績

小学校・中学校教員就職者数 私立大学No.1
小学校教員 私立大学13年連続全国第1位
1 北海道教育大学 国立 289人
2 大阪教育大学 国立 266人
3 東京学芸大学 国立 261人
4 愛知教育大学 国立 256人
5 文教大学 私立 254人
  • ※出典:朝日新聞出版「大学ランキング2021」(分野:教員養成・小学校、中学校)
中学校教員 私立大学7年連続全国第1位
1 北海道教育大学 国立 140人
2 文教大学 私立 119人
3 東京学芸大学 国立 97人
4 愛知教育大学 国立 96人
5 大阪教育大学 国立 95人
  • ※出典:朝日新聞出版「大学ランキング2021」(分野:教員養成・小学校、中学校)
国立大学を上回る教員就職率
  • ※教員就職率とは、正規採用と臨時採用の合計値を卒業者数で割った数字です。
  • ※文教大学教育学部のデータは、各年3月卒業者のデータを5月1日付でまとめたものです。なお、幼稚園教員就職率を含み計算しています。
  • ※国立大学の教員養成課程の教員就職率は文部科学省ホームページ外部リンクによります。

学部学科別 就職実績