ニュース

文教大学

2019.11.05著作物紹介

【湘南校舎】情報学部メディア表現学科の酒井信准教授が、教育用映像教材「コントで学ぶ メディアと社会とわたし」の監修を行いました

情報学部メディア表現学科の酒井信准教授が教育用映像(DVD)教材「コントで学ぶ メディアと社会とわたし」の監修を行いました。
酒井准教授は第4巻「災害時の心理とメディア」の監修を担当し、出演した解説部分の撮影は文教大学湘南キャンパスの研究室で行われました。

監修を行った教材の詳細は以下のとおりです。

「コントで学ぶ メディアと社会とわたし」

【制作・発売】丸善出版株式会社
【制作 協力】株式会社電通ライブ/株式会社ポケット
【発 売 日】2019年12月10日 (予定)

【概   要】
めまぐるしく変化する情報社会の中であなたはどう生きてますか?
テクノロジー進化し人々の暮らしが格段と便利かつ効率的になったIT社会。本作は、その裏に潜む様々な問題・課題を視聴者と共に考察する映像教材です。各巻で取り上げるテーマを『コント』で楽しく紹介した後、専門家がその本質や問題点を解説します。
視聴者ひとりひとりが、社会の中で生きる『わたし』を考えるきっかけになれば幸いです。

4巻 災害時の心理とメディア
事故や災害時、何が私たちの生死を分けるのか?「異常」を感知できない心理状態、拡散されるデマやフェイクニュースなどの流言飛語の中、自然災害大国に住む私たちが個々に心掛けておくべきものを問う。

【監   修】
酒井 信 (文教大学 情報学部 メディア表現学科 准教授)
コント1. いいから、逃げろ 【極限状態における行動心理】
コント2. 日本脱出 【災害時におけるメディアの傾向】
コント3. 胸騒ぎです 【生き残るための判断力】

20191105_03_01.jpg

問い合わせ