人間が人間らしく生きるために。 文教大学 人間科学部(越谷キャンパス):3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

人間科学部 3つの方針

人間科学部3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人間科学部は、人間を多面的に捉え、総合的に理解することにより、人間生活を向上させるために必要な理論的、実践的専門知識と技術の育成を目的としています。

修得させる能力

  1. 本学の教育理念である「人間愛」の精神を体得し、人を尊重し、人からも信頼される人間関係を構築できる実践的能力。
  2. 総合科学としての人間科学において、一定水準以上の知識と技能を身につけ、かつ自分自身で判断し行動できる科学的態度。

達成水準

シラバスで各科目について到達目標を明示し、総合的、客観的に達成度を確認・評価します。4年間の学修の集大成として、全体の教員や学生に開かれた卒業研究の「発表会」を行い、修得させるべき能力を確認します。

その他

学部で修得する総合的な人間理解を基礎として、心理、福祉系などの専門的な資格及び中・高教諭1種免許(社会・公民)を取得することができます。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の体系及び特徴

人間科学に関する実践的専門知識と技術を身につけさせるために、次の方針でカリキュラムを構成します。

  1. 人間を科学的・総合的に理解するため、心理学・社会学・教育学・社会福祉学・文化人類学などの科目を、体系的に修得できるように配列や履修指導を重点的に工夫する。
  2. 専門的知識にとどまることなく、課題発見や問題解決のための方法論を修得し、幅広い教養と人間社会への深い洞察力をもった人材育成のためのカリキュラムを構成する。
  3. 多様な学生の進路に合わせて専門的知識や技術を修得できるように、カリキュラムの運用面で十分な配慮をする。卒業後の進路については、キャリア支援や進学相談を計画的に行う。
  4. 1年次から4年次まで、演習・実験・実習グループに参加させ、集団での学習体験を通じて相互信頼・相互啓発の基礎を築けるような良好な修学環境を維持する。
  5. 学生が学んだ専門知識を、より広い視野でとらえなおせるように、実験・実習科目や海外研修を積極的に取り入れる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

人間科学部は、次のような学生の入学を期待しています。

  1. 高校等で継続的に修学の努力を重ね、一定の成績・成果を挙げた人
  2. 人間の多様な営みに関心をもち、その営みを探求する意思をもった人
  3. 学校生活、あるいは学校外の地域活動、文化活動、スポーツ活動などの実践体験をもち、実際生活を通して人間社会への関心をはぐくんできた人

学んできてほしい内容

  1. 国語・英語・数学・理科・社会は、学部での学修の基礎となるものなので一定水準以上の学力が必要です。
  2. その他の教科についても、論理的思考力、豊かな表現力、現実を的確にとらえた実践力などを涵養する観点から、幅広く学修していることが望まれます。
問い合わせ