大学案内About

分野別のポリシー

教員組織の編制方針 国際学研究科

前のページに戻る

教員組織の編制方針 国際学研究科

文教大学の教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり、国際学研究科の教員組織の編制方針を定めます。

専門分野、教員配置

研究科のカリキュラム・ポリシーに基づき、Think globally,act locallyのできる「地球市民」の養成を目指した三つの研究領域「デベロップメント・スタディーズ」「市民社会と地域デザイン研究」「ツーリズム研究」の科目の専門分野を持った教員から、学際的に、(国籍・年齢・ジェンダーなどの点で)バランスをとって、(学部の教員採用の前提に応じて)構成する。

教育課程や研究科運営における教員の役割分担

教育課程運営、及び研究科運営等における教員の役割分担においては、教員が有する専門領域やこれまでの教育実績に基づいて責務を分担する。なお、研究科運営における役割分担には、国際交流、入試、広報、グローバル・フェスタ、ICCO、茅ヶ崎、キャリアの担当があり、担当負担の適正に配慮して、分担する。

教員の資質向上

教員の教育能力の向上や教員に求められる資質向上を図るため、教授会において、FDに取り組むほか、教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、「文教大学大学院共同研究規程」に基づき、知識習得や資質向上のための共同研究を実施し、研究成果を教授会で共有する。