ニュース

文教大学

2019.03.29文教生の活動

【越谷校舎】 教育学部の学生が花畑第一小学校で「文教大学スプリング・スクール」を行いました

3月26日(火)、27日(水)の2日間、教育学部2~3年生の学生が東京都足立区にある花畑第一小学校にて「文教大学スプリング・スクール」を行いました。

このイベントは、教育学部の特長である「教員養成教育」を活かし、地域の小学校と連携した授業を行うことで、東京あだちキャンパスの開設を前に地域の方々とのより良い関係を築き、文教大学への関心や理解をいただくことを目的に実施しました。

今回は、教育学部の学生37名が参加し、花畑第一小学校の3~5年生の児童58名に授業を行いました。

イベントでは、まず国語・算数・英語の授業をそれぞれ25分で行いました。授業の内容は、事前に小学校の先生から児童に力をつけて欲しい内容を聞いておき、授業の復習となるように設定しました。
3つの授業が終わった後は体育館に移動し、「学年を超えた体育的な活動」として、学年を問わず参加者全員でレクリエーションを行いました。

今回は、2日間同じ時間割で授業を行いました。2日目は、学生も児童も緊張が解け、より打ち解けた様子で授業を行うことができ、参加した児童は一様に笑顔で満足感を表していました。また、「文教大学ってどこにあるの?」「文教大学ってどんな大学なの?」と問いかけてくる児童も大勢いて、文教大学に対する興味を持ってもらえた機会ともなりました。

一方、参加した学生にとっては「実際に授業をさせてもらえる機会」であり、文教大学としてはもちろん、他大学にも類を見ない新しいスタイルの現場体験学習となります。教員養成教育の基幹大学として、このイベントの質を高め、学内外に発信していく予定です。

問い合わせ