大学案内About

分野別のポリシー

教員組織の編制方針 教育学部

前のページに戻る

教員組織の編制方針 教育学部

文教大学の教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり、教育学部の教員組織の編制方針を定めます。

専門分野、教員配置

各課程・専修においては、「大学設置基準」等に基づくとともに、教育研究上の専門分野等のバランスを考慮しながら、3ポリシーの達成に資する教育力・研究力を備えた教員を配置する。
学校教育課程においては、小学校教員養成を主とし、中学校教員、高等学校教員養成を行うため、「教科教育学」、「教科専門諸科学」、「教育学」を中心とする教員組織を編成する。
発達教育課程においては、小学校教員養成、特別支援学校教員養成、幼稚園教員養成および保育士養成を行うため、「教育学」「保育学」「心理学」「特別支援教育学」を中心とする教員組織を編成する。

教育課程や学部運営における教員の役割分担

各課程・専修の教育課程、学生指導、大学運営等の業務を遂行するとともに、教員間の連携体制を確保して組織的な教育研究を行うため、研究業績、実務経験、年齢構成などに配慮して適切に教員の役割を分担する。

教員の募集、採用、昇任

教員の募集、任用、昇任等は、「文教大学教員採用規程」、「文教大学教員昇任審査規程」、「文教大学教員選考・審査基準」に定める手続きに基づき、公正かつ適切に行う。

教員の資質向上

全学的なFD活動とともに、各課程・専修において自己点検・評価を定期的に行い、明らかになった各課題に応じたFD活動を積極的に推進することを通して、教員の教育者・研究者・組織人としての能力開発・資質向上の取り組みに努める。